04月≪ 2006年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.30 (Tue)

ショーシャンクのしょらに

~先日、会社での出来事~

同僚「hatoさ~ん、先方から書類来たよ~」
私 「ありがとうございます!それ今からシュキャンしますんで、下さ~い」

同僚「…(゚∀゚)…」
私 「…(;゚Д゚)アッ」

シュキャン?(=scan)

同僚「だーはははは!(T▽T)!しゅきゃんだって!!」
私 「…(;iДi)うう…マタヤッチャッタ」


こういうことが昔から良くあります。
「しょれでさ~(それでさ~)」とか
「しゃしゃきしゃん(佐々木さん)」とか、かなり日常茶飯事です。
大学を卒業して最初に入った会社で、お客様の応対をする時に
「ハイ」と「ええ」が混ざってしまい、「ヘイ」と口走ってしまったことも。
(江戸っ子か?江戸っ子なのか?)

別に赤ちゃん言葉を使って周囲を萌えさせたいわけじゃありません。
(てか、誰も萌えないっつうの(ノД`))
どうやら少し舌足らずなところがあるみたいなんです。私。

アナウンサーとか、ニューシュスキャスターって凄いよなあ。
滑らかな活舌、抑揚のある声。聞いてるつもりがなくても
彼らの言葉はするりと耳に入ってきて、いつのまにやら理解してしまっています。
(素人が普通に喋っても、こうはならないらしいです)

いつも思うんです。
何とか彼らのように、淀みなく言葉を繰って相手にしっかりと自分の意思を伝えたい。
それこそ、笑いを提供するような喋りでなくてね?
てか舌足らずな喋りが可愛いのは、20代半ばまでですから!
つーか海外に行けば、20代半ばでも寒いくらいですから!


てなわけで、常にカツジェツ活舌には少しだけ気を使っている私。
シュキャンなんて間違いはもう二度と致しませんよ!
一度やっちゃえばもう覚えるもんね!!

と、毎回気合を入れるのですが…


~昨日、会社での出来事~

同僚「hatoさ~ん、書類来たよ~」
私 「…!」(キター!と身構える)
同僚「hatoさ~ん?」
私 「ありがとうございます!それ今から…

   スカンしますんで!!」

………。

同僚「…(゚∀゚;)…」
私 「…(; ̄Д ̄)…」



同僚「…スカン?」
私 「…いえあの…スキャンです…」



いつもこんな感じで、
私の舌足らずはいつまでたっても治らないのでした_| ̄|○

アナウンサーと言えど、フジのN野アナにだけは負けたくない


スポンサーサイト
EDIT  |  23:26  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.05.28 (Sun)

See what happened to the woman

先月、久しぶりにジーンズを買いました。

ジーンズに限らず、私はいつも「あ、ちょっと痩せたかな?」と感じた時しか
パンツ系の服は買いません。
下手に太っているタイミングで買おうとすると、いつものサイズが合わなかったり
あるいはパツパツでとても買えたものじゃなかったりするので。
(皆そうだよね??え、私だけ?)
なので、少し脚を引き締めた状態で試着に挑み、
スルリと余裕を持って、しかも綺麗なラインで履けるパンツを買うのです。
そうすれば、未来の自分への戒めにもなるしね?

しかしそのルールで行くと、特にジーンズはタイミングが難しい。
新品は元々ちょっと固め小さめに出来ていて、履いているうちに伸びてゆく生地なので
例え決まったサイズがあったとしても、最初の試着では相当の気合でもって
足を突っ込み、腰を絞って履かねばならなくなります。
だから「いつもより体が重い」なんて時には
絶対にジーンズを買いに行ってはならないんです。

そんな基準でいつ新しいジーンズが買えるやらとしばらく待機していたのですが…。

一向に、買える時期が来ない。
つまり体が思うように絞れない。
てか、ぶっちゃけ相当ヤバい(ノД`)

