02月≪ 2006年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.29 (Wed)

主婦の頭の中

~某日、同僚(既婚)との会話~


「あーもう!!今日は朝からずっとKAT-○UNの曲が頭で回ってるよ!」
「あ、分かる~!結構耳に残るよね」
「そうそう、え~…、何だっけ?歌い出し」
「"ギリギリ"とか言ってなかったっけ?」
「ギリギリに~♪」
「ってイヤちょっと待って?! "ギリギリに"って微妙に違くない?」
「ギリギリを?ギリギリが?」
「あははは!ギリギリがって何よ!何かしちゃうのかよ!(T▽T)」
「じゃあ、ギリギリで、かなぁ」

「あ、そうだよきっと!"ギリギリで"って言ってた気がする!」
「ギリギリで~♪…そのあと何だっけ?」
「……何だっけ?」

………。

「うわ!曲が回ってるのに歌詞が思い出せない!!(´Д`)」
「気になるよ!何だったっけギリギリの後って!」
「思い出せ!何とか思い出せ!」
「ってか、ギリギリの印象が強すぎるんだよ!」

「待って!?だったら印象の強い"ギリギリ"のすぐ後を無理に思い出さなくても」
「フレーズの最後を思い出せば繋がるかも?!」

………。

「"生きる"とかじゃなかった?」
「あ~そうだよそうだよ!生きるとか生きてるとか、そんな感じだったよ!」
「じゃあ、前と後ろを組み合わせてみると…」


「♪ギリギリで生~きてる~♪」


……。
………。


「合ってる…よね?単語的には」
「うん、何か微妙に違う気がするけど多分…」

「ってかさ」


「こんな生活に困窮した歌だったっけ…?」



山下君が好き☆と言える年齢としてはギリギリですか、それともアウトですか



スポンサーサイト
EDIT  |  22:25  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.03.25 (Sat)

鏡で合わせて

20060326003357.jpg


どうもご無沙汰してます。

いよいよ三月も後半に入りまして、決算期のため泣くほど忙しくなり
にっちもさっちもいかなくなってるhatoです(T▽T)。

しばらくブログの更新が遅くなりますがご容赦下さいませ。



今日はそんな中、やっと巡ってきた休日だったわけなのですが
日ごろの鬱憤を晴らすためオットを引き連れて外に繰り出しました。

横浜、みなとみらいを越えて馬車道から元町まで。
かなり遅くまでぶらぶらと歩き回りましたよ~。
足は疲れたけれど、微かに海から吹いてくる潮風の香りが
とても気持ちよかった!
程よくリフレッシュされました~。


20060326004208.jpg



上の写真は元町にあった犬用の水飲み場。
ボタンを押すと水が出てきます。
「ペットバー」と銘打って、元町通りの建物の壁に点在していました。
犬の散歩連れが多い街ならではの施設ですよね。




元町といえば、今日はオットの春物の服を買うため
元町通り沿いのTOMORROW LANDに入りました。
堺マチャアキさんも密かに通っている店舗なのだそうです。
元町のお店らしく、オトナっぽい佇まいの落ち着いた店内。
なるほど芸能人のお客様が通われるのも頷けます。
しかも私はスリムで英国風トラディショナルな男子(ダンスィ~)が大好きなので
ここの清潔感たっぷりな店員さんをお見かけしたり
その中でも引けを取らない細身スタイルを誇るオットを眺めたりして
至上の喜び~を味わったのですた…(*´∀`*)アヘー
(まあ、オットの場合は見かけはアレでも、
中身は腹巻きにステテコのオヤジそのものなんですが)



そんな店内での至福の時間に、そのアクシデントは起こりました。


オットが試着室に引っ込んでいて、
私がぶらぶらとメンズの服を物色していた時のことです。

あるカップルが、店内のトートバッグを物色してるのが目に入りました。
男の子が一つのバッグに目をつけ、かなり気に入った様子で
それを持ってみたり細部をチェックしたりしています。
女の子も「うん、いいよそれ。買っちゃえば?」と彼のチョイスに
賛同している様子。

その様子を見かけた店員さんが、男の子に声をかけました。

「宜しければ、鏡の前で合わせてみてください」



よく言われる言葉です。
要するに、鏡の前でそのブツがどれだけ自分に似合っているかチェックしろと
誘いの言葉をかけるわけですよね。
大抵は服であれば鏡の前で羽織ったり身ごろを合わせてサイズを見ます。
バッグ類の小物であれば手に持ってみたり肩にかけてみたり、
日常で扱う格好をして使用具合を確かめます。


