09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.21 (Mon)

きねづか

kumo1.jpg
 

kumo2.jpg


またまた実家の、そして母の話です。

先々週末は私一人で、そして先週末は休暇を足してオットと二人で
私の実家におりました。
やっぱり地元はいいです。
関東平野のど真ん中で、だだっ広い空を見上げると
真っ青な空に浮かぶ迫力満点の積乱雲。
暑くてたまらない私達の間を心地よく滑ってゆく風がたまりません。
いかにも夏って感じじゃないですか。
日本人が昔から知ってる、夏そのものです。
しかも地元なので、心からリラックスして休暇を過ごすことができました。



ときにその休暇の間に、私と母とオットと従姉とその息子の5人で
近所のボーリング場に遊びに行ったのですが、その時の話を。

実は、母とボーリングに行ったのはこれが初めてなんです。
と言うのも、私が学生の頃はいつも友達とつるんでいたし、
母も家事や仕事や子供の世話でかなり忙しかったので
私達は到底「一緒に遊ぶ」という間柄ではなかった。
「友達みたいな母娘」なんて甘っちょろいシチュエーションに酔ってる場合ではなく
常に「育てる者」と「養われる者」という関係にあった訳で。
それがやっと、お互い大人になって「家庭を持つ者」同士になり、
一緒に遊びに行けるようになったんです。


で、このトシになって初めて母のボーリングの腕前を拝見したのですが…。

う、上手っっ!!((((;゚Д゚)))))

母曰く「ずいぶんと久しぶり」ということだったのですが、それにしても上手い。
投げ終わった後のポーズがやけにプロっぽくて、一瞬ポカンとしてしまいました。
(足のフォームがちゃんとクロスしてるんです。分かります?)
聞けば、その時不参加だった私の父も
「スコア200以上はカタい」と自負する程の相当な腕なのだとか。

あのぼやんとした父が…?信じられない(゚Д゚;≡;゚Д゚)


そんなこんなでボーゼンとしていた私なのですが
よくよく考えてみれば、父も母もボーリングが得意なのは至極当然だったんですよね。
私達の父母世代、つまり団塊の世代が若かりし頃に
大ブームを呈したのがボーリングだったそうで。
当時は、今の若者がカラオケに行くような気軽な感じで
皆ボーリング場に繰り出して「青春」していたらしいのです。

そうか…。
父にも母にもそんな時代があったんだよねぇ…(´∀`)

次々とストライクやスペアを決めてゆく母の腕前に、
気が付けば熱心に拍手をしながら遠い目をする私。
もうずっと昔から自分の両親はずっと「父と母」だと思ってたけど、
そうじゃないんだ。(当たり前ですが)
ちゃんと数年前の私達みたいに、若い時代があったんだね~
そんな事を言ってる私達だって、自分の子供世代から
「おばさんの若い頃って、想像できな~い」なんて言われる日も近いのかもしれませんが(ノД`)
(考えてみれば女の人生、「お姉さん」と呼ばれるよりも
「オバサン」と呼ばれる時間の方が格段に長いのです。子供がいるいないとか関係無く。
いや、子供がいないからってイイ年して「お姉さん」と呼ばれてる方が数倍イタイかも…)




ところで。
人数があぶれたのでだらだらと見学していた私を見て
投げ終わった母がこう仰いました。

「そこでボーっとしてないで、ちゃんとスコアつけてよ~(`ε´)!」



…(;゚Д゚)…す、スコア?つける?

母上様、ボーリングのブランクっていったいどれくらいなんですか?
私が高校生の頃、つまり15年以上前には
もうスコアは自動で機械がつけてくれていましたが。
当然私には、スコアをつけるどころか得点を計算することもできません。

……。

そうか。
それだけずっと長いこと、母は「遊び」が殆ど無い生活を送っていたんだね。
考えてみれば、私もずいぶんと手を焼かせたものね。。
もう何年も家事と仕事と子供の教育で、余裕が無かったんだ…。

でもさ、そんな時期ももう終わりだよ。
私達子供は自立したし、父である夫も退職して家事を手伝ってる。





私も時々帰省するので、これからはボーリングだけじゃなくて
一緒に色々と楽しいこといっぱいやって、二人で人生の経験値を上げて行こうね。お母さん。

(とは言え母よ、ゲーム後にプリントアウトされたボーリングの成績表を見て
その機械の細かい分析っぷりに、周囲の目を気にせず大声で感心するのは
ムスメから見てもちょっと恥ずかしいので、やめてください…)

そう言えば、昔読んだ「ハイスクール奇面組」って漫画ではスコアを紙に書きこんでたな…


スポンサーサイト
EDIT  |  22:12  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

お母さんすごいですねーv-354
うちの父母も昔はマイボール&マイシューズ持ってたみたいです。
一緒に連れて行ってあげると喜ぶかな?
ところでhatoさんの腕前は?
ウルフ |  2006.08.21(Mon) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

ウルフさん

団塊世代、あなどれないですよね!
後で成績表を見てみたら、母は全ゲーム通して「ガーター無し」でした。スゴすぎ!
ウルフさんもきっと、ボーリング場でご両親の知らない一面に遭遇するかもしれませんよ~
マイボール&マイシューズなんて本格的じゃないですか!

え~ちなみに、私のボーリングの腕前は最悪です…。
生涯一度もスコア100を超えたことがありません(T△T)
それどころかボールを後ろにすっとばして、爆笑されたこと多数。
集中力が無いんでしょうか(苦笑)
hato |  2006.08.22(Tue) 18:27 |  URL |  【コメント編集】

未だに「スコア自動計算システムのボーリング場は斬新」と思ってる30代前半の化石がやってまいりました。今はプリントアウトまで出来るんですか。インスタント証明写真がシールで出てくるくらい衝撃的です。
うちの近所のボーリング場は未だに手動計算です(23区内です)。
たか |  2006.08.25(Fri) 21:02 |  URL |  【コメント編集】

たかKさん

スコアを手動計算できるボーリング場!!
衝撃です。でも、都会だからこそ残るものなのかも?
私の実家は田舎で娯楽が少ないので、業者がこぞって最新式のものを取り入れ放題のような気が。上手いこと踊らされてます…。
にしても、スコアってどうつけたらいいんでしょうか。
スペアやストライクの時につけるマークは、どことどこを黒く塗れば…?
hato |  2006.08.29(Tue) 13:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。