とまあこんな事情で、泣く泣くサイズを大きめにして買うことを決意した次第です(iДi)。
いやマジで、このままいくともう一生買えない気がしたのでね。


結婚当初は27インチを履いていた私。
辛うじて今回試着で履けたのが…XXインチ(トップシークレット)でした。
しかもそれも結構キツかったのですが、

店員「いかがですか~?」
私 「あ、ハイ…(試着室から出る)」

店員「あ、ぴったりですよ!綺麗に履けてるじゃないですか~(゚∀゚)」
私 「やでもこれ、結構無理してボタンかけたんですよ(´Д`)」
店員「大丈夫ですよ、今キツイと思っていてもすぐに伸びますから!」
私 「でも…ホント血が止まりそうなんですけど(T∀T)」
店員「ボタンが留められたってことはそれがお客様のジャストサイズってことです!」
私 「本当に伸びるんですか~?こんなんで?!」
店員「もしご心配なら、家でしばらく履いて慣らしてみるといいですよ~」
私 「…はあ…」

てな感じで店員さんに押し切られて買っちまいました。_| ̄|○
EDIT  |  23:59  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.05.24 (Wed)

どんな組み合わせ

こんな占い(てか、いつも思うのだが"占い"なのか?)を見つけました。


ジブリヲタクファンとしてはとりあえずやらずにはおれません。
早速試してみたところ…

アシタカという結果がでました!
やったね、主役級!(^o^)/
もののけ姫、サンのカレシです。(笑)

アシタカさんのあなたは、自分をあまり飾らず、ありのままの姿を表現するタイプ。
嫌いなものは嫌いだし、怒りたいときは怒る。打算的に行動することが出来ない、
いわゆる世渡り下手。しかし逆にそういった態度が大物っぽくもあります。
軽い流行に乗るのが好きではなく、しっかりと自分の好みを持っています。
表現力を求められる芸術的な分野で力を発揮できます。
何事も曇りなき眼で見極めてください。



…ふーん…?
当たってるのかどうか微妙なところ。
とりあえず一つだけ確実に言えるは
自分だったら、「もののけ姫」のような
強情でしちめんどくさい女とは付き合わない

ということくらいでしょうか。
(や、だって、いくら可愛くったって、あの性格じゃ持て余すでしょう…
ご家族も、ちょっと怖いしね?(´∀`))


ちなみに。

オットはどうなのかと、こっそり調べてみました。
結果は…。

ムスカ。

ムスカさんのあなたは、かなりの野心家で大成するタイプ。
他人からは知的なインテリに見られがち。
自分がやりたいと思った事には積極果敢に取り組むので
大成功を収める事も多いでしょう。
しかし、あまりでしゃばると「あの青二才が」と言われかねないかも。
人を信頼し愛する心を持つと失敗は少なくなります。



…ビミョ~(´Д`;)

ムスカってアレですよ。
ラピュタに出てきた悪役で、最後に「目がぁ~、目がぁ~!」と叫びながら
崩れたラピュタ要塞の藻屑と消える奴。
…当たってるとかそういうの以前に、どうなの、これ…?
(改めて調べて分かったのですが、28歳という設定にもかなり落ち込みました。
…に、にじゅうだいだとう…?_| ̄|○)



とは言え、ムスカか。
オットはムスカで、私はアシタカなのか~…。



……。
ムスカがオットで、アシタカが妻…。
ムスカとアシタカが、夫婦…?


ムスカ 「私をあまり怒らせない方がいいぞ。当分二人きりでこの城に住むのだからな」
アシタカ「それでいい。共に生きよう」

………。




どんなカポーだっての!!(゚Д゚;)
(フォモ以前に、いろんな事が問題な気がするよ?!)


怒らせてお仕置きされるよりも、アナタとしばらく二人っきりで過ごすことのほうが精神的ダメージ大きいです


EDIT  |  23:22  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.05.23 (Tue)

そんなもの?

