04月≪ 2007年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.29 (Tue)

その言葉

十数年前のことだが、いわゆる政治スキャンダルで矢面に立たされ
いざ証人喚問…の直前に首を吊って自殺した国会議員がいた。

その事件の直後、議員の母親は泣きながら会見でこう述べたと言う。

「どうして私の息子だけがこんな目にあわなきゃいけないの。
 他の議員だって、みんな同じような事してるじゃないの」







この話を聞いて、当時の私はビートたけし氏のフライデー事件を思い出していた。
かのご母堂は事件を起こした息子を記者の前で詰り、キッパリとこう言ったそうだ。

「息子は世間様に迷惑をかけた犯罪者です。どうぞ死刑にして下さい」






この二人の運命を決めた要は、それぞれの母君にあるように思う。
たけし氏の母上は教育熱心だったことで有名であるし、
自殺した議員だって、まがりなりにも議員に選ばれるのだから
若い頃はそれなりの教育ママにしごかれていたに違いない。

厳しい教育を受けて有名大学に合格したまでは同じ。
そこから先の人生に影響を及ぼしたのは
やはりそれぞれの母親のスタンスだったのではないだろうか。



ある意味、弱くて不安定な男性の人生に大きく影響を及ぼす「母親」。
自分もそうなったからには、心してかからねば。








…と誓う、熱を出した息子の看病で三日ほどあまり寝てない私なのでした_| ̄|○
男の子ってホントに弱いよ…弱い…
















ところで。

この議員、当時自殺した事でかなり大きく取り沙汰されていたが
同時に複数の疑惑も持ち上がっていたことでも印象深い。

第一発見者は奥様と同僚の議員だったが、何故か
発見した時間と通報した時間の間に数時間のタイムラグがあった。
(その数時間の間にどんなやりとりがあったのか?)

またその同僚議員は警察庁OBだったにもかかわらず、通報するまでに
遺体をベッドに寝かせ、発見現場を片付けるという意味不明の行動を取っていた。
(仮にも警察の人間だったのなら「現場保持の鉄則」を熟知しているはず)

遺書があったと当初は報道されていたらしいのに
その後紛失したやら本当は無かったやらで、結局はうやむやになっている。

そしてそれらの疑惑が上がるも、
マスコミの追求の声がある日突然ぴたりと止んでしまっていた。









さて。
今回も同じように、伏魔の翼が一瞬姿を見せる事になるのか、否か。

「慙愧の念」は単なるあの方の言い間違いだったのか
それとも、しっかり意味を分かった上での猛毒をはらんだ本心だったのか?



ざん‐き【慙愧・慚愧】
[名]スル《古くは「ざんぎ」とも》
自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること。
「~の念」 「~に堪えない」


岡本夏生さんと同期だったんだ…


登録しました。クリックお願いします
スポンサーサイト
EDIT  |  12:04  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.05.24 (Thu)

Who's what?

少し前のことですが、
ある日息子のウンチに少量のが混じっているのを発見しました。

先に診断結果を言うと、「母乳で育つ乳児にはよくある」程度の
全く問題ない症状だったのですが、見つけたときは慌てましたよ。
顔面蒼白になりながらオムツの中を何度も覗き込み、
義母や、同じく0歳児を育成中の義姉に相談しまくり、
まだ小児科にかかった事がなかったので、
藁を掴む気持ちで出産した病院の産婦人科にも電話してみたり。

結局近所の小児科で診てもらって一安心した訳ですが
いやはや、何かあったときの為の準備はしておくものだと痛感しました。
病院の電話番号や緊急連絡先などもそうですが、メンタルな面でも。







これはその時、息子を産んだ病院の産婦人科に電話を試みた時の会話です。
総合病院なのでまず受付オペレータが電話を取り、
そこから担当科に回してくれるのですが…。




受付「はい、○○病院です」

私 「すいません、そちらで1月に出産した者ですが…あの、
   本日受診したいので取りあえず担当に回して頂けますか」

受付「どうされましたか?」

私  「ウンチに血がついてるみたいなんです」   

受付「そうですか…予約はお済ですか?」

私 「予約はないです。一ヶ月健診から一度も来てませんので」

受付「分かりました。では肛門科に回しますね」



……。




私 「…あの、肛門科でいいんですか?」

受付「ええ」

私 「ウンチに、ちょっとだけがついてるだけなんですけど」

受付「とりあえず、そちらの担当の先生にお話してみて下さい」

私 「…いきなり肛門科?」

受付「はい」

私 「産婦人科や小児科ではなくて?二ヶ月の赤ちゃんでも?」



……。

…………………。











受付「あっ、お子さんの症状だったんですね」














私じゃね――!!!!(;゚Д゚)



どこの世界に自分の便をウンチと可愛く公言しまくる成人女性がいるんだよ!!



