06月≪ 2008年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.25 (Fri)

闇に溶けて

いや~、毎日暑いですよね。
暑いと言うのに、最近オフィスでは(てか、ビル全体が)
大幅に冷房の設定温度を上げているようで
おかげで例年のように「寒い」と悲鳴を上げることはなくなったのですが
…何というか…じっとり暑い…
夏の社内がこんなに暑いのは、8年ここにいた中でも無かったかも。

主に内勤の部署なので、方々から団扇の風が盛大に巻き起こっております。
この暑さもアレですかね、環境問題対策?
…まあ、別に然るべき理由があるならいいんですけど、
でもそれならそれで別の手段で涼感をいざなう対策が必要なわけで。

そんなこんなで色々と涼しくなれる作戦を試しているうち
不意に同僚(鎌倉在住)が、こんな話をし始めたのですよ…








最近健康のために、夜に近所をウォーキングしてるんだけどね。
海からの風が気持ち良いし、程よく丘陵もあるから結構いい散歩になるんだ。

けど、何はともあれ古い街でしょ?…鎌倉って。

ウチの近所は住宅街だからそれほどでもないんだけど
寺社が点在している、それこそ山道みたいな場所に入ると
暗がりで何も見えないし、鬱蒼としていてもの凄く不気味なんだよね。

…え?まあ昼はね。観光客がいっぱいいるし何より明るいから
それほど気にならないんだけどさ。
古い街の山道なだけに「趣きがある」みたいな?

でも…夜はもうホント、シャレにならない怖さって言うか。
北鎌倉駅なんて暗いし無人ぽいし、夜に絶対降りたくないって感じ(笑)。
改札に駅員の幽霊とかいそうだもん。
降りた客の切符を切ろうとハサミ打ち鳴らして待ち構える幽霊が。

駅前だってそうだよ?
大仏や鶴岡八幡宮方面に向かう道だって、夜になったら誰もいないし
古い道が仇になってもう怖さ倍増で、誰も近づかないよ。

ホント、古い街並みとか山道とか、特に寺や神社って
誰もいなくなるとマジで気味が悪いんだよね…



…それに私、一回神社で見たことあるんだよ。場所は鎌倉じゃないけど。


学生の時、彼氏と連絡取るのに毎晩外で電話してたんだけどね。
だって気を使うじゃん、親とか。
そうそう、当時は携帯なんて無いから、公衆電話?

その日も、寝苦しい夏の夜だったな…
近所の神社の境内にある公衆電話で彼氏に電話してたんだけどさ~



………。


ついつい通話に気がいっちゃって最初気づかなかったんだけど
ふと、会話しながら電話ボックスの外に視線を移したわけよ。

そしたらさ…いたんだよね。

真っ暗な境内に。
明らかに電話ボックスの中にいる私を見つめている感じの男が
懐中電灯も持たずにぼーっ…とした表情で佇んでてさ。

そりゃあ、ぎょっとしたよ私。

しかも、その男…





スポンサーサイト
EDIT  |  19:13  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

プチ・ナニコレ珍百景☆

『子供が使用できない自販機』








自販機

(近所にて撮影)






弟「にーちゃん、おれコーラ飲みたい」

兄「…がっ∑( ̄Д ̄;)!だ、だめだ!」

弟「え~なんで~(`з´)」

兄「だめって言ったらだめなんだよ!お茶にしろ!」

弟「おちゃ~?!」

兄「子供はコーラなんて飲むもんじゃねーんだよ!お茶で十分!」

弟「…わかったよ~」








…。










………………。









弟「に~ちゃん、おれノドかわいたよ~」



(く…っ、お金、入らな…!)

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  22:00  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.07.09 (Wed)

ヘルパンギーナ が あらわれた!

ヘルパンギーナ が あらわれた!
ぱく は きけんに さらされた!

hato は まもりを かためた!
「すみません…子供が体調を崩しまして…お休みさせて下さい。
ええ、ええ…あの、机の上にある書類がですね、現在進行中の…」
の じゅもんを となえた!



