07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.01 (Thu)

日本の車内から

マタニティーマーク


部屋を掃除していたらこんなものが見つかったので記念に撮ってみました。
言わずもがな、妊婦時代にバッグにつけていたものです。

「おなかに赤ちゃんがいます」という優しい言葉と共に
子供の顔を優しく包みこむお母さんの安らかな顔が描かれたこのマーク。
「これを付けてる人を見かけたら席を譲ってあげようね」というPRとともに
関東首都圏の私鉄・JRが去年妊婦さん向けに配っていました。
(今年もやってるかも…とにかく去年あたりから始まったものです)
私は結構早目にこの存在を知って、すぐに手に入れたのですが
実際「妊娠初期の、お腹が目立たない割にツラい時期」に、とっても重宝しましたよ。
このマークが無ければ、一般の人があんなに席を譲ってくれることは無かった
と言っても過言ではありません。

男子高校生や小学生にまで優しく声をかけてもらえるなんて
まだまだ世間には、優しい心意気が息づいているんだね。

しみじみとそう思いながら、いつも感謝して座らせていただいたものです。







…と、胸を張って言いたいところですが。

このマークを付けていたせいか余計に「がっかり」した事も実は多々ありました。


明らかにお腹がせり出していて、
しかもマタニティーマークをぶら下げている私が目の前に立つのを確認しているのに
いかにもウザそうに目を背けたり、眠ったフリをして席を譲らない人々にも
席を譲ってくれる人と同じくらい、いやそれよりも多いと言っていいほどの頻度で
出くわしたのです。

そういう人に会うたびに私はとっても悲しく、白けた気持ちになりました。

妊婦さん、子連れママ、怪我人、お年寄り。
自分の目の前にいるこういう人々に対して、いったいどんな神経を持ち合わせれば
”無視”という選択ができるんだろう。

難しいことをしろとは言ってない。
少しでも思いやりを持っていれば誰でもできることなのに。

自慢する訳ではありませんが、私は妊婦さんやお年寄りを見かければ
積極的に席を立つように心がけています。
「弱い人のために、健常者がすべき当然の事」とカッコ良く啖呵を切るつもりはありません。
そういう事をするととても気分がいいから。自分が誇らしく、充実感に満たされるから。
要するに自分のためです。

けれど、弱い立場の人を押しのけてでも
たった数10分の間だけのスペースを死守しようとするような「自分のため」には
到底迎合できるわけもなく、むしろその姿勢に人間の卑しさを
まざまざと見せつけられる思いでした。

特に男性では「役職のありそうな中年~壮年男性」
女性では「10代~20代前半のイマドキ系」の層で、席を譲らない人が多いみたいですね。
どちらも実は
「他人が自分に何かしてくれるのが当然、他人のために何かするなんて考えられない」
という訳のわからないステイタスを持つ点で共通している世代なのですが
(勿論例外もいましたし、この世代でなくても↑な根性の人は老若問わずいるもんです)
そのうち弱い立場になった時にどうなるんだろうな、この人たち…と
「傍若無人ぶりが増長した弱者」みたいな厄介なものを想像してちょっとげんなりした私。


いやはや、他人のフリみて我がフリなおせとは良く言ったもの。
これからも「譲り合いの精神」をしっかり実行していこうと決意させる
実にいい機会に恵まれました。






…で。
妊婦を卒業して健常者となった今、
子供を連れていない時は積極的に席を譲っていこうと誓ったのですが…


…あれ~

最近の女性って、妊婦さんなのかそうじゃないのか、わからない…(゚◇゚) ?





