07月≪ 2008年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.28 (Thu)

オーバーラップ

totoro


先日、e-bookoffにて中古品を買いました。
この夏「ポニョ」が公開されたことにより
にわかに宮崎作品のTV露出が多くなりまして、
その中でぱくが異様に反応を示したのが「トトロ」だったんです。

1歳7ヶ月の子にはちょっと早いか…とも思いましたが
家に帰って、私が急いで夕飯の支度をしてる間に
少しテレビの前に座っててくれないかな~という下心もあって購入。

早速このDVDを再生してみたところ、
母の思惑通り、しばらくテレビにかじりついていてくれました。

NHK教育テレビで放映されている子供番組や
アンパンマンなどをちゃんと行儀良く見ているので
こちらも大丈夫だろうとは思っていましたが、予想以上の食い付きのよさ。
さつきやメイがくるくる走り回るのを一所懸命目で追っていたり
テレビの画面に向かっておしゃべりしたりと、何やら楽しそうにしていました。



そうこうしているうちに、まもなくメイとトトロの初対面シーンに。

小トトロ・中トトロとの追いかけっこのシーンから母もテレビに釘付け。
大きなトトロの登場に、我が息子がどんな反応をするのか見たくて
画面とぱっつぁんを交互に見ながら、わくわくしながらトトロの登場を待ちます。


そして、その「ふぉ~、ふぉ~、るぅおぉ~(トトロ)」の自己紹介シーンで…



ぱっつぁん、号泣(T▽T)


おっきいトトロが怖かったのか?
声が低くておどろおどろしかった?
とにかくトトロを見ながらわんわん泣き出して、しまいには
「ママ~!」と抱きつかれました。



…え~…(-_-;)
こんな反応?
予想外なんですけど…




せっかく買ったのに~と思いつつ
まあ、少し成長したらまた見せればいいかと気を取り直して
折角なので息子就寝後、私だけで鑑賞させていただきました。





トトロは何度かテレビで見ましたが、この作品には
私にとって最大の泣き所が一つあります。
それは、さつきがおばあちゃんの前で泣くシーン。

病気で入院中のお母さんの容態が思わしくなく
予定していた一時帰宅が延期になってしまい、落胆するさつき。
早く帰ってきて欲しいけど、無理はさせられないと我慢しているところに
「やだ~!!」と妹のメイが母の一時帰宅延期に対して
無邪気に、そして無神経にも囂々に不服をたれます。

「メイはお母さんが死んじゃってもいいの?!」
「もう知らない!」
『自分は我慢しているのに、メイはわがままばっかり』と
感情むき出しのメイの嘆きにかっとなってついつい声を荒げてしまうさつき。
でもその後、彼女は近所のおばあちゃんの前で
ずっと心に押し込めていた不安に耐えられず、泣き出してしまう。

「…お母さん、死んじゃったらどしよう…」


(T□T)


我慢してたけど、本当は不安だったんだよね。
でも言えなかったんだよね。お姉ちゃんだもんね。

私長女なんで、もうこのシーンでさつきに入れ込んで大泣きです。毎回。
ほんと、子供の気持ちを描写するのが上手いなぁ、この監督。





…と思っていたら、
今回はメイのラストの頑張りにも泣けました。

お母さんにとうもころしを渡したくて、ひとりで走り出すメイ。
心細くて仕方ないだろうに、知らない道を一所懸命進むメイ。

(T□T)



あれ~…
いままでここで泣いたことなんてないのに、何で?
目をうるうるにさせながら疑問に思った私、ふと気づきました。

そうか、私、

”お母さん”になったからか…



子供が母親恋しさに一所懸命になるシーン。
親の立場で見た人間が、ここで感動せずにおれようか。
この作品は子供向けでもあるけど、
親にとっても大切なことを教えてくれる作品なんだね、監督。

成長して色んな経験を踏むたびに、見方や感じ方が変わる。
いや~ジブリ作品って、本当にいいもんですね~。(晴郎風)





…で。
ふと思った。


トトロでこれだけ感情移入できるんだから
「火垂るの墓」なんて、親としてどれだけ号泣できるだろう。

試しに主人公の男の子とぱくをダブらせてみた。



…。


……わー。


ダメだ。

ダブらせかけたところで涙腺がパーンて爆発しそうだ。パーンって。
感情移入どころじゃないよ。もう見れないよ。「火垂るの墓」。


これ、

①子供がいる
②上が男の子で下が女の子
  (もしくは男の子がいて「次は女の子がいいv」と考えてる)
③関西人



この3つの符号がぴったりハマってる人にとっては
絶対まともに見れない映画なんじゃ…?





