08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.05 (Fri)

お礼参り

タイトルを見て卒業式に武装して先生を待ち受ける不良生徒を想像した方、
アナタは紛れも無く私と同世代(か少し上)ですね?

とは言え、今回は全然違う話なのですが…。



年が明け、今年初めてのエントリーになります。
皆様、本年もなにとぞこのブログをご贔屓に。宜しくお願い申し上げます☆




お守り


さてこのお守り、何だか分かりますでしょうか?
私が昨年までの3年間お世話になった川崎大師の厄除けお守りです。

前厄の年から中学時代の友人とせっせと3年通った厄除けも去年で終わり。
今年晴れて厄明けの身となりました~♪




ところで、皆さんはきちんと厄年の間に厄落としをなさいましたでしょうか?
あるいはこれから厄除けをする予定でしょうか?

私もあまり信心深い方ではないので「是非に!!」と強く勧める訳ではありませんが
…やった方がいいですよ~…厄除けは…
特にミソジの女性には声を大にして言わせて頂きたい。

行っといて損はないから!絶対に!!
そして出来れば前厄・本厄・後厄と続けて3年通って!

私の友人の中にも、厄年の知識を持ち合わせておらず前厄・本厄とすっぽかし
最後の1年になる後厄になってから
ようやく私の去年のブログで自分も厄年だった事に気付き
慌てて厄除けに駆け込んだ者がいます。

…それだけ彼女は、厄年の期間に大変な目に遭ったってことなのですよ~(((iДi)))



厄年というのは存外『適当に決めた』という訳でも無いようですよね。
古の頃から「この年齢に良くないことが起こりやすい」と事実に基づいた統計によって
宛がわれた期間のような気がしてなりません。

まず女性の数え年で19歳と、男性の数え年で25歳。
昔の時代で言うと大体婚期にあたる時期かと思いますが、
まあ若気の至りというのもあるし、色々と面倒事に巻き込まれる頃だと思います。

そして私が昨年まで気にしていた、女性の33歳(数え年)。
親の不調もあれば、自分の体のこと、連れ添ったご主人や
「子供は7歳まで頭数に数えるな」と言われる程、当時は生き残る瀬戸際でもあった
10歳前になる子供らに何かが起こる頃でもあったでしょう。

それ程に人生の中で
「不幸なこと」に見舞われる機会が多い時期だったのではないかと思います。



しかし私が思うに、その厄は当時だけの事に限らず、
現代にも当てはまるものがあるように思えてならないのです。
特に私が乗り越えた「33歳数え年の女性」の厄は。

女性の30代と言えば、子育てにしろ仕事にしろ体力的に疲労のピークの頃。
特に婦人科系の機能に最初にガタが来るのもこの時期です。
それに「親が体調を崩した」という話も良く聞きました。
ちょうど親世代である団塊の皆様も仕事に区切りをつける時期…
色々あったかと思います。

又、最近では仕事を持つ女性が増えてきたという事もあり
現代ならではの厄事に見舞われる話もちらほらと耳にしました。

先にお話した友人は一昨年の暮れ、一人暮らしをしていた家に空き巣が入り
現金とパスポートを盗まれた。
…よりによって数日後にお母様と海外旅行を計画していたのにも拘らず、
パスポート盗られたんですよ…当然その旅行は直前キャンセルです。
その上、出張先の海外で自社製品(数千万円)を盗まれたりもしたそうで…。

も~踏んだり蹴ったりの厄年だったらしく、
私も聞いてて何と言葉をかけてよいのやら、とにかく沈黙してしまいました。



だからね。
やっぱり、行った方がいいと思うんですよ。厄除けは。
男性だって同じです。
25歳の次は数え年で42歳。家庭を持ち、働き盛りのはずが
無理をして体調を崩したりしては大事です。
是非奥様や子供たちのためにも、
取り敢えずは神様に無病息災を願ってみるのは如何でしょう?