ところが。


その男の子、店員さんに言われて「あ、じゃあ」とおもむろに鏡に向かい
何と、

バッグをべたっと鏡に押し付けたのでした。


固まる女の子。
言葉に詰まる店員さん。
目が点になった私。

そして、中腰で一所懸命バッグを鏡に押し付けながら
「どうスかね?どんなもんスかね?」
と上目遣いで店員さんの返答を伺う男の子。


店員さん「…あの…?」
女の子 「何やってんのよ!」
男の子 「え?だって今鏡に合わせろって…」

……。

女の子 「バカー!!(恥)」
男の子 「え、あ、違う?あれ?!」

何とかフォローに努める店員。
口で笑うも、目が笑ってないまま彼に詰め寄る女の子。
「やべ!オレやっちゃった?!」と真っ赤になって当惑する男の子。
(本気で勘違いしてたみたいです)

そして…ダッシュで店外に飛び出す一人のミソジ女。

すみません。
店先の道路の片隅で背中を丸めて小刻みに震えていたのは私です…。





鏡の前で合わせる。
→鏡に合わせる。

面白すぎ!(T▽T)

いいなあ、一所懸命店員さんのアドバイスに従おうとして
思いがけない勘違いをするところがめちゃくちゃ天然で可愛い。

若者よ。
今日は顔から火が出るほど恥ずかしい失敗をしちゃったけど
まだ若いんだから、色々勘違いや失敗を繰り返しながら、
カッコイイ大人になっていくんだよ~。


と、彼の可愛い失敗の顛末を店の外から伺いながら
いつの間にやら熱く応援していた私だったのでした。









(その間、オットは試着を終えて寂しく妻を探していたそうな…)


オシャレなおばさんのマストアイテムはいつの時代もキタムラバッグ



EDIT  |  23:32  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.03.17 (Fri)

バナナの涙

私  「ねえ」
オット「何?」
私  「"うしろ指さされ組"のメンバーってさ、ゆうゆとあと誰だったっけ?」

………。

オット「何だよやぶから棒に!」
私  「や、何か急に思い出したんだよ!
    思い出したんだけど、思い出せないんだよ!(T□T)誰だっけ?」
オット「ワケわかんねーぞそれ。てか懐かしすぎるから!」
私  「気になりだしたら止まらない~!!(´Д`;)ねえ誰?誰なの?!」
オット「何で俺に聞くの」
私  「あの頃おニャン子クラブを好きじゃない男子がいたか?いやいない」
オット「反語かよ!!」
私  「ね~思い出してよ~、
    まさかうしろ指さされ組を知らないなんてことは無いでしょ?」
オット「知ってるけどさ、ずいぶん前のことだしな…」
私  「……」
オット「……岩井由紀子?」


私  「てかそれが「ゆうゆ」だから!同一人物だから!」
オット「うわあああ!「岩井由紀子」が邪魔して俺も思い出せないぃぃ!」
私  「ホラあれよ!あの人だよ!秋元康さんと結婚した!」
オット「そう結婚した…あの…」

……誰だっけ…??(´Д`;)(´Д`;)


オット「完全にド忘れのループにはまってるな俺ら」
私  「てかさ、大体さ、何で男子のアンタが思い出せないのよ」
オット「えええ!俺のせい?!俺がおニャン子に詳しくないのが悪いの?(゚Д゚;)」
私  「クラスにいたじゃん!会員番号とメンバーを丸暗記してるマニアな子とか!」
オット「俺はそんな奴じゃねぇぇ!」
私  「じゃあおニャン子クラブに全然興味が無かったとでも言うの?」

………。

オット「や、そんな、全く興味無かったってワケじゃ…(゚∀゚;)」
私  「…じゃ、アンタは誰が好きだったの」



オット「え!そんな話?!うしろ指さされ組からそんな話題に!?(゚Д゚;)」
私  「正直に言え!おニャン子で誰が一番イイと思ったの!」
オット「俺の事はいいだろ!問題はゆうゆの相棒が誰かってことだろ!」
私  「そんなの別にもうどうでもいいよ!」
オット「どうでもいいんですか―――!?(゚□゚;)
私  「誰が好きだったの?国生?工藤静香?まさか…新田恵利!」
オット「いやいやいやいや、もうやめようよ、勘弁してよ…」
私  「ちょっとシブめに城ノ内とか」
オット「本題に戻りません?(゚∀゚;)」
私  「正直に言え!」

………。
………………。

オット「…え~、じゃ言うけど…」
私  「うん…誰?」


………。



オット「…山本スーザン久美子」ボソッ


∑( ̄□ ̄;) こ…っ、

このマニアが…!!!

(ちなみにゆうゆの相棒は高井麻巳子)


スーザンは今、会社役員らしい
EDIT  |  22:49  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.03.15 (Wed)

Anybody here?

