08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.09 (Thu)

タイムマシンにお願い

我が家では、最近あることがブームになっています。
その「あること」とは…

「ドラえもん(劇場版)」DVDを古い順に片っ端から見ること(笑)

それはオットがいきなり「”のび太の恐竜”が見たい」と言い出したことから始まりました。
有言実行(?)がモットーのO型オットは直ちにDVDをレンタルし、
コンビニでありったけのお菓子を買い、「茶を淹れて!」と私に命令し、
全ての用意を整えてテレビの前に陣取り、私を隣に座らせる。

そして見ましたよ。オットと一緒に「のび太の恐竜」を。
「イイ歳して何を今更…」とか思いながらもね。


ところが、実際最後まで見てみると。
………。


――良かったんですこれが!!(T□T)(T□T)号泣

いやあ、このトシでドラえもんに感動するとは思いませんでした。
かつて見た事のあるはずの映画でしたが、二人とも流石に内容を覚えておらず
懐かしさと新鮮さがないまぜになった大感動が押し寄せたんです。
まるで大人のまま子供時代に戻ったような感覚でした。

それから毎週末に一枚ずつ、ドラえもんのDVDを借りることにしています(笑)。
ドラえもんて結構、ストーリーがしっかりしてて面白かったんですね。
起承転結、ヤマ場、見せ場、笑いどころ、泣きどころ、そしてオチ(これが大事!)の
全ての要素が詰まっていて、ある意味計算し尽くされてる。
子供向けとは言え「魅きつける」ストーリーに夢中になりました。


そんな私達が現在上映中の「のび太の恐竜2006」を無視できるはずがありません。
予告編の、かなりレベルアップした映像にびっくりしました。

私  「すごいねえ最近のドラえもんは!(゚□゚)」
オット「相当やべえなこれは!(゚□゚)」

ちょっと惹かれるね。どうする、見に行っちゃう??
という私の問いに

オット「バカ、いくら何でもこのトシでアニメ見に行くのはマズイだろ!( ̄▽ ̄;)」

と答えるオット。

まあ、そうだよね…とこの話はそこで終わるつもりだったのですが
ぽそりと後ろでつぶやく声が聞こえました。

オット「ま、まあ…レイトショーでなら見てもいいかもな?( ゚ε゚ )」




オットよ。
多分ドラえもんは、そんな大人な時間にはやってないと思うぞ?

のび太のママの旧姓は片岡




スポンサーサイト
EDIT  |  12:33  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。