私は本年厄明けですが、
毎年前年分の御札やお守りの中身をお返しして新しいものに買い換えているので
今年はその御札やお守りをお返しする傍ら、3年間特に何事も無かったことに対して
「お礼」をお伝えしにまた川崎大師へ出向くつもりです☆

あ~スッキリ!
これで厄年ともオサラバ(死語)ですよ~♪(≧▽≦)

何も心配することなく、安心して暮らす事ができます☆







……。
………。


……まあ、でもね。


来年にはまた次の厄年の前厄がやってくるんですけどね…
それからまた3年間、厄払いですわ…





ミソジ女性は厄だらけ(T∀T)

ちなみに水星人マイナスなので、前厄の年に大殺界です☆

スポンサーサイト
EDIT  |  18:25  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

No subject

厄年って健康面でのことだと聞いていたものですから…。
昔は女性にとって出産は生死を賭けたイベントだった&現代で言う生活習慣病の発症年齢そしてオバサンからオバーサンになる頃
イヤだ、最後のは厄より理由がイヤだ。

というわけで本厄をむしろハッピーに過ごしてしまった私は、今年すでに(後)厄除け行ってまいりました。
ちなみに「お守りの有効期限は一年よ」と釘を刺されました_| ̄|○ケチ

ところで、小学生の頃はランドセルにお守りをぶら下げたりしていたものですが、大人になったらどうやって持ち歩けばよいのでしょう。財布や携帯には大きくて適さない気がしますし、ポケットに入れておいたら落としてしまいそうです。思い切ってランドセルごと持ち歩けば良いのでしょうが、それもまた大荷物。
よい知恵をお貸しくださいませ(バッグのミニポケットはすでに満席)。
たか |  2007.01.05(Fri) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

たかKさん

てことは、19歳が出産年齢で、33歳が生活習慣病年齢で、37歳がオバーサン化年齢ってことですか…?
てことは、私はあと4年でオバーサンすか?(T∀T)
確かに「初老」の定義は40歳からですもんね…藤井フミヤも初老、マッチも初老、阿部寛も初老、黒木瞳も初老、キアヌ・リーブスも初老…。

お守りですが、私はいつもバッグの内ポケットに入れてます。ひねりが無くてすみません。
ちなみに内ポケットには、「災害時の帰宅マニュアル」も入ってます。いつ使う事になるんだか…。
hato |  2007.01.06(Sat) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

おめでとうございます。
もう遅いですね。

厄年。私もいつの間にやら通り過ぎました。
本厄のときくらいににはじめて気づいたのですが、
出産したら厄落としになるといわれて妊娠
(別にそのためではないのですが)
これで、いいだろうと何もしてません。

そして、平和に過ごしてきました。
これで、いいのでしょうか。
こゆき |  2007.01.08(Mon) 17:26 |  URL |  【コメント編集】

こゆきさん

今年もよろしくお願いします☆

厄除けですが…人それぞれ考え方はあると思うので、
する必要が無い、あるいはそういうのを特別に重んじる気がないのであれば
気になさる必要は無いと思います。
きっとそういう方は、例え何か良くない事があったとしても
「厄除けをしてないせいだ~!」
と慌てることもなく、強く乗り切ってしまいそう!

私の家は特に宗教臭い事は一切していない家庭でしたが、
子供の頃からお盆とお彼岸のお墓参りだけは欠かさず、
朝食前に神棚を拝むくらいの習慣はあったので
こういう事(厄除け)も普通にやるべき事だと体が教わっているんですよね~

それに、厄年なのに何もトラブルに見舞われなかったからまあいいか、よりも
厄除けをしたおかげで神様から守ってもらえたんだ~
と思った方が何となく昔ながらの日本の心を引き継いでいるような
温かい気分を味わえる気がして、ちょっと得した気分ですよ♪
hato |  2007.01.10(Wed) 10:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。