人の生き筋の道すがらで、様々に見方が変わるジブリ映画。
もうすこし年をとったら、また違う視点で感じることができるのかもしれません。

(と言うわけで、折角買ったトトロのDVDが
息子にとって今後無駄なものになりませんように…)

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーサイト
EDIT  |  19:17  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2008.08.24 (Sun)

4 Years After

ちょっと身元がばれそうな、ギリギリラインの話題を出しますが
私の従姉の息子は現在高校生で、某球技の「日本代表メンバー」です。
正確に言えばU-19の選抜メンバーで、先だっては国際試合のため
飛行機に乗って外国で試合をしてきました。

U-19とは言ってもサッカーじゃございません。

ちょっと前に話題になったアノ球技です。
某国審判の不公平な判定が話題になり、オリンピック出場の切符を巡って
日本で再試合まで行われた、あの、あれ、あれですよ。
アジア連盟って…あの辺もアジアなんだ?と言いたくなる場所が連盟本拠地の
あの、あれ、あの球技ですよ。

そういう訳で彼(従姉の息子)は試合のため、
初海外にしてはマニアックな中東はドバイに先月行ってまいりました。
(あれ…レバノンだっけ?ヨルダン?とにかくそんな感じの。濁音がついてる感じの。
ザクとかドムとかゲルググな感じの。←これは間違い)





さて彼の帰国後、試合の結果は置いといて、
不公平判定の本拠地でどれだけ頑張れたのか聞いてみたのですが。

「判定がどうとか、言ってる場合じゃなかったんだよ…」

憔悴しきった様子で彼はこう答えました。
話によると、中東の選手はハタチ前だと言うのにヒゲをボーボーに生やしまくり
身丈も大男かと見まごうばかりの偉丈夫ばかりで、
もうそんなデカイオッサン(未成年)達を前に、
必死でボールにしがみつくことしか出来なかったのだそうな。
判定が正しいとか間違ってるとか、冷静に判断できる状態じゃ無かったと。

…まあ、初めての海外試合で緊張していたのもあるんでしょうけどね。
これから先経験を積んでいけば、
あるいはもっと余裕を持った判断ができるのかもしれません。
なので、今回はとりあえず向こうの空気を味わっただけでも
大きな収穫だったという事で終わったのだとか。
(ちなみに日本人選手はことごとく食べ物が合わずお腹を下したそうでして
そういうのもまた、貴重な経験だったかも…。)


ただ。
彼によると、不公平な判定をする国と言われているものの
外国人選手がそれほど厳しい扱いをされていた訳ではなかったそうで。



EDIT  |  23:17  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.08.21 (Thu)

われらの夏休み

ちょっと前の話になりますが、14日から17日まで
家族総出で(と言っても3人だけど)私の実家に行きました。


関東平野の南の端っこにある我が実家は
そこそこ田舎、
でもマイホームを求めてやってきた都内通勤者による移民も多く
そこそこ便利で、暮らしやすい場所にあります。

電車で東京(の入り口)まで1時間以内で手軽に行けることもあり、
都会の華やぎと田舎ロハスの両方を労せずして享受している
ゆるゆるのんびりな住民が多いこの界隈。
かくいう私も、例に漏れずゆるゆるのんびりな女です。
昼間、渋谷でお買い物をしたその日の夕食に
両親の自家栽培による真っ赤な甘ぁいトマトをほおばる生活。
昼間、暑くて埃っぽい都会の汚れた空気にまみれたその体を
きれいな夜風と虫の音に包まれた我が家でゆったり休める生活。
そんな少女時代を送っておりました。

だから私は、実家に行くといつもゆるゆるになります。
最初は妻の生家ということもあり緊張していたオットも、
しばらく行き来するうちにすっかりゆるゆるの骨抜きにされました。
そして我が子もまた、来たそばからゆるゆるに、というか
広い一戸建ての家と庭に大興奮してばたばた走り回ること動くこと。
狭いマンション暮らしの生活から何かをふっきったような、
ある種すっきりした笑顔で遊びまくっておりました。子供は正直です。