義姉から聞いた話だが、最近
彼女の長男―つまり私達の甥っ子が不思議な行動をとるようになったらしい。

どういう訳か、一見何も無い壁や天井をじいっと見つめて
何やらニヤニヤと笑っているそうなのだ。
「そこに何かいるの?」と義姉が聞いても、甥っ子はただニコニコしているか
あるいは「分かんない」と首を横に振るだけ。

それだけでも大人としては不可解極まりない現象なのだが
こんなものはまだ序の口で、先日に至ってはこんなことがあったそうだ。


それは早朝のこと。
義姉は、横で寝ていた自分の息子の寝言で目が覚めた。
「しゃんしゃい(3歳)です!」とハキハキと自己紹介をする彼の声に
一体どんな夢を見ているんだろう――と母親の好奇心で息子の顔を覗いてみると

何と彼は、しっかりと目を開けていたのだと言う。

しかも布団をかぶり横たわった体勢のままじいっと天井の一点を見つめている。
(…起きてた?さっきからずっと?寝言じゃなかった?)
まるで義姉が目覚める前から天井に向かってずっと喋っていたような様子。
誰かに話しかけられて、それに受け答えするかのように。

「ねえ、どうしたの?誰としゃべってるの?」
義姉がそう聞いても、甥っ子はにへへと楽しそうに笑うだけだったそうだ。

これには流石の私も不思議を通り越して背筋が寒くなってしまった。



そう言えば同じ年頃の娘を持つ友達もそんな事を言ってた気がする。
彼女の娘も、誰もいない場所を指差して「あそこにおじさんがいる」とか
「昨夜ママの部屋にいた人誰?」などと急に言い出すらしい。
(↑勿論オトナのオチは無しで)


子供には、まだ残っているのかもしれない。
大人たちがとっくに忘れてしまった感覚が。

それは携帯の電波を受信するアンテナのようなもので、
生まれた当時はアンテナが3本しっかり立っていたのに
年をとるごとに2本となり、1本しかなくなり、果てには圏外となって
しまいには何も感じられなくなる。視えなくなる。
勿論私が書いた過去の記事のように、大人になってから何かの拍子で
ふっとアンテナが一瞬だけ1本立つこともあるが
きっとそんなものは子供のバリ3(死語)状態の比にもならないのではないか。



子供達だけが持つ感覚を通して見ることが出来る「何か」。
敵意を持たず、害を成すわけでもなく、
また同時に存在意義も持たない、ただそこに「あるだけ」の存在。
そんな原始的なものに触れられるのは子供達だけで
とかく正体を何かと定義せずにはいられない大人たちが見られないのも
道理なのかも知れない。



…と思うことにはしているのですが。

頼む甥っ子よ。
お願いだから、私の後ろを見ながら不審な顔をしたり
ニコニコ笑うのだけはやめてくれ~~!!(ToT)やっぱりコワイ

「三歳です!」を何故か「しゃんしゃいです!」と読んでしまう


EDIT  |  22:51  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.14 (Tue)

オイルショック・ジェネレーションズ

~とある同学年夫婦の会話~

妻  「わ!南極物語ってハリウッドでリメイクされるんだ!」
オット「懐かしいな~」
妻  「私達、当時いくつだっけ?9歳?」
オット「ん~まあ、そのくらい?」
妻  「ずいぶん昔だよね…観たことある?あの頃の「南極物語」」
オット「ほとんど記憶に無いけど…映画館に行った覚えはあるから観たんだろうな」
妻  「サブタイトルが"タロ・ジロは生きていた"とかでさ」
オット「あ!そうだそうだった!タロとジロだった!」
妻  「思い出してきた?」
オット「思い出してきた!結局生きてたのは2匹でさ~」
妻  「あの再会の時の音楽は泣けるよね!」
オット「人間で出演したのが高倉健だったっけ?」
妻  「そうそう!健さん!」
オット「あと武田鉄矢も出てたよな!」

妻  「・・・あ、あれ?そうだっけ?そうかな?いたかな?」
オット「そうだったろ!でさ、赤いきつね緑のたぬきとか食べちゃってさ」

……。


オットよ。何か大きな記憶違いをしていないか?

(とは言え私も同い年だから
あの頃の記憶はそれほど鮮明ではなくて
ともすればホントに映画で健さんが
赤いきつねを食べてたような気もしなくもないのだけれど)


通りがかった店に大型犬がいたので近づいたら…置物だった

EDIT  |  22:24  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.13 (Mon)

ほとんど空耳アワー

友人の3歳になるお嬢さんが
英語教育のDVDを見ながらめきめきと英語力を身につけていると聞き
外国語は文法からじゃなく、体で覚えるべきなのか?と思った私。

確かに無心のまま耳で聞いて、
それから意味を追いかける方が発音も文法も自然に吸収できるかも。
子供はそうして言葉を覚えていくんだもんね。


そんな(どんな)訳で、昨日試してみました。
「輪舞曲」を見ながら韓国語をそのままアタマに入れてみたんです。
とにかく無心になって、韓国語を聞いて聞いて聞いて、流れから意味を掴む!
発声が日本語に近い気がするから、意外に早く覚えられるかも?!