先日、息子がヘルパンギーナにかかりました。
ヘルパンギーナというのは、乳幼児の間で夏季に流行るウィルス性の夏風邪のこと。
夏の子供の病気の中ではプール熱に次ぐメジャーなものです。
予防手段はありません。かかったら最後、自分の免疫力でただ戦うのみ。
でも、戦ってる間は母子ともども、大変なんですよね…。


ヘルパンギーナ の 「おねつ」 こうげき!
ぱく の たいおんが 39ど に あがった!
ぱく は ぐずりはじめた!
hato は ひたすら あやした!
hato の たいりょくが 10 さがった!



まず一気に熱が上がります。
ちょっとずつ寝ては起きてを繰り返します。
常にボーっとしており、あまり立ち上がることはありません。
横になって、私と一緒に手遊びをして過ごします。
しばらくするとまたすっと寝てしまうのですが、
すぐに起きて私を呼ぶので、あまり家の仕事をこなすことができず
家の中がカオスな状態になってゆきます…。


ヘルパンギーナ の 「しょくよくふしん」 こうげき!
ぱく は なにも たべられない!
ぱく の きげんが わるくなった!
hato は ぱくの だいこうぶつの チーズを あたえた!
しかし ぱく は きげんが わるすぎた!
チーズ が ゆかに なげつけられた!



1日目の夜、雲行きが怪しくなってきました。
何も口にせず、麦茶とポカリを少し飲むだけに。
ぐずぐず泣きながら私に抱っこをせがみます。
何とかなだめて寝かしつけるも、すぐに起きだす始末。
空腹の上に、キモチワルイんでしょうね~…
気がつくと深夜の1時までこんな状態で、慌てて私だけお風呂に入ったのですが
その後もずっと寝ては起きてを繰り返しました。

ここで気がつかれるかと思います。

何故、オットの手助けがないのか?と。

実は、オットは6日からまた海外出張に出てまして
現在我が家はまた母子家庭モードに突入しているのです。
全く、なんてタイミング。
病気で苦しむ子供を前に、母は一人でふんばります。

そして…翌日の朝。
最大の難関が訪れる事に。


ぱく は 「おねつ」 を げきたいした!
ぱく の たいおんが 37ど に さがった!

ヘルパンギーナ の さいだいの こうげき!
「のどのいたみ」 が はつどうした!
ぱく は 90 のダメージ!
hato も 50 のダメージをうけた!
hato は 「ねぶそく」 に なった!



ヘルパンギーナの最大の特徴は、喉奥に出来る白い発疹です。
これがまたかなりの激痛を伴うらしく、食べ物はおろか
飲み物すら嚥下が困難になります。
ぱくは喉が渇いて飲み物を口にするも、泣きながら途中で吐き出す始末。
当然食べ物も受け付けません。
何もしなくても激痛の波が襲ってくるようで、生まれて初めての痛みに大号泣。
あやそうと抱っこしても、落ちるんじゃないかと思うくらいに体を反らし
手足をバタつかせて暴れます。
私はその手で何度もぶたれ、足で蹴りつけられました。
それでも「ママ!ママ!ママ!」と叫びながら痛みを訴えるぱくに
手を離す事はできませんでした。


ぱく は いちにちじゅう くるしんだ!
hato は しょくじの タイミング をのがした!
hato は 「くうふく」 の ダメージを うけた!
hato には まだ 「ねぶそく」 の のろいが かかっている!
hato の たいりょくが のこり 5 となった!







そんなこんなでこの3日間、殆ど寝ず食わずの状態だった私です。
しかしこの状態も、彼の免疫力と処方された薬によって次第に落ち着きまして
ようやく明日から保育園への登園が解禁に。

…よかった…ほんっと、よかった。

かかりつけの先生から治癒証明書をいただき、やっとほっとした私。
お菓子やせんべいを片手間に食い繋いできた食生活からも開放され
久しぶりにしっかりとごはんを頂きました。



何より良かったのは、ぱくが笑顔を取り戻したこと。
ピークの時は泣き顔しか見せてくれなかったもんね~…
今までも何度か病気はしましたが、いつも「ぐったり」系の症状だったんです。
それはそれで胸が疼きましたが、今回の暴れるほどの苦しみようは
本当に親として、見ていて心が痛かった。
「代われるものなら代わってやりたい」って本当に思うものなんですね。



さあ、明日からまたいつもの生活です!
オットはまだ帰ってこないけど、母子家庭生活がんばるぞ!