そんな感じで、庭にて水遊びに興じたり

水遊び
(木陰で気持ちよさそうにサボっているプール監視員はうちのオットです)


またある時は近所のブルーベリー農園にてブルーベリー狩りにいそしんだり

ブルーベリー
(ブルーベリーv 熟してない絵を撮ってしまいましたが殆どの木は熟した実でいっぱいでした)

夜には庭でバーベキューなどをして楽しみました。


ブルーべリー狩り。最初梨狩りにしようかと迷ったのですが
ブルーベリーにしといて大正解でした。
なぜなら一歳児には梨は硬すぎるから。
ブルーベリーなら形も硬さも子供の口にとっても合っていて
手づかみ食べをほぼマスターしているぱくにはうってつけの果物だったんです。

木からもいだ実を初めて見て最初は躊躇していたぱくでしたが
一口食べてやみつきになったようで、私が摘んだ先から奪ってばくばく食べてました。
そして翌日のウン○は真っ黒なブルーベリー色でした…

ブルーベリー狩り
(こちら、お持ち帰り用に摘んだブルーベリーの籠をひっかき回して
こっそりつまみ食いをしているところをばぁばに見つかり、止められてる息子。
元気に動き回る子供が急に静かになった時…それはロクでもないことをしてる時)



近場で済ませてしまいましたが、楽しい夏休みでした!
帰る頃にはちょっと日焼けして大人っぽくなった息子、
どんどん経験値が増えているようです。

勿論私の両親も孫を迎えて大喜びだったようで
子供のためにも親のためにも、またちょくちょく帰省しようと誓う私なのでした。





そうそう。実家でも勿論オリンピックを楽しみましたよ。

15日の夜に皆で柔道女子78キロ超級の試合を見ました。
決勝戦…塚田選手は銀メダルに終わり残念でしたけど、
それもまた勝負というもの。
これからも頑張って欲しいです。


で、その試合中に起こった事なのですが。
私の母がテレビを指差し、ぱくに向かってこう言い放ちまして。。。

「ぱくちゃん見てごらん、お相撲さんよ~。強そうね~v」

( ゚ з゚):;*.':;

ママーン?!
アレはスモウレスラーじゃないよ、柔道家だよ?
てかその前に、女性だよぉぉぉぉ?!


土地柄なのか性格なのか、
あるいは細かいことは気にしない肝が据わった年齢のせいか
ゆるゆるな失言に周囲が固まった瞬間でございました…。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
EDIT  |  20:21  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.08.11 (Mon)

On your Mark !

オリンピックが始まりましたね。
今回は色々あって、自分的にテンションがかなり低くなっていたものの
やはり始まってしまうと興奮するものです。

過去から現在に至る過程で、中国に影響されなかったアジアの国は一つもない

と感じずにはいられないほどの壮大な開会式。
同じアジアの民族として心震えるツボがふんだんにあり、
東洋人である自分が誇らしくさえ思えました。
(実はオリンピックの中で、開会式が一番好きなんです…)
同じ土俵に上がれる分野ではないと、多少なりと引け目を感じているのか
オリンピックなどの競技モノに一切興味の無い「スポーツが苦手な方」などが
時にはいらっしゃいますが、それは本当にもったいないことだと思います。

アスリートたちが各々の専門分野で体を鍛え上げ、戦うことは
言わば人間だけに許された芸術の一つです。
その瞬間その場所だけに、光のような奇跡を生み出す刹那の芸術。
それを見逃すテはないのですよ。
そして競技の後の選手たちの、人間くさい台詞。

「金以外はぜんぶ同じです」
「競技場にいる自分を、(息子に)覚えていてもらいたくて」


もう泣きそうです。
人間の人間による人間のドラマに感動せずにはおれませなんだ。
国は違うけど、みんなおんなじ人間なんだよね。
地球のどこかの狭いところで、てんでバラバラに生きている人たちが
観衆も含めて一つになってる。
そういう、とんでもなく広くて大きな統一感が私を良い意味で打ちのめしてくれる。
普段狭くなりがちな自分の視野が、すっと大きくなるのを感じます。
ほんと、爽快!オリンピック最高です!