先週の月曜日。
某整形美人モデルがテレビに出演しているのを
二人でぼんやりと見ていたところ、ふとこんな話題が持ち上がりました。

「もし私達の間に女の子供が出来て、その子が年頃になった時に
美容整形したいと言い出したらどうする?」


まあ普通だったら
「親から貰った顔を変えるなんて!絶対ダメ!」というところでしょう。
ところが、オットはこう答えたんです。

「あんまりヒドイ顔だったら、整形してもいいんじゃないの?」


…ええ~~!!(゚Д゚;)
そんな、普通にOK出しちゃっていいんですか?!
と意外な答えに驚いていたら更に一言。

「だって、かわいそうだろ。気の毒な顔で一生を終わるなんて」

…可哀相って…。
私は親ではないので分からないんですけど、
自分の子の見た目を「かわいそう」って思うことがあるんでしょうか?
てか、親が我が子を「醜くてかわいそう」と思ってしまったら終わりでは??


ブームの前から韓国語を勉強し、かの国の美容整形事情にも
寛容な彼ならではの考えなのか
それとも、男性だったら誰しも思うことなのか…。

ちょっと考えさせられました。


……。



つーか、どっちに似てヒドイ顔になるかって言ったら、
絶対、私似じゃん!!(`△´)/
(オットは高校生の頃、そのくっきりとした二重まぶたに
「整形疑惑」の濡れ衣を着せられたことがあるのだそうな…)

私は松嶋菜々子に似ている…鼻が低いところが


EDIT  |  23:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.21 (Sun)

Missing the Past

先週の木曜日。
珍しく会社を出る時間が一致した私達は
自宅からの最寄り駅にて待ち合わせをし、外で夕食をとることになりました。

そしてその日のディナーにと決めたお店は…ジョナサン。ファミレスです。
何となく、店を考えるのが面倒くさかったのと、
とにかく二人とも狼のようにお腹が空いていたのがチョイスの理由です。(笑)
ファミレスなら15分以内にごはんにありつけますからね~



にしても、ファミレスは本当に久しぶり。
「何年ぶり?!」の世界です。
帰宅時に待ち合わせての外食は少なからずあることなのですが、
いつも、共稼ぎという最強の布陣でもって「値段よりも味重視」な店に挑んでしまう。
あとは「一人じゃイヤだけど二人なら何とか入れる…」みたいな、オット推奨の
超マニアックなお店とか(笑)。

とにかく、ファミレスは学生時代や独身時代によく行ってたこともあり、
「すべからく、安くて早くて予想通り」のメニューに飽きたのか、結婚してからは
二人では殆ど足を向けなくなっていました。



それが、久しぶりのファミレス。
ちょっとワクワクしながらドアを開けると、そこには覚えのある若人の雰囲気が。

そう。近くに大学がある場所に建つファミレスと言えば客層は殆ど若者なんです。
明らかに就学中の学生さんらしきカップル&グループや、
テーブルの上にPCを置いて何やら作業をしている若いサラリーマンや
一人でたたずむ、独身者らしいエビちゃんOLが
尽きぬおしゃべりに花を咲かせながらドリンクバーで粘っていたり
一人携帯電話をいじりながらディナーに興じていたりしていた訳なんです。
勿論ウェイターやウェイトレスさんも学生アルバイト。

な…。
懐かしい~!!(゚∀゚;)

この雰囲気、知ってる!
目の前に広がる光景に、ふと自分が学生だった頃
「ごはんを食べる場所」と言ったらファミレスだった時代を思い出しました。
EDIT  |  23:37  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.05.18 (Thu)

旧式?

