04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.08 (Tue)

母とひとり

どうもこんばんは。hatoです。

少し前の話になってしまいますが、GWはほぼ私の実家におりました。
実家へ出発する前日からその用意でバタバタしてましたが、
当日の朝は、更にコソコソしながら出かける支度に追われた私達。
息子が起きると泣き出したりで何かと厄介なので、
目が覚めないよう細心の注意を払った訳です。
オットは渋滞情報をチェックしつつ車にチャイルドシートや荷物を積め込み、
私はせっせと息子の当日用ミルクやオムツの用意。
(ほとんど母乳でやってますが、何かあったときや今後の仕事復帰のため
ミルクも飲めるようにしています)

…ここでふと既視感のようなものを感じて、ああそうかとすぐに納得しました。
前にも同じ場面に何度も出くわした事がある。20年位前に。
その時私は子供として寝こけていた方で、朝方にバタバタしてたのは私の両親でした。
父は地図で道路を確認し、母は道中にお腹がすいた時のためにおにぎりを作る。
そんな慌しい両親の空気を感じながら悠々と起きる時間まで布団でゴロゴロしていた私。

…うーん、いま親として同じ状況にいるんだなあ。
遠いような近いような過去に、ちょっとだけ不思議な気分になりました。


まだ子供の月齢が低いので特に外出するでもなく実家ではとにかくのんびり。
母に作ってもらったごはんを頬張り、たまには息子のオムツ替えもやってもらったりして
すっかり両親に甘えきったGWでした。(出かけるときの「親の自覚」はどこへやら…)


ところで、その時に交わされた私と母の会話を一つ。


<とある洗剤のCMを見ながら>

母「あ、この人知ってるわ。アレでしょ」
私「え~、お母さんでも最近の人知ってるんだ」
母「私だって分かるわよ!ホラあの人よ、ひとり芝居!」

……。

私「ぎゃはははは!!!(T▽T)なんだそれ!微妙に違う」
母「ええ~!間違いないよ!ひとり芝居だよ!」
私「だから違うの!あれは劇団ひとりって言うんだよ」

…。
………。

母「劇団ひとり!∑(・Д・)ああ、そうだったわね」
私「んも~、しっかりしてよ!プププ
母「ちょっと間違っただけじゃないの」
私「だってさ、ひとり芝居だなんてずいぶん寂しい名前じゃん!(^∀^)」

…。
………。

母「…それを言うならひとり相撲だっての」ボソッ






今回は引き分け!!!

オムツをたまにオツムと言っちゃう


登録しました。クリックお願いします



スポンサーサイト
EDIT  |  23:25  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。