06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.16 (Wed)

久しからず?

またまた実家での話。


私の地元では、毎年ささやかながら市を挙げての夏祭りを開催しています。
外部からお客様が来るような派手なものではないですが、
それなりに市内の地元民が集まってきて結構にぎやかです。
私も、ヒマを持て余していた中学時代に友達とよく祭りに繰り出していたものでした。
出店を回る先々で、生徒がハメを外さないよう勤務時間外にもかかわらず
見回りをしている中学教師に出くわしていたことも今ではいい思い出です。

とは言うものの、実家を離れれば自然とその祭りからも遠ざかるもの。
もう何年も地元の夏祭りを見る事がないまま、
親からその年の祭りの様子を聞くだけで済ませる事が何年も続いています。

今回も例に漏れず夏祭りに行くことは無かったので
先日実家に帰った際、母親に今年の祭りの様子を聞いてみました。
すると。

「ワイルドワンズが来てたのよ~♪」
嬉々として母親がこう答えました。
ワイルドワンズ(゚△゚)…?耳慣れないグループ名です。
聞けば、母の青春時代にとても人気だったグループだとか。
(公式サイトはこちら。正式名は『ザ・ワイルドワンズ』みたいです)


そうか…。
往年の人気グループが、ウチの祭りにやってきたのか。
無名市の祭りの、即席の特設会場で、
特にチケットを発行して観客を制限するでもなく
開けっぴろげに市民から見られ放題で演奏していたわけか。

何となく物悲しい気分に見舞われた私。
だって、当時は人気グループだったんだよね?
きっと母が若い頃は、もう本当にブラウン管を通して見るだけの
雲の上の存在だったに違いない。
それが今は、近場の祭りで演奏を聴けるくらい身近になってしまった訳で。


そんなものなのかな。芸能界っていうのは。
大抵のタレントや俳優は皆、年齢を重ねるほどに人気も落ちてゆく。
それと同様に、今チケットが数万円で取引されるようなコンサートを催すアーティストも
いずれは流行の波に追いやられ、地方の公民館あたりで
ささやかな公演を開くような身分になるのだろうか。
例えばSMAPも、B'zも、ミスチルも、サザンも。

それでもって、すっかり人生折り返し地点を過ぎた私が
「まあ~、今年の夏祭りはB'zが来るんですって!楽しみだわ~」
「おばあちゃん、びーずって何?」
「おばあちゃんが若い頃人気があった人達よ。稲葉さんカッコよかったわ~」
「いなばさんの奥さんって、松崎しげるの2番目の奥さんだった人?」
「…何でそんな事を知ってるのかしら~?」
「結局40半ばにして、3番目の20代だった奥さんに落ち着いたんだよね。
 オトコの夢を具現化したような人生だよね~、松崎しげるって」
「あらあらあら、○○ちゃんたらB'zを知らないのに松崎しげるには詳しいのね~」
みたいな会話を孫とするようになるんだろうか。

何だか切ないね…(ノД`)。



とぼんやり考えていると、母が「それにしても…」と顔を曇らせながら
続いてこんなことを言ってました。

「会場では撮影禁止だったのに、堂々と違反してる人がいてびっくりしたわ!
 もの凄く長い望遠レンズを付けたカメラで、演奏も聴かずに撮ってばかりいるの!
 あれはヒドイわよね、肖像権の侵害ってやつでしょう?!」

…。
………。



お母様。
演奏中の違反行為よりも、私としては
「ワイルドワンズに望遠付きのカメラ」という組み合わせの方に
ツッコミを入れたくなったのですが、ダメでしょうか。
(いつの時代にもマニアなファンはいるものなのですね)

公式サイトを見たら、ウチの市の祭りで演奏していた事実はどこにも書いてなかった




スポンサーサイト
EDIT  |  22:25  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。