~数日前、某朝の情報番組を見ながらの会話~


オット「…どこまでイッちゃってんだろうなあ…」

私  「…ああ、あの人?」
オット「最近やたら不自然で目に付くんだよな」
私  「確かに、あれはちょっと不自然って言うかバレバレだよね」
オット「アレ取ったら中身はどんなんだろう」
私  「そうだねえ」
オット「つるつるってことはないだろうけどさ」
私  「流石にそれはないよ。てっぺんが寂しいくらい?
  
    ホラ、波平さんみたいな?(゚∀゚)」

オット「…」
私  「…」

オット「…見てみたいなあ」
私  「見てみたいねぇ」



という訳で、某Oキャスター。
どうなんですか実際のところは。

(つか、最近ホント気になって番組を見てるどころではないので
早くプロ○アかヘア○ォーライフに切り替えて下さい…)

おサムライの剃髪制度は、きっと自分のU字ハゲをカムフラージュしたかった当時の有力者が広めたものだと思う

EDIT  |  23:26  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.05.17 (Wed)

突然の別れ

先週半ばに、傘を失くしました。
天気が悪かったので、朝手にとって出かけたのは覚えているのですが
気が付いたら何も持たずに帰宅していた訳で。
てか、週末になるまで失くしたことすら気づかなかった…(ノД`)ハクジョウモノ

愛着があったという訳では無いのですが、かれこれ10年近く使いこんでいたもの。
20代の頃から色んな場面で世話になった傘なので、
こうなったら寿命が来て壊れるまでとことん使ってやろうと心に決めていた矢先に、
うっかりどこぞに置いてきてしまった自分が不甲斐なくて情けなくて。




誰かが私の替わりにあの傘を使っているのならそれでいい。
傘として生まれてきた以上は、例え主人がすげ替わろうが
ただひたすら持ち手を雨から守るのがあれの役目で、
そうやって人の手を渡りながらも使いこまれてゆくのが本懐だろうから。


…けど。

年季が入っているとは言え、まだまだ充分に現役をはれるあの傘が、
たった一度誰かに使われただけでそのままゴミ箱に棄てられていたら。
どこかの拾得物預かり所で、同じような境遇の傘たちと一緒にヒモ一本で纏められ、
落とし主か、あるいは廃棄処分をずっと待ち続けている状態だったら。


そう思うと、責任を感じて居ても立ってもいられず
ついつい心当たりを思いつくたびに足を向けて探し歩いている私です。
新しい傘も当分は買う気にはならなそう。
てか、傘ってどんな場所で売ってましたっけ?(笑)
10年も同じものを使っていたら、それすら忘れてしまいました。

愛着は無いとか言っておきながら、結構未練たらたらですね…。




傘よ、置き去りにしてしまってごめんね。
お願いだから無事に戻ってきてよ。
ほら、もうすぐ梅雨じゃない。

早く帰って来てくれないと、お前の主人が濡れてしまうよ?

「えんじ色の傘」と言ったら「えんじって何色ですか?」と聞き返された(´Д`)

EDIT  |  22:25  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.05.12 (Fri)

初見ミス

昨日のこと。

実家から届いた青菜をほうれん草だと思い込み、ナムルにすべく
茹でた後に塩とニンニクとすりゴマと胡麻油で合えた瞬間

ハッ!!∑(゚Д゚;)と気づいた私。

その青菜はほうれん草ではなく、空心菜だったのです…。

バカッバカバカ私のバカー!!((((iДi))))
空心菜と知っていたら、迷わず塩炒めにしていたものを!!!


空心菜という野菜をご存知でしょうか?
文字通り茎の中が空洞になっている、中国野菜でございます。
空洞なだけあって、茎の部分のはりほりとした食感が気持ちいい。
調理時間を短めにして茎を程よい堅さにすると尚美味しいのです。

私が独身の頃に都内某K東区で一人暮らしをしていたとき、
近所にかなり美味しい中華料理屋さんがあったのですが
そこの空心菜の塩炒めを食べて以来、この野菜にやみつきになりました。

それを…。

茹でてグダグダにしちゃうなんて_| ̄|○

空洞も何もあったもんじゃありません。
フツーにナムルになっちゃいました(TДT)。
スーパーでは一束200円近くもするこの野菜、リベンジする気も起きません…。

調理するまで気づかないなんて、主婦失格!!
てか、レタスとキャベツの区別がつかない女子高生ですかァァ?!