…まあ、ちょっとは私も紛らわしかったかもだけど?


子供のシモの世話をすると、粒マスタードは当分口に出来なくなる


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  14:53  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.05.18 (Fri)

ザ☆遺伝子

さて。

親バカ全開で可愛い可愛いと夫婦で称えまくっている息子ですが
「これさえ完璧なら、どんなモデル赤ちゃんにも負けはしないのに…」
と溜息をつかずにはいられない唯一の弱点があります。

それは…頭髪

atama


なんかね~…。
前髪から頭頂上部にかけての髪がうっすいんですよ。
サザエさんが10歳の時の波平さんみたいな感じ?
側頭部の髪は普通に濃いので、ちょっと寝乱れてボサボサになると
たちまち精力絶倫の波平になっちゃう。

こうやって写真に撮って、日々の(髪の)成長を見ている訳ですが
これ…大人になってから本人が見たら恥ずかしいんだろうなぁ…。




と、些か心配しつつ育児生活を送っていたのですが
ある日義父宅で古いアルバムを見せてもらう機会があり、
そこで初めて幼き頃のオットの姿を拝見したんです。

か…かわいい。(゚Д゚)

いやほんと、可愛いの何の。
幼少時のオットは目がくりくりの大きな二重、サラサラなストレートヘア
半ズボンからのぞく足がなんとも愛らしい美少年でした。

そう、そして今の息子が当時のオットにそっくりなんです。
顔はもとより、赤ちゃんの時の写真を見てびっくり。
幼年期には充分に生えていたオットの髪でしたが、乳児期はかなりの薄毛。
頭頂部の毛の生え方が息子と全く一緒でした。


てことは、そのうち息子の前髪も濃くなるってことだよね!(゚∀゚)


いや~、少し安心しました。
この調子でイイ男になれ☆息子よ~♪















…とここで、ふと冷静になった私。












忘れてた。
義父、つまりオットの実父の今のアタマが波平以上に波平だということを。
そしてアルバムに写っていた当時30代の義父の毛髪が、
今のオットのそれのごとくフサフサ・サラサラだったことを。




それって、つまり?

カツラじゃないのに、うぶ毛がない


登録しました。クリックお願いします



EDIT  |  23:40  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.13 (Sun)

未来予想図III

<とある横浜在住の主婦の心のつぶやき>


…あ~…。

授乳中って、何てヒマなんでしょ。
身動き取れないし手も足も動かせなくって、正直、退屈。
「授乳をしてる瞬間こそ母親の至福の時」って言うけど、
こう何ヶ月も散々やってりゃ感動も薄れるっつの。

ヒマつぶしにテレビでも見るか。


…。
……って。

リモコンが届かないよ!!∑(・Д・;)


あと十数センチ!あと十数センチ腕が伸びればリモコンに手が届くのに!
くううううう~~(精一杯努力して体を反らしている)


…ダメだ。やっぱり届かない。
テレビは諦めよう。




携帯でもいじってよ。



…。
……えっ


携帯も届かないの?!( ̄Д ̄;)


携帯、もうそこにあるじゃん!数センチ先じゃん!
授乳さえしてなきゃさっさと手に取れる距離じゃん!!

ぐああああああ~~~!!!(精一杯努力して手を出している)


…ダメだよ!やっぱ届かないよ(((iДi)))



え~…
こうなったら授乳が終わるまでボーっと待ってるしかないの?
軽く孤島だな、この状態(T∀T)







あ~あ。
もし自分に超能力があれば、指先一つで携帯だろうがリモコンだろうが
ちゃっちゃと念じて自分の前に引き寄せられるのに。

それどころか、授乳しながらにして掃除とかご飯の仕度だって出来ちゃうんだよね~
ま、どうにもならない妄想ですけど。




…いや。


案外、本気で念じれば目覚めるんじゃない?超能力。
こんだけ孤立した極限の状態(?)なんだから、やってみる価値はあるかも。

…。
………(瞑想中)

携帯よ、こっちに飛んで来い!

