04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.04.07 (Fri)

それぞれの立場

新卒は採らない方針の我が勤め先ですが、
同じ階にある日本企業は
毎年コンスタントに新卒さんを採用していらっしゃいます。
会社が違うので共用トイレなどで顔をあわせても
殆どお互い言葉を交わしたりはしないのですが、
何となく「新卒の人」って分かりますよね。
ちょっと緊張気味で、服装も清楚且つ地味で
それでいて「おつかれさまです」の声がやたら気合充分だったりする。

そんな、新人さんが闊歩する季節になった今日この頃。
お隣さんは今年はどれくらい新しい人を採ったんだろう、と
お節介にも隣社の庭の様子を伺いながら
不意に私は去年の今頃に起きた出来事を思い出したんです。



その子は件の会社の、去年の新卒の子でした。
大人しそうな(と言うか、気が弱そうな)、
そして「東京は初めて?」と聞きたくなるような質素な佇まいに
「ああ…これは仕事に慣れるまで色々あるだろうなぁ…」
とオバ根性むき出しでよその会社から見守っていた私。

案の定私の予想はすぐに的中し、
共用トイレの片隅で涙を流す彼女をしばしば見かけるようになりました。
(あーあ、今日も泣かされちゃったんだね)
先輩?それとも上司に怒られた?

何となく気になってはみたものの、声をかけるわけもいかず
見ないフリをしていつもその場を通り過ぎる。
そんな日々を送っていたのですが、ある日とうとう気になって
同僚に彼女の話題を持ちかけたことがありました。

「ねえ、トイレでいつも泣いてる子いるよね。私今日も見ちゃった」
「ああ…いるね。」
「大丈夫なのかな?仕事イヤになって辞めちゃったりして」
「多分平気だよ。いつもフォロー入ってるみたいだし」

……。

フォロー?


よくよく聞くと、彼女を優しく慰めてくれる先輩がいるらしいとのことでした。
泣きながらトイレに駆け込む彼女をその先輩が後を追いかけ
優しくなだめた後に会社に戻るよう説得するのだと言います。

なるほどね。どこの世界にもいるもんだね、世話好きの先輩とやらが。

すっかり溜飲が下がった私はその後彼女を気にかける事もなくなり
淡々と自分の仕事に取り組む日々が続いたのです。

が。


ある日のことでした。
私がトイレで用を足して(失礼!)いる時
バタバタと女子トイレに入ってくる足音がしたんです。
足音と、女性のすすり泣く声。あの子だと直感で分かりました。
(こりゃあ、マズイ場に遭遇しちゃったな)
私はまだ個室にいるので彼女と鉢合せはしていないのですが
それにしてもシチュエーション的に出て行ける雰囲気じゃない。

モタモタしながら個室を出るタイミングを計っていると…。

来ました。バタバタと追いかけるようにして入ってくる足音が。
(うわぁ!先輩登場!!)

【More】

興奮した新人さんをなだめるように先輩の優しい声音が響きます。

「○○ちゃん、大丈夫?」
「△△さん…私もうダメです(泣)」
「そんなに落ち込まないで。ね?」
「でも…あんな言い方、ひどい(大泣)」
「まあ確かにね…でも××課長だって悪気があった訳じゃないんだから」
「いいんです。分かってるんです私がダメな事は」
「や、○○ちゃんがダメってことじゃなくてね?」
「いえダメなんです!」
「ダメじゃないって!」

~中略~

「だから、誰でも最初はそうやって失敗してくものだし」
「……」
「気に病まないで、次頑張ろう?」
「…でも」
「大丈夫、私が一緒に××課長に謝ってあげるから!」
「…△△さん…」
「……」
「……」
(何となく見つめ合ってる気配)


……。




あの~、すみませ~ん。
個室から出られないんですけどー(;´Д`)


すっかり二人の世界となった外の雰囲気にのまれて
時間が経つほどに出るに出れない状況に陥り
息を殺し気配を消して個室でじっとしていたワタクシ。
(や、扉が閉まってるんだから中にいるのはバレバレなんですが)

そのうち、いそいそと二人で会社に戻っていく気配がしたので
ようやく個室から外に出ることが出来たのですが、
その時私はほとんど即身仏と化していたのでした。
(一体何十分トイレに引きこもってたんだ)

……。


そんな事もあったなあ、としみじみと去年を思い出す今日この頃。
今年もトイレでの「新人劇場」が繰り広げられるのかどうか気になるところです。
(てか、他社との共同トイレをそもそも駆け込み寺&悩み相談室に
使うこと自体おかしい気もしますが…)


ちなみに、去年泣いてばかりいた例の新人の女の子は
夏ごろにはすっかり仕事も覚えたようで、泣いてトイレに引きこもる姿は
だんだんと見かけなくなりました。

そしてその頃から何故か急に彼女の化粧や服装が派手になりはじめ
気が付けばすっかり「都会の女」へと変貌を遂げていたのでした。
一体彼女に何が起こったのか…


こちらも別の意味で気になるところです。


トイレの個室で、ケミカルピーリングの予約をするのはやめて下さい(´Д`)






スポンサーサイト
EDIT  |  22:06  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。