…と思ったのですが。


「マエダちゃんがちょっと遅れてチョウダイ」
「ハムよりサラミよ~」
「妻には妻子がいるンダ」



…。
……。

だめだ!(T▽T)無心どころか、大人の邪念だらけ!
どうしても日本語に変換しちゃうから
ますます訳分かんなくなってるよ!!(妻に妻子って…)


やっぱり、大人は大人の方法で語学を習得するしかなさそうです…。

韓国の男性はズボンのポケットに手を入れて肩をいからせて歩く。…哀川翔?

EDIT  |  22:24  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.03.10 (Fri)

心音を聴け!そして踊れ!

Dove.jpg



先日、会社の同僚から台湾土産のチョコを頂きました。
台湾にしか売ってない限定のチョコだそうで、
ありがたく受け取ったのですが…味はわりと普通でした。

どこに限定である意味が?
って言うか、わざわざ台湾から上陸した割には
全然外国のお菓子っぽくないんですが。(失礼)

と不思議に思いながらふと包み紙の裏を見ると
何と一個一個違うメッセージが書かれていました。

ああそうか!これフォーチュンクッキーならぬ
フォーチュンチョコなんだね!∑(゚∀゚)

なるほど~。
どれどれ、私がもらったチョコには何て書いてあるのかな?

とそのメッセージを読んでみると…。



「Listen to your heartbeat and dance!!」


…。
………。


どないせーっちゅーんじゃ!!∑( ̄□ ̄;)
(やっぱり大吉とかアタリとかの方がいい)

不整脈なので踊れない


EDIT  |  22:17  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.03.09 (Thu)

タイムマシンにお願い

我が家では、最近あることがブームになっています。
その「あること」とは…

「ドラえもん(劇場版)」DVDを古い順に片っ端から見ること(笑)

それはオットがいきなり「”のび太の恐竜”が見たい」と言い出したことから始まりました。
有言実行(?)がモットーのO型オットは直ちにDVDをレンタルし、
コンビニでありったけのお菓子を買い、「茶を淹れて!」と私に命令し、
全ての用意を整えてテレビの前に陣取り、私を隣に座らせる。

そして見ましたよ。オットと一緒に「のび太の恐竜」を。
「イイ歳して何を今更…」とか思いながらもね。


ところが、実際最後まで見てみると。
………。


――良かったんですこれが!!(T□T)(T□T)号泣

いやあ、このトシでドラえもんに感動するとは思いませんでした。
かつて見た事のあるはずの映画でしたが、二人とも流石に内容を覚えておらず
懐かしさと新鮮さがないまぜになった大感動が押し寄せたんです。
まるで大人のまま子供時代に戻ったような感覚でした。

それから毎週末に一枚ずつ、ドラえもんのDVDを借りることにしています(笑)。
ドラえもんて結構、ストーリーがしっかりしてて面白かったんですね。
起承転結、ヤマ場、見せ場、笑いどころ、泣きどころ、そしてオチ(これが大事!)の
全ての要素が詰まっていて、ある意味計算し尽くされてる。
子供向けとは言え「魅きつける」ストーリーに夢中になりました。


そんな私達が現在上映中の「のび太の恐竜2006」を無視できるはずがありません。
予告編の、かなりレベルアップした映像にびっくりしました。

私  「すごいねえ最近のドラえもんは!(゚□゚)」
オット「相当やべえなこれは!(゚□゚)」

ちょっと惹かれるね。どうする、見に行っちゃう??
という私の問いに

オット「バカ、いくら何でもこのトシでアニメ見に行くのはマズイだろ!( ̄▽ ̄;)」

と答えるオット。

まあ、そうだよね…とこの話はそこで終わるつもりだったのですが
ぽそりと後ろでつぶやく声が聞こえました。

オット「ま、まあ…レイトショーでなら見てもいいかもな?( ゚ε゚ )」




オットよ。
多分ドラえもんは、そんな大人な時間にはやってないと思うぞ?

のび太のママの旧姓は片岡




EDIT  |  12:33  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.08 (Wed)

引っ越しました

ヤプログから引っ越して参りました。

過去の記事はまだヤプログに放置していますが、
いずれこちらに移動させるか、どこか別の場所に保存する予定です。

過去の記事はこちら↓

http://yaplog.jp/admerateaux13e/


初めての方も、そうでない方もどうぞこれからよろしくお願いします。
EDIT  |  15:33  |   |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。