04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.26 (Mon)

知らないほうが幸せなオチもある

先日、息子の熱が少し高めだったので保育園をお休みした日の朝のこと。



「今日は一人で出勤か~・・(T∀T)」
いつも息子を登園させているオットが玄関先で寂しそうに呟き
「じゃ、行って来るよ」
と、ぽんと息子の頭に手をやり、おもむろにドアを開けて
いざ出発すべく一人で出かけてしまったのですが…。

それを玄関で見届けた息子が「やーん」と切ない声をあげ
慌てて後を追うように走りだしたのです。
そして玄関先に座り込み、何とかパパを追いかけようと
自分の靴をひっつかみ、出来もしないのにそれを履こうと奮闘していました。
(靴を履かねば外に出られないことは最近認識したようです)


パパ、今日は保育園に行かないの?!
何で!一緒に行こうよ!
ぼくも行くから!待ってよ~!!



小さな体をもっと小さく丸めて、「んしょ、んしょ」と靴を自分の足にはめようとしてる。
それが背中越しにも本当に一所懸命なのが分かって、ちょっと切なくなりました。



今日は君はお熱があるから保育園はお休みなの。
パパはね、もう会社に出かけちゃったんだよ。
だから今から行っても追いつかないよ。


と背中に語りかけても、当然ながら理解できていないようで
とにかくパパと一緒に出かけようと熱心に靴を履こうと頑張っていた息子。


そのうち自分で履くのを諦めたのか、
靴を片方ずつ両手に持って私のところに来たと思ったら
「あい!」
とその靴を私に差し出したのです。

「ママ、ぼくの靴を履かせて!ぼくパパを追いかけるの!」
と言っているのは明らかで、まっすぐ大きな目で私に懇願していました。



…よかったね、オット。
私が妊娠中、何度もお腹に耳をあてて我が子の誕生を心待ちにしていたオット。
慣れないながらも、誕生後はオムツ換えやミルクに奮闘し始めたオット。
それなのに、つい最近まで息子は私にべったりで、
父として寂しい思いを何度してきたか知れません。

それがここ最近、息子はやっとパパの存在を受け容れ始めたようで
一緒に遊んだり、時にはこんな風にいなくなると寂しがるようになってきたのです。

以前、どなたか男性が「子供は1歳ごろから可愛くなるんですよね~」と言っていましたが
なるほど父親にとってはこれからどんどん楽しくなる時期なんですね。



その日オットの帰宅後にこの出来事を話して聞かせると
彼は案の定、本当にほんとうにほんっとうに感激していて
何度も何度も既に就寝している息子の顔を覗き込んでいました。


いつも帰りが遅く、平日はなかなか子供と一緒の時間が取れないパパ。
会社でたくさん働いて、きっと心も体もへとへとなんだろうけれど
きっと我が子のこんな話を聞いたらまた元気になっちゃうよね。

大好きな息子の笑顔を思い浮かべながら、これからもお仕事頑張ってね。





…。









……と、いう締めにしたかったので、オットには黙っておこう。




>そのうち自分で履くのを諦めたのか、
>靴を一つずつ両手に持って私のところに来たと思ったら
>「あい!」
>とその靴を私に差し出したのです。



この直後に、最近新しく買った絵本を目端に捉えた息子が
パパを追いかけようとしていた気持ちをものの一瞬で消し飛ばし、
自分の靴をその場に放り出して、

その絵本に一心不乱に突進していったという事実があったことは、


永遠の秘密にしておかねば。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
スポンサーサイト
EDIT  |  20:12  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

ま。
なんと言うか。
お子さんが絵本に気を取られパパを追うことを忘れてしまったように、そんなことがあったことも忘れてしまってください。

つーか。どこの家も一緒なのねぇ。
振り向いてはならぬぞ、世の男親!
俊 |  2008.05.28(Wed) 12:59 |  URL |  【コメント編集】

なんのこれから

うちの子、3歳になってますますますますますます…激かわいくなってきてますよ!
(親バカ含む)

一歳の時は、産まれてから一番かわいい時期と思い、二歳の時はまた、今までで一番かわいいと思い、三歳になった今、やっぱり今までで一番かわいいと思う…。

なんつったって、保育園の同じクラスの男の子が好きで、朝、玄関先から動かないで、その男の子が登園するのを待ってるの。
膝を抱えて座り、髪を風になびかせて頬杖ついてる姿なんて母親ながらキュンとしちゃいます。

こうやって毎年かわいく思っていくんだろうな~。
子供って存在そのものが親孝行ですな!
カヲル |  2008.05.28(Wed) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

父と子

>俊さん

男親…切ないですね~
ちなみに義兄も息子たちにそういう仕打ちをされているらしく、
「やっぱり父親には女の子だよな!次は女の子が欲しい!」と息巻いてるそうです。
~ん~…女の子が生まれたとして果たして思惑通りに行くか
"娘"でもある立場として、ちょいと微妙な気がします…
hato |  2008.06.01(Sun) 13:29 |  URL |  【コメント編集】

未来妄想図

>カヲルさん

カヲルさんと私と同じく、娘さんとウチの息子は1学年差なんですよね~
なのにその大人っぽさって…かわいすぎ!!

私も色々妄想してます。そのうち保育園の女の子から手紙もらうんだろうな~とか。
(すでにモテること前提。)
しかも「読んであげる」と称して私もちゃっかりその手紙を盗み見して
小さいラブレターにこっちがきゅーんっとしちゃうんだろうな~とか、
「なに?意味わかんね」みたいな男の子らしい朴訥な息子の答えに
また萌えちゃったり(笑)しちゃうんだろうな~とか…

ホント、子供って何にも勝る宝物です~v

hato |  2008.06.01(Sun) 13:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。