と言うわけで、有名なマンモスサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」様より発信の
オリンピックに際してのこちら記事を強くお勧めいたします。

観たぞ、北京オリンピック!

ロシアの柔道選手が真っ赤な「勝負パンツ」を履いていただとか
NHKのスタジオアナが股開きすぎだとか
(↑五輪仕様のセットの関係で開かずにいられないのだとか…)
男子柔道の試合に参加してる日本人女性審判(美人)は、
「たまや~かぎや~」で有名な花火の老舗「鍵屋」の十五代目花火師
だとか
ロードレースの競技では、小をするとき男子は自転車に乗ったまま立ちXX
女子はXXしてXXXXしながらXXXXX…
だとか
競技にはあまり関係ないけど、知れば観戦が100倍楽しくなるような情報満載です。
また、お茶の間で観戦する人たちのリアルな声もまた笑えて、泣けるのです。。。

ぜひご覧になってみてください。



ここで、少しピンポイントな谷選手の話題を。

金メダルには至らず、本当に残念でした。
でも銅だって立派です。
そもそもメダルを取ること自体が大したもんなのです。

現在、息子さんが高熱で入院しているのだとか。
…心配ですよね。早く日本に帰りたいですよね…
息子さんが早く良くなるよう、心から祈っています。

「主婦になりたい」と言っていた彼女の気持ち、痛いほど分かります。
きっと家族のため、特に子供の為ですよね。
練習ばかりで子供にさびしい思いをさせている母の負い目、
ママに向かって泣きながら必死に手を伸ばすわが子に背を向けて
その場を立ち去らねばならない辛さ。
自分も同じ寂しさを息子に課しているので、同調せずにはおれません。

少し休んで、家族とめいっぱい楽しく穏やかに過ごしてほしいです。



で、また元気に復活してほしいなぁ。。
なんてことをオットと話していたのですが。


オット「つぎは『別れても金』で再登場か?」
私  「(゚Д゚;)不謹慎んんんん!!ダメそんな事言っちゃ!」
オット「でもやっぱ復活の暁には、あのキャッチがあった方が盛り上がるよな」
私  「じゃあ、こんなのはどう?」
オット「こんなのって?」
私  「『ママでも金』の後だから、『ばあちゃんでも金』!!(^∀^)」
オット「どんだけ開いたブランクうううううう?!((((;゚Д゚))))



登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


EDIT  |  20:29  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.08.08 (Fri)

幸せになれない

先日の事なんですが。

朝、満員電車に乗っていたところ
不運なことにイレギュラーな人の隣になってしまいまして。。。


電車通勤を経験した人なら誰でも一度は遭遇していると思います。
「満員電車なのに、自分のスペースだけは必死に確保しようとする人」
体をひねったり、腰を動かしたりと不快そうな動きで相手をけん制し
自分の周りに「余裕あるスペース」を作り出そうと必死な人。
そういうのに限って、乗車の際は特攻隊のように
他人の場所に切り込んでいくんですけどね(´Д`;)
とにかく、不運なことにそんな人と遭遇してしまった訳ですよ。


相手は女性でした。
やや年上か、
若干年が上の印象のある同年代か、
何と言いますか…色んな意味で年季の入った年下の女性という感じの。

満員電車の中、ぎゅうぎゅうに揉まれて彼女の所まで押し出されたところ
まず、足を思いっきり踏まれ、蹴っとばされましたよ。
んで、それでも足りないのかひじテツで肩を何度もどつかれた。。。
「私に触るなよ!ここは私のスペースなんだから!」
との意思が悪意と共にあふれ出てきて、かなり怯みました。


何か、怖いです。
どうして他人に平気でこんなことができるのか。
自分が良ければ他はどうでもいいの?
暴力で他人を押しのけてでも守ろうとするアナタの人間性って何…。

あからさまな悪意に本気で怖くなって、何も言えなくなりました。
ここで「ちょっと、何すんのよ!」と言える人ってかなり凄いと思う。
公共の場で傍若無人に振舞う人って、常識が通用しない人が殆どだから
口で言ってもどうにもならないよな~とあきらめちゃうんですよね。私は。