…。
まあでもね、一つだけ言い訳させて頂くとですね。
素人の家庭菜園で作られた野菜の見た目って、
スーパーに並べられているそれと比べて微妙に違うんですよ。
形が小さかったり、ちょっと貧弱だったり?
まあ、素人の作るものですからね。無理も無いんですが。
だから今回も、空心菜を「茎が貧弱なほうれん草」と勘違いしてしまった訳なんです。

あれ?


…と、言うことは。

egoma


最近、オットがエゴマの葉の栽培を始めたんですが
(韓国でメジャーな野菜です。焼肉に巻いて食べるのですが
独特な香りがやみつきになりますv)
肉が包めない葉になる可能性もあるのか…?(´Д`)イミナイジャン


EDIT  |  22:21  |   |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2006.05.10 (Wed)

このトシでアニメ考証

たまの祝日に、テレビの昼プログラム(平日バージョン)を見るのが好きです。
先日の連休中もかなり楽しませてもらいました。
3時くらいから始まるドラマの再放送を懐かしく鑑賞したり、
「こたえてちょ~だい!」の再現ドラマにハマって外出できなくなったり
1時台の熱いメロドラマに思わず笑ってしまったり。


5月5日の金曜日にはアンパンマンがやってました。4時くらい?
何年ぶりだろう~と前の番組の局にチャンネルを合わせたまま
だらだらと見ていたら、見覚えの無いキャラが登場しているではありませんか。

その名も…。

「かしわもちマン」


…まあ、時期ですからね。
季節に合わせてとりあえずこしらえた感は否めませんが、
それなりにアンパンマン達と仲良く画面の中でモチを食べてました。
去年も登場していたのかは分かりませんが、
彼らの次の出番は少なくともこのOAからきっと1年後なのでしょうね…。
それまで地味に活動していて下さい。かしわもちマン。



アンパンマン、私も子供の頃大好きでした。
とは言ってもテレビアニメが始まる前の事で、
当時は絵本で出回っていたキャラクターだったんです。
小学校の図書館に必ずあったアンパンマンシリーズ、児童の間で争奪戦でした。

当時のアンパンマンには仲間も殆どおらず、
常に単独で活動している孤独のヒーローだったように記憶しています。
そんな彼の何が魅力かと言えば、やはり

顔を食べさせる

行為でしょうか…。

実はあんパンが大嫌いだった私も、彼の顔は是非食べてみたいと
ひそかに願っていたものです。

現代版の、バイキンマンのような分かりやすい悪者が
子供じみたしょうもないイヤガラセをするようなストーリーとは違い、
山で遭難したり、火事にあったりと、ひょっとしたら
身近に起こりうる危機に見舞われる子供達を勇敢に救いにゆくアンパンマン。
子供達が救難現場でお腹を空かせていると、彼は必ずこう言います。

「ぼくの顔を食べて」

子供達の数や食欲に比例して彼の顔はどんどん食い尽くされ
しまいには首無し状態になりつつもふらふらと飛びながら子供を救う。
そんな、底抜けに懐が大きくて優しいアンパンマンが私は大好きでした。

現在のアンパンマンのように、
問答無用のアンパンチで相手をやっつけて終わりなのではなく
「飽きれば次」のよりどりみどりなキャラクターの多さではなく
私は「顔を食べられる」アンパンマンに大いに魅力を感じてました。
命に関わる危機、ともすればパニックになりがちな状況で
「食料」を提供してくれるアンパンマンがどれだけ頼もしかったか。
(ヒトはどんな極限状態に陥っても、何かを食べると正気を保てるのだそうです)
アイデンティティの象徴である「顔」を差し出してまで献身的に尽くしてくれる彼から、
私や当時の子供達は信頼と愛情、食べ物の尊さ、そして何より
自分が生きてく上で必ず付きまとう尊い犠牲の存在を学んだのです。


