11月≪ 2006年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.31 (Sun)

虫への道

先日実家の親から、とうとう危惧していた便りが舞い込みました。
ほんの数日前のことですが、実父が「振り込め詐欺」の電話を受けたとのこと。
ニュースの中だけの事かと思ってましたが、遂にここまで
両親というごくごく身近なところまで、あの犯罪が忍び寄ってきてるんですね。

以下は実父が実際に受けた電話の内容です。
今までそのような事件に縁が無かった方も、是非この話を引き合いにして
実家にいらっしゃるご両親に注意を呼びかけていただきたいと思います。


犯人からの電話は2回ありました。
私の弟になりすまして、いわゆる「オレだけど」から始まる電話でした。
1度目は、別段振り込みを要請する電話ではなかったそうです。
ただ、こう言ってました。
「携帯電話を失くしたので今までの電話番号は通じない」…と。

ここで1度目の電話でのやりとりは恙無く終わったとのこと。
ありそうな話題に実父が信じてしまったのも仕方ありません。
しかし、これが犯人のやり口だったんです。
つまり携帯電話で弟と連絡を取ろうとしても無駄だと言うことを
奴は実父に「刷り込み」をした。それが狙いだったのは言うまでもありません。



そして数日後、いよいよ2度目の電話がかかってきました。
「実行」に移すための電話です。
犯人は自分を弟だと偽り、こう願い出ました。

「同僚が会社の金を使い込みした。俺も巻き込まれたから
 その金を工面するために、これから言う口座に金を振り込んでくれ」


一言添えますが、犯人の声や口調は本当に弟にそっくりだったと言うことです。
最初はすっかりそのせいでコロッと騙されていた実父。
しかし、実は実父も弟も銀行の人間だったことが幸いしました。

――銀行口座の番号が妙だ。○○銀に勤める息子が、こんな銀行使うだろうか?

もと銀行マンの実父は直感的にそう思ったそうです。
そこで実父が犯人にこう切り替えしました。

「金は出してもいいがその銀行には振り込まない。
 "いつもの"口座に振り込んでおくから、そこから引き出して自由に使うといい」


そう。
弟は大学時代から一人暮らしをしていたこともあり、
実家との間できちんと取り決めた口座があったんです。
これには犯人が慌てたそうで、どうしても自分が今から言う口座に振り込めと
必死で説得にかかってきました。
しかしもうこれで疑いの余地は無いと見なした実父、
「絶対にそんな怪しい口座に振り込むものか」とこちらもがんとして譲りません。
いつまでも平行線だった押し問答の結果、
とうとう父は決定的な質問を犯人に投げかけました。

「お前、本当に○○(息子の名前)か?それなら"いつもの"口座番号を言ってみろ!」

勿論"いつもの"口座なんて知る由もない犯人が答えられる訳がありません。
実父は犯人に「バカ者が!」とガツンと怒鳴りつけ、電話を切ったそうです。




…これが実家で起こった「振り込め詐欺(未遂)」のあらましです。
未然に防げたから良かったものの、よもや実家にまで魔の手が忍び寄るとは。
本当に本当に驚きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:04  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.12.29 (Fri)

どんなペア

IKEA2.jpg



IKEA


本日、ついに横浜IKEAに行って参りました!