私は有段者なので、ブランクはあるものの、彼女の腕を締め上げて
「物理的な力関係ではどっちが上か」を思い知らせるくらいは簡単にできる。
でもそれをしないのが格闘技経験者の分別というものだし
後から厄介な事になってもイヤなので、黙ってやり過ごしました。
「自分の感情に任せて物や人に手を出す人」と
「ギリギリのところで気持ちをおさめて手を引っ込める人」って
同じ人間だけれど、根本のところですごく隔たりがあるんです。
私はまだ彼女のように「向こう側」には行きたくない(堕ちたくない)ので
我慢しましたけど、でもガンガン隣人にどつかれながら

(自分の言い分ばかりギャンギャン吼えまくる生意気な女性の前で
腕力に恃まずオトナなダンマリを決め込む男性って、こういう気持ちなのかな…)


と何だかオトコな妄想をしてしまって、ちょっと悲しくなったのでした。

ああ、ここで不快な気分になった分だけ
私と私の家族に小さな幸運が訪れますように…(小心者)






で。
ムリヤリ私を押しのけて、前方の新しいスペースを陣取った彼女は
それ以降私に手を出す事も無く、黙々と持参した文庫本を読み始めました。

…何読んでるんだろう…

こんな傍若無人な女性が読むものって一体?と
興味をそそられて後ろからその書籍を拝見したところ。

どうやら女性向けの自己啓発本だったようで。

彼女が熱心に、食い入るように読んでいたそのページには

「幸せになるためには」

というタイトルが書かれておりました。







・・・・・。

多分、なれないと思うよ?(´Д`;)

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  20:28  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.08.05 (Tue)

family blood

繁忙期でもないのに、何故だか更新が遅れております。

それもこれもみーんな夏のせい(笑)。
私の実家に帰ったり、近所で催されたお祭りに興じたり
ベランダで家族全員水遊びをしたりと
猛暑と言えど休日と言えど外出、外遊びをする日々…。

それはもう、暑さと子供の若きエナジーに翻弄されるのとで終日ふらっふらですよ。
嗚呼…20代に戻りたい…(笑)



でもまあ、めいっぱい子供の相手をしている分だけ大いに幸せなんですけどね。
先日のお祭りでも大はしゃぎだったぱっつあん、人混みの中を
縦横無尽に駆け回り、迷子にならないよう追い掛け回すのが大変だったのですが
その一方で、盆踊り会場に乱入し、手を叩いたり振り上げたりして
かなり熱心に踊りに参加している(つもりの)様子が可愛すぎて、かなり悶えた。。

精一杯遊んで、好きなだけ寝て、欲望のままに食べて。
私たちもこんなにまっすぐ生きてる時代があったんだなあと感慨に耽りながら
わが子と共に生きる熱い時代を駆け抜けております。
子供といると終始笑顔になるから、フェイスのリフトアップにも貢献したりして?(笑)



そんな元気いっぱいな子鬼・ぱくですが
先日でようやく1歳6ヶ月となりました。
心からの無邪気な笑顔が少し減り、その代わりに作為的というか
悪戯っぽい、子供心に何かたくらんでいるような「ニヤリ笑い」が増えてます。
ニヤリというか、ニヒヒと言うか…。
遊び心を持つ余裕が出てきたんでしょうかね。
私の顔を伺いながら、上っちゃいけないテーブルに上っては「ニヤリ」
夕飯のおかずを故意に床に落とそうとしてはこちらを向いて「ニヤリ」。
…「怒られるかも?」のスリルを楽しんでるのか…?悪ガキめ。
小賢しい知恵を着々と身につけつつあります。

そうそう、使える日本語もだいぶ増えましたよ。
最近は麦茶のコップを色んなものにぶつけては「乾杯」の仕草をするようになりました。
…家で「乾杯」をすることは滅多にないので、たぶん保育園で覚えるんでしょうね。
何度も何度も
「ぱんか~い!」
と叫んではコップを振り回しております。



…。
……んん?



…ぱんか~い…?








話は変わりますが、私の同僚にGarrisonさんという方がいらっしゃいまして。
日本語でお話できるのでもっぱら「ガリソンさん」と話しかけるのですが
ワタクシ最近、この方をお呼びするのにこんな間違いをしでかしちゃいました。


「ガリさんそ~ん!!!」






ぱんかーい。
ガリさんそーん。




…。


遺伝か?
このカミカミなべしゃりは遺伝なのか?

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  20:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。