まずは、溜まってた洗いものを一気に片付けて…
それから洗濯もしないと…




…。

…………。







ぱく は ヘルパンギーナを こくふくした!
ぱく は ていこうりょくを みにつけた!
ぱく の レベルが 2 あがった!

hato は まもりを といた!
hato の レベルも 2 あがった!

hato は・・



・・・・・・・・。



へんじがない。









ただのしかばねのようだ。


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  19:27  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.07 (Mon)

チーム父子

先月のとある土曜日のこと。

昼過ぎにだらだらとテレビをつけっぱなしにしていたところ、
翌日が父の日だったこともあって
子供達が父親の職場に潜入する、という番組が放送されていました。

普段家でゴロ寝するだけの父が、仕事場で別の顔をしているのを見て
素直にびっくりしたり、感心している子供達が可愛い。
一瞬カメラを忘れて父の姿を食い入るように見つめているその真剣な表情が
同じ"親"の立場として、とても素敵に映ります。


そんな微笑ましい番組にいつの間にやら引きこまれていた矢先。

とある男の子2人がお父さんの職場に直撃取材、という企画が始まりました。
お父さんの職業はアナウンサー。
フジテレビの長谷川アナ(32)です。

子供達は朝の情報番組のスタジオにお邪魔し、
澱みなくカメラの前でニュースを読み上げる自分の父親に大興奮。
フジテレビ局内を色々と廻って、同僚たちからパパの評判を聞いたり
彼のデスクに何枚も飾られている自分達の写真に破顔したりと
とても充実したひと時をおくっているようでした。


そして、その企画の後半でのこと。
子供達はパパの車に乗って、
長谷川アナが実況を担当している競馬場へ向かっていました。

長谷川アナは昔から競馬中継を希望していたらしく、
晴れて念願叶った舞台でのパパの晴れ姿を皆で見に行こう、という主旨です。

そんな競馬場へ向かう道すがらの車内で、長男はこんな質問をしていました。
「どうして競馬中継がやりたかったの?」

長谷川アナはこう答えます。
「競馬中継は アナウンサーの仕事の中でも一番難しいからや」

すると長男はこう切り替えしました。
「なんでわざわざ難しい仕事なんかやりたいの?」







この質問に対する、長谷川アナの言葉に私は一瞬心を奪われたのです。

「お前それは 男としてそうあっとけ」

まっすぐな視線を前に向け(そりゃ運転してるんだから当たり前なんだけど)
きっぱりと息子に伝えた長谷川アナ。
どういうことか意図が分かりかねた様子の長男君に、彼は付け加えました。

「難しい事、出来なさそうな事をやってのけてこそ男や」





男なら、常にチャレンジ精神を持ち続けろと。
安定したステイタスに甘んじることなく、困難に挑む姿勢を持ち続けろと。
難しい事に迷わず向かってゆき、そして克服するのが男だと。

長谷川アナは、自分の息子にきっぱりと言ってのけた。


お…っ

男前!!∑(●゚Д゚●)

その極めてマスラオな発言に
もう頭のてっぺんから足先までシビれてしまった私です(笑)。


ああ、男同士っていいな。
男の子は父の背中からカッコイイ生き筋を見出しながら
自分も逞しく成長していくんだね。
そこは私達女子には到底入り込めない聖域であり、入れないからこそ
眩しくて、羨ましいくらいカッコよくて、目が離せない。
女は「結束した男たち」すなわち「チーム男子」に弱いのです(笑)。


今はまだ、オットにベタベタ毛虫のようにひっつきながら
戯れているだけの我が息子、ぱくだけど
そのうちオットの背中を見ながら心身ともに成長し、
私より背が高くなって力も強くなって、
私はどうにも苦くて食べられないサンマのはらわたを
オットと一緒に楽しむような、シブイ大人の男になるんだろうか。
…萌え!!(てかなんでサンマ?)