オープンが今年の9月15日。
その日からずっと地元はもちろん関東各地、果てには日本各地からのお客様で
連日超混雑していたこのIKEA。
地元民としては、通りがかりに駐車場待ちの大渋滞を見かけては
「ゲッ!あんなとこに並べるか!」
と敬遠するところでしたが、やっと今日になって訪れることができました。
何故今日かと言うと、年末で空いてるという噂を耳にしたから。
確かに帰省ラッシュも始まってますし、この時期は何だかんだで
家具や小物の買い物なんかに来てる暇は無いですもんね。
しかもダメ押しに、他市他県からの客がお帰りになる夕方を見計らって
午後3時すぎに出かけてまいりました。
ここら辺は、地元民の強みですな。(^ー^)フッ
予想は案の定、大当たり。
駐車場待ちも無く、スムーズに店内に入る事ができました。
それに前もって自転車で二度ほど偵察に来ていたオットの的確な案内もあり、
おかげで私と、同行した義母や義姉、そして甥っ子二人は大いにIKEAを満喫。
楽しかった~♪
上のピーラーと泡だて器は今日の戦利品の一部です。やっぱり安い!
その上、特筆すべきはスウェーデンのミートボール。
ミートボールはともかく、それにかかっていたソースが絶品でした。
マイルドなクリーム風味で、何とジャムとも相性がいい。
ミートボール+ソース+ジャムでかなりイケるお味になるんです。
すっかりその味にハマり、早速ソースの素(150円)を3袋も買っちゃいました。
ミートボールの他にも、ポテトフライやその他洋食にかけたらかなり美味しそうです。
もしIKEAを訪れる機会がありましたら、皆さんも是非お試し下さい。
本当に美味しいですから!




ところで。
実はこのお出かけの前に、私達の間でこんなことがありました。

先日のユ○クロのダウンジャケットをお揃いで買った記事を覚えておいででしょうか?
今日着てみようと、私はいそいそとあの時のジャケットをクローゼットから
引っ張り出したのですが…。
オットもそれを見てか知らずか、お揃いで買った自分のダウンジャケットを
持ち出して着始めたのです。

このままでは、着るものが色違いでカブる?( ̄^ ̄)

そう危惧した私はいち早くオットにダウンジャケットの非着用を要請しました。



私  「ねえ!そのダウン私も今日着るつもりだからオットは違うの着て!」
オット「バカ言うな。俺も今日はこのダウンって決めてんだ。今更変えられるか」

…。
………。

私  「何でもいいから違うの着てよ!( ̄Д ̄;)」
オット「やだね!だったらお前が今日の装いを変えればいいだろ!」

私  「私だって今日はこのオレンジのダウンって決めてるんだもん!」
オット「俺だって今日はこの白のダウンって決めてるんだも~ん!」
私  「違うの着て!」
オット「ヤダ!」
私  「お願いだから!」
オット「何でオレがそんなこと言われなきゃならねんだよ!(;゚Д゚)」

私  「だって…

    二人で同じ型のダウン着たら、ペアルックになっちゃうじゃん!(゚Д゚;)」


オット「……」
私  「私やだよ!このトシでペアルックなんて!バカップルみたいだよ!」
オット「確かに、思いっきりバカップルだな…」
私  「だからどっちか違う上着を選択しなきゃならないでしょ!」
オット「ちょっと待って?だからって何で俺がダウンを諦めるワケ?」
私  「だって私、このオレンジのダウン今日着たいんだもん!」
オット「俺だって、今日この白のダウン着たいもん!」

……。
………。

私  「私のお願いが聞けないの?
オット「聞けませんが、それが何か?(`▽´)

…………。

も う い い よ 。

私  「私、絶対このダウンで今日出かけますからね!(`Д´)」
オット「俺だって譲る気ねーから!絶対これ着るから!」



という訳で、世にも不思議な険悪な男女のペアルックがここに出来上がり、
不本意ながらそれでIKEAの店を練り歩くことになったのでしたとさ…。

ふたりで並ぶとハートの絵柄になるお揃いTシャツを見た。あれはキツかった…

EDIT  |  23:56  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.21 (Thu)

そういう季節でもありますから

私とオットは、10代の頃に大学で知り合いました。
その後暫くして「彼氏と彼女」という関係になり、かれこれ12年となります。
つまり12年分、12回もの間様々なクリスマスを送ってきた訳ですが
今日たまたまテレビであの場所が映し出されたのが「きっかけ」で
数年前のクリスマスを思い出しました。