先日も行きつけの美容院でこういうことがありました。

私  「お久しぶりで~す。何か月ぶりですかね○○さん(・∀・)?」
美容師「そうですね~、hatoさんが妊婦さんだった時以来ですもんね~」
私  「あれあれ、私が子育てしている間に○○さんもオメデタですか?おめでとうございます!」

……。

美容師「…いえあの私、妊娠してませんけど…」

……。

私  「わ!そうでしたか!すみません~!!」
美容師「あれですかね。そんなに私、太りましたかね…?
私  「や!あの!て~っきり左手の薬指に指輪をしてるから、結婚して、それでかと…」

……。
………………。



美容師「あの~…鏡にうつってるから左手に見えるんですけど、
    指輪、右手にしてますから…
    つ~かワタシ彼氏もいません








何なんですか最近流行りの
チュニックやらワンピースやらのラインは。

お腹の線が曖昧で妊婦かどうかはっきりしない人が多すぎます。

てか、地雷を二度踏んじゃったじゃんよー!!_| ̄|○

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

スポンサーサイト
EDIT  |  00:20  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

あ、わたしも~~♪

私も妊婦マークつけています!
たまひよのオマケのやつだったので小さいですが・・
しかし、席を譲ってもらえるようになったのは、THE妊婦の7ヶ月目くらいからですよ。
一番つらいツワリのときは、全く効果なしでした。
東京と大阪の違いもあるのかもしれませんが、同じJRでも
こういった妊婦マークの積極的なPRが全くされていません。
そのため、このマークすらご存知ない方が多いのです。
広告で見かけてもそれは「たまひよ」ブック内。
もっとみんなが知ってくれたらよいですね。

チュニック!わかります!!
旦那も電車で声をかけてよいか迷うと申しておりました。「妊婦かどうかは靴を見よ」と伝授しておきました。
妊婦さんはペタコ靴が多いですからね。

私はこの時期妊婦であったことに感謝します。
服が選び放題ですもの~~~♪
とりたてて「妊婦服」を買う必要がありませんでしたから。
(ゃ、さすがに9ヶ月の今着れる服は限られてきましたが)
mono |  2007.11.01(Thu) 18:08 |  URL |  【コメント編集】

なるほど★

>monoさん

たまひよの妊婦マークもありましたね~。私も持ってます!
でもあれ、ちょっと小さかったですよね…?
同じ時期に妊娠した同僚はPremoの妊婦マークを付けてましたが、たまひよ以上に分かりづらかった。
雑誌の付録、いまいちです(>З<)
その点、このJR?私鉄?とにかく鉄道会社オリジナルのマークは大きめだし、見やすくてよかったです!

でも、通用しない人には通用しなかったですけどね…(泣)
明らかに「あっ」という顔をして、気づいてるのバレバレなのに狸寝入り。悲しくなります。
そう言えば関西の路線でも「全席優先席」をスローガンに優先席をとっぱらったら、
誰も席を譲らない「全席優先席」になってしまったので
結局また優先席を再設置した、と以前ニュースでやってましたね。
世知辛い世の中になったもんだ~…

確かにこの時期の妊婦さん、タイムリーでしたね~!
敢えて妊婦服がいらなかったなんてうらやましい★
私はかなり買い込んだ派です…それなのに肝心のお腹が大きい後半に引きこもり生活を強いられたため、
ほとんど着る機会が無く終わってしまった(泣)
次に期待したい!次があれば~!!
hato |  2007.11.03(Sat) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

>「全席優先席」をスローガンに優先席
この路線とJRが私の主な利用路線です。
このスローガンをかかげた路線、ほんっと誰も一度もゆずってくれたことないですよ。
JRは優先座席があるので、さすがにそこで立っていると
ヤマンバギャル風(←時々まだいる関西)の子でも譲ってくれることもあります。
ががが。その全席優先座席は8~9ヶ月のお腹でも
だーーーーーれも譲ってくれないですぅv-395
妊婦は病気じゃないので、まぁいいんですけどね。
目をそらされると、前に立っているのも申し訳ない気持ちになってしまいます。

>次に期待したい!次があれば~!!
がんばりましょうよ、ね☆ね☆
私も体力が続くのであれば、もうひとり!と思ってます。
mono |  2007.11.04(Sun) 15:52 |  URL |  【コメント編集】

