10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.25 (Fri)

闇に溶けて

いや~、毎日暑いですよね。
暑いと言うのに、最近オフィスでは(てか、ビル全体が)
大幅に冷房の設定温度を上げているようで
おかげで例年のように「寒い」と悲鳴を上げることはなくなったのですが
…何というか…じっとり暑い…
夏の社内がこんなに暑いのは、8年ここにいた中でも無かったかも。

主に内勤の部署なので、方々から団扇の風が盛大に巻き起こっております。
この暑さもアレですかね、環境問題対策?
…まあ、別に然るべき理由があるならいいんですけど、
でもそれならそれで別の手段で涼感をいざなう対策が必要なわけで。

そんなこんなで色々と涼しくなれる作戦を試しているうち
不意に同僚(鎌倉在住)が、こんな話をし始めたのですよ…








最近健康のために、夜に近所をウォーキングしてるんだけどね。
海からの風が気持ち良いし、程よく丘陵もあるから結構いい散歩になるんだ。

けど、何はともあれ古い街でしょ?…鎌倉って。

ウチの近所は住宅街だからそれほどでもないんだけど
寺社が点在している、それこそ山道みたいな場所に入ると
暗がりで何も見えないし、鬱蒼としていてもの凄く不気味なんだよね。

…え?まあ昼はね。観光客がいっぱいいるし何より明るいから
それほど気にならないんだけどさ。
古い街の山道なだけに「趣きがある」みたいな?

でも…夜はもうホント、シャレにならない怖さって言うか。
北鎌倉駅なんて暗いし無人ぽいし、夜に絶対降りたくないって感じ(笑)。
改札に駅員の幽霊とかいそうだもん。
降りた客の切符を切ろうとハサミ打ち鳴らして待ち構える幽霊が。

駅前だってそうだよ?
大仏や鶴岡八幡宮方面に向かう道だって、夜になったら誰もいないし
古い道が仇になってもう怖さ倍増で、誰も近づかないよ。

ホント、古い街並みとか山道とか、特に寺や神社って
誰もいなくなるとマジで気味が悪いんだよね…



…それに私、一回神社で見たことあるんだよ。場所は鎌倉じゃないけど。


学生の時、彼氏と連絡取るのに毎晩外で電話してたんだけどね。
だって気を使うじゃん、親とか。
そうそう、当時は携帯なんて無いから、公衆電話?

その日も、寝苦しい夏の夜だったな…
近所の神社の境内にある公衆電話で彼氏に電話してたんだけどさ~



………。


ついつい通話に気がいっちゃって最初気づかなかったんだけど
ふと、会話しながら電話ボックスの外に視線を移したわけよ。

そしたらさ…いたんだよね。

真っ暗な境内に。
明らかに電話ボックスの中にいる私を見つめている感じの男が
懐中電灯も持たずにぼーっ…とした表情で佇んでてさ。

そりゃあ、ぎょっとしたよ私。

しかも、その男…






【More】

その男…

よりによって
全裸でさ…


電話中の私をしっかりと見据えながら
女物のパンツを
履いたりかぶったりしてた
んだよね~








ちゃんとパンツを履いたと思ったら
すぐに脱いでそれを頭にかぶったりしてて、すっごく忙しそうで。
一瞬ナニゴトかと思ったけど、すぐにヘンなヒトだと分かって
慌てて電話切って帰った。
あの時はびっくりしたよ、もう~(´∀`)





…。





………ってそれ。



怖い話じゃねーじゃん!!!∑( ̄□ ̄;)ある意味怖いけど


最後までそっち系の話かと思って聞き入っちゃったよ!
夏の風物詩の代表、怪談だと思ったのに
単なる夏場に出没するヘンなオッサンの話だったよ!?
はいたりかぶったりって・・・ムダに生々しいんですけど~!!!








そんな肩透かしを食らった私ですが、彼女からは別の話も聞きました。


彼女が学生の頃、残念なことに仲の良かった友達が事故で亡くなったそうで。
事故があった夜に彼女は、その友達の夢を見たのだそうです。
友達は夢の中で彼女に詰め寄り、しきりに
「どうして!?ねえ、どうして!!?」
と問いただしていたそうでして…。

それは無念だったでしょうね。
まだ10代だというのに急に人生を強制終了させられたんだから。
死してなお、あまりに理不尽な運命を受け入れ難かったに違いありません。
同世代の友人である彼女に叫びたい気持ちも分かります。

ただ…。

問いただしていたその友達の様子が、
血走った目をむき出しにして
彼女と1センチにも満たない近距離まで顔を近づけて
もの凄い形相で叫んでいた
のだそうで。。。







「あの夢は、ちょっと忘れられないよね」
彼女は笑ってそう言ってましたが、
私だって当分夜に思い出して泣いちゃいそうなんですけど。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

スポンサーサイト
EDIT  |  19:13  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。