まだ二人とも学生の頃の話です。

「クリスマス、行きたいところがあるんだけど」

あまり…というか、かなりイベントや人ごみが生来大嫌いなオットから
珍しくクリスマスデートの提案が出されました。

「最近開通したばっかの電車があってさ。それに乗ってみたい」

…うーん、クリスマスイベントというか、単なる好奇心?
ふとそんな不安が過ぎりましたが、お金の無い学生の身であるからして
元々贅沢なクリスマスが送れる訳も無く、私もその提案に乗ることにしたんです。


待ち合わせは夕方。新橋駅で。

相変わらず時間通りに待っていてくれるオットを見つけて駆け寄り
JR新橋駅を出ると、ずいぶんと未来的な建物がそこにありました。
それが例の「開通したばかりの電車の駅」だということらしいのですが
どうにも駅らしい様相には思えません。

長い長いエスカレーターを上ると、やっと切符売り場や改札口が
見えてきました。
開通したばかり…のせいか、あまり周囲に人の気配が無い…。
や、お客ばかりではないのです。
「駅員さんとか、いないんだけど…」
「ああ、この線ね、運転手もいない無人で動く電車なんだって」

む…無人電車??(((;゚Д゚)))スリーナイン?

すみません、当時全然新聞を読まない女だったので
そんな電車が密かに東京で運行を開始していたなんて、全然知りませんでした。
一体どこへ連れていかれるんだとびびりながらホームで待っていると
やがてするすると音も無く電車が到着し、からりと開扉します。

少ないお客がパラパラと乗車を始め、私達もそれに倣いました。

日が落ちるのが早い冬のこと、その電車に乗って外を見ているうちに
段々と暗くなってゆきます。
「あれ…レインボーブリッジ?」
「そう。そこを通るんだよ」
暗がりで美しく光るレインボーブリッジの下を通り抜け、海を渡り、
また別の陸地へと電車は進み、やがて私達はとある場所で降車しました。


降り立ったそこは…。


何もなかった(´Д`;)


駅周囲はぼんやりと明るいものの、車の行き来も殆ど無く、店も何も無い、
ただ建設中の建物が転々としているだけの"荒れ地"。
(ここ、ホントに東京…?)
寒さと暗さと不安でオロオロし始めた私をよそに、オットは
「あそこに公園みたいのがあるから行ってみようよ」
と灯りも何もついてない緑地を目指して歩き出しました。

慌ててオットについてゆく私。

背後には先ほど降りた、電灯だけがまぶしい未来的な無人駅。

車が通らない割に、きちんと区画された道路。

そして、暗闇に浮かぶ工事中の巨大な建設物達。

暗いため見えづらいのですが、何やら波の音も聞こえてきます。


(公園って…人のいない公園で何する気だよ!
ってか人気の無い公園って言ったらヤンキーの溜まり場と相場が…)

付き合って間もないこともあり、オットの魂胆が見えない私は
どきどきしながら後を追い、公園に足を踏み入れました。

すると。
EDIT  |  23:54  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.12.11 (Mon)

求めるときにあなたはいない

数日前、こんな記事を見つけました。

飛行機の中で放屁した女性が、ニオイを消すために
マッチで火をつけ、緊急着陸やら何やらの大騒動になったそうです。

アホか、この人。
例えどんなに臭くても、フライト中に飛行機の中で
火気を扱っていいわけなかろうに。
てかそもそも、マッチって機内持ち込みOKなのか?

あまりのくだらなさに、返って鮮明に記憶に残った事件でした。



ところで、この「消臭のためにマッチを擦る」行為。
アメリカ人男性と結婚し現在DCにお住まいの大学の先輩の話によると
現地ではごくごく普通の習慣なのだそうです。
深い意味は無いのですが、マッチを擦った時の臭いの方が
オナラの臭いよりも強いので、消臭というよりも
「臭いで臭いをごまかす」法則のもとにこの行為に及ぶのだとか。