確かに最近の妊婦さんは分かりにくいですよね。

私も明らかにマタニティ服のときしか譲ってもらえませんでしたよ。

しかも若い男性が多かったな。

明らかにラグビーの試合帰りで疲れ果ててる大学生に譲ってもらったときは感動でした。
自分だって座っていたいだろうに。

後サラリーマン。
「私の妻も妊婦なんです。」と譲ってくれました。

逆に若い女性は寝た振り率が高いです。
3歳の若をつれて混んでる電車に大きなおなかで
乗っても知らん振り。
遠くの席の方がわざわざ声をかけてくれたこともあります。
別に、譲られるのが当然だとは思いませんけど
自分より大変な立場の方に席を譲るのは当然でしょう。
そして、hatoさんの言うとおり自分のためでもあります。

ただ、妊婦同様、 老人に譲るのも結構迷います。
以前「結構です!」と怒られてしまったこともありますから。
こゆき |  2007.11.05(Mon) 22:49 |  URL |  【コメント編集】

分かります!

>monoさん

あの路線、使ってるんですか~
「人情の大阪」はどこに?!(って大阪行ったことないんですが…イメージで)
あからさまに気まずそうな顔で知らんフリされると、
ホント逆にこっちが申し訳なく思いますよね。
でも、申し訳なく思うくらいならまだ良い方です。
8ヶ月の頃、健診だけは頑張って通ってたんですがその時に乗ったJRでの事。
優先席前に立ったところ、そこに座っていた若い娘二人が私をチラ見しながら
「ウザイよね~」「ほんと、マジウザイ」
と言い出したんです。
大きいお腹を抱えて優先席の前に立つ妊婦がウザイのか?
いかにも「席を代わってくれ」って言ってるから?
妊婦が出歩く事がどれだけ大変か想像する事もせず、
優先席を占領して妊婦にウザイと言い放つその貧相な人間性の方が
よっぽど人畜有害ですぜお嬢さん。

それ以降JRは使わず、タクシーで健診に通いました・・・。
まあいいキッカケだったんでしょうけどね。週数かなり満ちてたのに胎盤上がらなかったし。
hato |  2007.11.06(Tue) 11:55 |  URL |  【コメント編集】

スポーツマン、素敵♪

>こゆきさん

ラグビーマンのエピソード、感動ですね!
「体育会系」などとちょっとからかうニュアンスで言われてますけど
上下関係とかしっかりしてて、気配りも細やかなあたり
スポーツマンって本当に素敵だと思います☆

私も、男子高校生に譲られた時はちょっと感動でした。
イマドキの子3人が横一列に座って楽しげに喋っていたのですが
そのうちの一人がすっと立って私に席を譲ってくれたんです。
残りの子2人はそれを見て、席を立った友達をからかうこともなく
「カバン持ってやるよ」と立ってる子のカバンを預かり
また普通に3人で喋り始めました。
その流れが本当に自然でさわやかで、ちょっとときめいちゃいましたよ。
これがちょっとまだ精神的に幼い子だったり、
環境的にこういうシチュエーションの少ない田舎の子だったら
「何カッコつけてんの」的な感じで席を譲った友達をからかうところですが、
都会の白い若者はオトナですよね~(黒い若者は堕ちるとこまで堕ちてますが)

若いサラリーマンも確かに席を譲ってくれる率高かったです!
奥さんが同じ立場だと、色々共感するんでしょうね~♪

しかしおじさんとムスメ世代は・・・もう絶望的・・・
もしこれから私が娘を授かる事があったら、そのへんしっかり教育していきたいな。

老人に席を譲るのは、確かにありがた迷惑がられることもありますが
怒られるの覚悟で頑張って声かけてます!
これに関しては「無視=気を使う」ではないと思うので・・・
お互い頑張りましょう!(笑)
hato |  2007.11.06(Tue) 11:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。