遠い未来の家族の風景。
長谷川アナの家族を、月日を経て成長した我が家にもダブらせながら
きっとその頃にもまた新しい幸せを噛み締めていることだろう自分に
楽しみを禁じえなかった、とある週末の私だったのでした。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  00:01  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.07.04 (Fri)

色の白いは七難かくして尻隠さず

突然ですが、そしてブログで公表するのはこれが初めてのような気がしますが
実は私は、色白です。


しかしながら以前、色黒の女性や日焼けを嫌がる方からムッとされるという
地雷を踏んだ経験があり、それ以来あまり色白と自ら豪語することはない私。

そりゃそうだよね…色白って、日本での美意識からして褒め言葉だもん。
一般的な褒め言葉を自分に宛がって公言する行為が、
「ふーん、そうなんだ」と素直に受け止めてくれる以外の感情を呼ぶことくらい、
鈍くさい私にだって分かります。いや、経験上分かってます。


でもね。
私の場合の「色白」は、到底褒め言葉とは言い難いシロモノなんですよ。

敢えて言うなら…


青白(アオジロ)(´Д`;)


そう。私の場合、「白い肌色」を通り越して青くなっちゃってるんです。
青みの原因は主に血色の悪さ。そして皮膚の薄さ。

学生時代に、「アンタ右の目だけメイク濃いよ!」と指摘され
なんで?今日はアイカラー入れてないのに…と自分の顔を鏡で確認したところ
右の瞼にくっきりと、アイシャドー(死語?)みたいに
静脈がびっしり浮かび上がっていたという事件がありました。

いわゆるスッケスケなんですよね…私の体って。
静脈は勿論、場所によっては毛細血管まで確認できる。
あれですよ、あの、顕微鏡の中の世界に存在する生物みたいな?
内臓丸見え状態のアメーバとかミジンコとかそんな感じの。
(せめて動物プランクトンと呼ばれたい)

あ~あ、いい加減何とかならないものかこの青白い自分。
いつも私は、この非健康的な自分のイメージに悩まされ続けてきました。






…と、まあ、こんな風に自分の肌のことでぼやいていると、
必ず指摘される事があります。
「焼けばいいのに」…と。
確かに日焼けをすれば色白じゃなくなるし、
透けた血管もメラニン色素に阻まれて見えなくなるでしょう。
健康的な印象になって、ちょっと性格も南国の女っぽく
情熱的になるやもしれません。(雰囲気に流されやすいタチなので)
けどね~…。
知ってる人もいるでしょうが、肌の色が白い人って
日焼けすると皮膚ガンになりやすいんですよ。
太陽の下に体を晒す事がそのまま自殺行為に繋がるわけで
これはそうそう簡単な気持ちで出来る事じゃない。

人生に終止符を打ちたくなったな…どれ、焼くか。

みたいなデッドオアアライブ的決意をもって日焼けに臨まんといかんのです。



なので夏は大変。
どうにか強烈な太陽の日差しから我が身を守らないとなりません。
でもね、日傘は私的にNG。
「柳の下に立つとシャレにならない」と言い放たれたことさえある
青白い私が(私はアレか?幽霊か?)
もし雲一つ無い青空の下、真っ黒~い日傘を差して
UV対策用の長袖上着に身を包みトボトボとうつむき加減で歩いたとしたら、
どれだけ近寄り難い女に変貌するか分かりますか?
「私守ってます、とにかく色んなものから自分を守ってます~!!」
みたいな過剰防衛的威圧感を周囲にふりまくこと間違いなしなので
絶対に日傘は持ち歩かない。
(てか、単純に手ぶらで歩くのが好きというのもあるんだけど)


そんな訳で、10代の頃から私は断然日焼け止め一辺倒派。
白浮きしないように気をつけながら体中にしっかり塗りたくって
薄着で夏の日差しを浴びながら大手を振って歩きます。

紫外線がなんぼのもんじゃい!
こちとら対策万全、やれるもんなら殺ってみな!!