へぇ~~~(゚□゚)~~~へぇ~~へぇ~~


初めて聞いた薀蓄。新鮮でした。

しかも、何と千葉県在住の私の友達も
この方法を普通に採用していることが分かったんです。
彼女の場合は自宅に猫が沢山いるので、
猫トイレの上でマッチを擦るのだそうですが…。(人間には使用しない模様)
実は日本でもマッチで臭いを消す方法が少なからず浸透していたんですね。




…。
……。


ここまで聞くと、実践してみたくなるのが人の常。
実際どれだけ消臭効果があるのか検証したくてたまらなくなりました。



いつか実験してやろう。
いつか実験してやろう…と目論んでいた数日後の週末。



「あっ」

リビングでくつろいでいたオットからあのニオイが。
(下品な話ですいません)

EDIT  |  12:46  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.12.06 (Wed)

モテ系の疑惑

分かってる。
世の中には色んな人間がいて、それらを
自分の頭の中のカテゴリだけでは到底括りきれないことくらい。

そう。
世の中には、時間にうるさい沖縄人だっているだろうし
女に頭が上がらない九州男児だっているだろうし
ボケツッコミをせず、話にオチをつけない大阪人だっているだろうし
結婚を入籍だけでささやかに済ませる名古屋人だっているだろうし
子供の頃からサッカーをするのも見るのも嫌いな静岡出身の男子だっているだろうし
美味しくない北海道産の食べ物だって、きっと探せばあるんだろうと思う。


だから、一概に「○○な奴は、得てして××だ」という法則は
必ずしも当てはまらない。



それは分かってるんだけど…。







「来年の春に、Rが結婚するんだってよ」

最近、オットからそんな吉報を受けました。
R君というのはオットの中学以来の友人です。
仕事をバリバリこなすイケメンで、女性の友人も多い社交的な33歳。
私達の結婚式の二次会幹事も快く引き受けてくれ、
とてもにぎやかで楽しいパーティーにしてくれた人でもあります。

そうか~、R君もいよいよ結婚か~。
てか、思えば今まで独身だったって言う方がおかしいくらいだもんね。
浮いた噂を一つも聞いたことなかったけどさ~…
そう、浮いた噂一つ…


…。
………。


…………って。


ふと、ある考えが頭を過ぎった私。
ついついこんなことを確認してしまいました。

「ねえ…R君って、もちろん女と結婚するんだよね?(;゚Д゚)」




EDIT  |  23:56  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.12.04 (Mon)

主婦の本能

あっ

…と言う間にもう師走。12月になってしまいましたね。
来月はもう違う年だなんて…月日の経つのは早いものです。

とは言え、じっくり1年を振り返るにはまだ早い。
仕事も家事も…やることが沢山あって忙しい盛りの年末ですよね。
新しい年を気持ちよく迎える為にも、お互い頑張って乗り切りましょう!


時に、私は先月その年末のひと仕事を終えたばかりなんです。
その仕事とは…喪中はがきを出すこと。
3月に義祖母が亡くなったため、今年は年賀状ではなく
喪中のお知らせをいち早く送付するのが年末最初の仕事となりました。
毎年恒例の写真入年賀はがきを作るのとは違い、
モノクロの印刷はがきに宛名を書いてゆくだけの便り。
単純な作業ではあったけれど、そのシンプルな仕事に
忘れかけていた悲しい出来事が思い出されます。
特に今年は本当に色々な事があったので、
葉書に住所や名前を書いているうちに、1年の間に起こった事が
粛々と思い出されてちょっと気が引き締まった思いがしました。




…。
…ところで。


上記でお分かりと思いますが、ウチにはプリンターが無いため
実は年賀状も喪中はがきも、宛名は全て手書きです。
(宛名以外はいつも写真屋さんで仕上げてもらってます)
「手が痛いよ!プリンター買おうよ!」
と毎年年賀状を作る時期になるとわめき始める私ですが
我が家にプリンターが来る気配は一向にありません。

と言う訳で、今年もまた宛名は手書きだったのですが…。





EDIT  |  15:16  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。