今の子供達がどのようにアンパンマンを捉えているのか分かりませんが、
優しさよりも、強さやカッコよさをあからさまに表に出しているテレビ版をみながら
「こんなんじゃなかったよなぁ、時代かな~」と寂しい気持ちになった私。



何だか無性に、昔のアンパンマンに会いたくてたまらなくなってしまったのでした。



(って、何をこんなにアンパンマンについて熱く語っているんでしょうか私よ…)


カレーパンマンは、口からカレーを鉄砲玉のように吹き出して攻撃する



EDIT  |  22:34  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.05.09 (Tue)

Man of the man

連休中に録っておいたビデオを昨日見ていたところ
「オーラの泉」で美輪明宏さんがこんなことを仰っていました。

「掃除洗濯、身の回りのことを自分できちんとこなす男性こそ男の中の男である」

つまり、自らの身辺を規律正しく清潔に保つ男性の行動こそ清く強い心の現れであり
逆に自分の世話を誰かに押し付け、汚しっぱなし散らかしっぱなしにしている
だらしない男性は、ハッキリ言ってまだまだ幼稚で未熟であると、そういう事らしいです。


フェミニストなのか、同性として手厳しいコメントをしているのか
はたまた「男」「女」を超越した第三の性「美輪明宏」として意見しているのか
判断がつきにくいところですが、とにかく女としては大いに合点がいくお言葉でした。


因みにオットは充分にその理論に適う男です。
どんなに前日の仕事が遅くなろうと翌朝決まった時間にきっかりと目を覚まし
炊事以外の家事は殆どこなしてしまう。
休日の朝は、オットのかける掃除機の音で目を覚ます私です。

そんな、シャツのアイロンだって自分でやるようなマメオットにエールを贈ろうと
美輪さんのお言葉を彼に伝え、「男の中の男!」と褒め称えたところ、
鬼の首をとったような表情で奴はこう言いました。



「ってことは逆に言うと、hatoは女の中の女なんだな!(^∀^)」

……。


ええすいませんね。
どうせ寝坊魔の散らかし屋ですよ私は(`з´)。


あの人、まだ60代だったんだ…


EDIT  |  23:20  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.05.08 (Mon)

連休終了

あっ




…という間に連休が終わりました(T∀T)

皆様、今年はどんなGWをお過ごしになりましたでしょうか。
私は今日から通常勤務です~
早くも五月病になりそう…週末まであと4日…

連休中は色々と催し物があって楽しかったのですが
なかなか皆様にお見せできるような文章が頭に降りて来ず
結局全然更新しないままここまで来てしまいました。
スミマセン~

ストーリー構成の神様、カモン!
実は今もまだ、神待ちだったりして…。




昨日の最終日は生憎の天気でしたね。
ヨガに行って、オットが借りてきたドラえもんを観て(未だにブームは続く…)
食料品の買出しに行って終わりました。


~突然ですが、買出しの出掛けでの会話~

私  「連休、終わっちゃうね~」
オット「ちょっと休み中食べ過ぎたよな~」
私  「う…そうだよね…(ちらっと自分の腹を見る)」
オット「今日は胃に優しい夕飯にしようか?」

私  「あ、いいね。何にする?」
オット「何でも良いけど…胃に優しい激辛料理がいいな!(^∀^)」
私  「どんな難問ですかコノヤロー」




そんなこんなで、いつもどおりの日常が始まります。
相変わらず不定期で更新していきますが、
見捨てないでやって下さい~


「胃にやさしいけど激辛」って、なんか哲学的
参加してみました♪

EDIT  |  23:17  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。