太陽に無駄なケンカを売りながら、決して負ける姿勢を見せないアタクシ。
今年も自分の意思を曲げることなく、色白だろうが青白だろうが
陽の光の下で好きなだけ闊歩することを誓う今日この頃なのでございます。







…で。

「は、献血ですか?ええ?!400?!
や、あの、えーと、本当に有難いんですが、いいんですか?400で?
大丈夫ですよ無理しなくて、200でも全然いいですから
…あ、でも200もどうかな…ちょっと血液検査しますね。それから決めましょうね」

結局、紫外線への闘志を毎年のように燃やすものの、それが青白対策に直結する訳も無く
相変わらず病弱だとか、幽霊っぽい雰囲気を周囲に振りまいてる私だったのでした。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


EDIT  |  20:24  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.07.01 (Tue)

命名

どうもこんにちは。hatoです。
いや~6月後半は繁忙期に見舞われまして
暫く更新してませんでしたが、とりあえず生きてます。
35歳0ヶ月(間もなく1ヶ月)のオットと、
1歳5ヶ月の息子と共に平和に暮らしてますよ。




そんな息子は最近ますます人間らしくなってきまして
好きなことを好きなだけ思いっきり楽しむ自由人と成り果てました。


何を思うのか、私の顔をしこたまビンタしまくる息子。
子供の力とは言え容赦無いので、かなり痛いです。
たまに鼻の骨や眼球にクリティカルダメージ。一瞬息が止まります。
「ちょっ、痛いよ~(iДi;)」と息子に半泣きで訴えたところ、
「その顔を待ってたよ…」と言わんばかりに
にたりと満足げに微笑まれました。


私が座っていると、足や肩に手をかけて私の体をよじ登り始める息子。
しまいには私の腹の上に立ってドンドン足踏みをします。
それだけならいいのですが、その足がたまに私の帝王切開の傷にヒットするんです。
これ、もう激痛。
いくら傷がふさがっているとは言え、いっぺんぱっくり切ってますからね。
痛覚が過敏に働いて、かなりの痛みを伴うんです。
で、やめて~!という顔を息子にすると。
「…愉しい…v」という息子の会心の微笑みが「にやぁっ」と咲き乱れます。


昼間、息子の顔に頬擦りをすると
「や~、くすぐったい☆」と可愛い笑顔で返してくる息子。
しかし夜になって、寝ている息子に同じ事をすると
途端に息子の眉間に幾重もの皺が寄り、苦渋のオッサンみたいな寝顔になって
両手をまるで虫でも払いのけるかのように動かし始めます。
「俺の顔にハエか何かがたかってんぞ。鬱陶しいなコノヤロ~(-公-)」
とでも言ってるかのように。

あの…ハエじゃなくて、ママのほっぺなんですけど(TДT)




と、まあそんな様子の息子について、
今回はある一大決心をし、それを発表する事に致しました。




今更ながら…
ここにきてやっと
息子のHNを発表しようと思うに至りまして。


いや、だってね?
こうやって文章書いていて痛感するのですが
もう「息子」での固有名詞は流石にキツイんですよ。

私の息子を指してるのか、はたまた世間一般のご子息のことなのか
まったくもって書き分けが難しい。
ならば、もう満を持して息子にネット上での名前をつけ
より分かりやすい文章にしてゆこうと、こういう訳なんです。




と、ゆうことで…。
来週から、我が息子は通称

ドS王子

という名前でもって、このブログに登場いたします!
どうぞよろしく~!!
















…いや。


いやいやいやいや。


ちょっと待て。
それじゃますます読者が離れていかないか?
「ドS王子」「ドS君」じゃ、いくら何でもマズイだろう。

始めまして☆私も2歳の娘を持つママですv
ドS王子の言動、すっごく共感しましたぁ~♪
ウチの子も言うんですよ!微笑ましいですよね☆


…なんてコメントをいただいたとして、
まるでその人の娘もどっか問題アリみたいじゃないか。
しかも「微笑ましい」って…どんな器のデカさだよお母様!みたいな。



ってことで、今度は本当に本当のお知らせ。


次回より息子は

ぱく

という犬っぽい名前で登場いたします。
たまに「ぱっくん」とか「ぱっつぁん」にデフォルメされる場合もあり。
どうぞよろしくねん。
ちなみに命名の所以は、パクパクよく食べるから。。。食いすぎです。


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


EDIT  |  20:19  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。