携帯よ。

携帯よ。

こっちに来いヤァァァァ(゚Д゚)!!!



















<数年後・某夜のニュースにて>

こんばんは。9時のニュースです。

本日正午過ぎ、横浜市に住む30代の主婦が
過度の肥満により自宅ベランダからクレーン車で救助され
そのまま近くの病院に運び込まれました。

この主婦は救出時、体重が400キロを超える巨体のため
部屋からも出られず身動きが取れない状態で発見されましたが
脂肪による多少の内臓圧迫はあるものの、本人の意識ははっきりしており、
今までの経緯を詳しく警察に話したということです。


………。


真偽の程は定かではありませんが、この主婦は
数年前の育児休暇中にひょんなことから超能力に目覚め、
それ以来家事全般を全て念じるだけでこなしており
まったく体を動かす事が無かったため、このような体に成り果てたと供述しており
警察では専門家を招集して検証に当たる方針です。


尚、過度の肥満で自宅から救出される事例は米国では何度か見られるものの、
日本国内では初めてのケースとのことで、
救出時に主婦がクレーン車で宙に吊り下げられる様子を大勢の見物客…いえ、
近所の住民達が固唾を呑んで見守っていました。



それでは次のニュースです。
GW明けの今週末は母の日でしたが、全国で様々なイベントが催されました…



生まれて初めての母の日に何書いてるんだ私よ。

あれっ、妊娠前の体重がずいぶん遠いよ?


登録しました。クリックお願いします


EDIT  |  00:00  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.05.08 (Tue)

母とひとり

どうもこんばんは。hatoです。

少し前の話になってしまいますが、GWはほぼ私の実家におりました。
実家へ出発する前日からその用意でバタバタしてましたが、
当日の朝は、更にコソコソしながら出かける支度に追われた私達。
息子が起きると泣き出したりで何かと厄介なので、
目が覚めないよう細心の注意を払った訳です。
オットは渋滞情報をチェックしつつ車にチャイルドシートや荷物を積め込み、
私はせっせと息子の当日用ミルクやオムツの用意。
(ほとんど母乳でやってますが、何かあったときや今後の仕事復帰のため
ミルクも飲めるようにしています)

…ここでふと既視感のようなものを感じて、ああそうかとすぐに納得しました。
前にも同じ場面に何度も出くわした事がある。20年位前に。
その時私は子供として寝こけていた方で、朝方にバタバタしてたのは私の両親でした。
父は地図で道路を確認し、母は道中にお腹がすいた時のためにおにぎりを作る。
そんな慌しい両親の空気を感じながら悠々と起きる時間まで布団でゴロゴロしていた私。

…うーん、いま親として同じ状況にいるんだなあ。
遠いような近いような過去に、ちょっとだけ不思議な気分になりました。


まだ子供の月齢が低いので特に外出するでもなく実家ではとにかくのんびり。
母に作ってもらったごはんを頬張り、たまには息子のオムツ替えもやってもらったりして
すっかり両親に甘えきったGWでした。(出かけるときの「親の自覚」はどこへやら…)


ところで、その時に交わされた私と母の会話を一つ。


<とある洗剤のCMを見ながら>

母「あ、この人知ってるわ。アレでしょ」
私「え~、お母さんでも最近の人知ってるんだ」
母「私だって分かるわよ!ホラあの人よ、ひとり芝居!」

……。

私「ぎゃはははは!!!(T▽T)なんだそれ!微妙に違う」
母「ええ~!間違いないよ!ひとり芝居だよ!」
私「だから違うの!あれは劇団ひとりって言うんだよ」

…。
………。

母「劇団ひとり!∑(・Д・)ああ、そうだったわね」
私「んも~、しっかりしてよ!プププ
母「ちょっと間違っただけじゃないの」
私「だってさ、ひとり芝居だなんてずいぶん寂しい名前じゃん!(^∀^)」

…。
………。

母「…それを言うならひとり相撲だっての」ボソッ






今回は引き分け!!!

オムツをたまにオツムと言っちゃう


登録しました。クリックお願いします



EDIT  |  23:25  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。