04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.20 (Mon)

ロミジュリ爆弾

我が家族は現在、義父所有のマンションの一室を借りて暮らしています。
とりあえず今に限ってそうしている状態で、家賃は普通の店子として支払い、
時期が来たら家を買うなりして独立する予定です。

オットの兄は長男として、義父母と同じ最上階の大きな部屋を宛がわれ、
そこでずっと暮らす予定です。
オットの弟は三男なので、次男(オット)の隣の部屋を与えられ
私達と同じく期間限定で夫婦で暮らしています。
最近結婚したオットの妹は、同じマンションには住んでいませんが
歩いて3分ほどの「義父マンション2」にて新婚生活をスタートさせ、
結婚後も、駅から自宅までの途中にある私達のマンションによく遊びに来ます。
ちなみに「義父マンション」は私が認識してるだけでもあと5つくらいある。。

何と言いますか、ツッコミ所はたくさんあった気がするけれど
7年もそういう生活を続けているうちに慣れてしまった次男嫁の私。
ま、でも、総じて仲のいい家族だということは分かって頂けると思います。
義父も義母も本当にいい人。
彼らなくして、私のワーキングマザー生活は成り立たないと言っても過言ではありません。
兄弟仲も、3人の嫁+義妹仲も最高にいい関係です。
実際、子育てに困ったときはいつも先輩ママの義姉に色々相談させてもらってます。

前にもちょっとだけ話題にしましたが(そして真偽のほどは確かではありませんが)
遥か昔に千葉から神奈川にやってきた里見家家臣の一派である我が嫁先の一族。
南総里見八犬伝では玉として生まれ、やがて姓に「犬」の字がつく人間になって
主君の恨みを晴らした彼らですが
実際のモデルは素直に負け戦を受け入れ、アクアラインを抜け船に乗って
別転地である今の神奈川県に赴き、そこに深く根を下ろして今に至っています。
古い家柄だからなのか、考え方が良い意味で古風で
家族や子供たちを何よりも大事にする穏やかで優しい家風にいつも癒される。
嫁としてどうかと思うのですが、義父母のお膝元に住んでいながら
かなりリラックスした生活を送っております。





そんなある日のこと。

義父母の家に遊びに行き、ぱくと共にくつろいでいたところ
義母がやけにウキウキした表情でこんな話をし始めました。

「少し前にね、裏の家の奥さんとちょっと話をしてたんだけどね~v」





嬉しそうな義母の話をまとめると、こんな感じになります。

裏の家の奥様は、毎朝決まった時間に家の前を掃除する習慣があるらしく
このところ毎日、うちのマンションから素敵なお父様が出かけるのを見かけるのだそうな。
スラリとしたスーツ姿で、ベビーカーに可愛い子供を乗せて出勤する若くて素敵なお父様。
同時刻にマンションから出てくるのを良く見かけるので、いつも気になっていたのだそうです。
ただ、たまにその親子が雨の日には大家さん(=義父)の車に乗って出かけていくので
大家さんとどんな関係の方なのかしら?と不思議に思っていたのだとか。


…とここまで書けば、聡い読者様には次の展開がすぐに読めたと思います。


そう。
裏の奥様が見かけていた父子は、オットとぱくだったのです。
雨の日は義父に車を出してもらい、保育園に直行しているので間違いありません。
義母は、自分の息子が「素敵」と言われてかなり機嫌が良い様子でした。
(素敵かどうかは遠目ということでアレですが、とりあえず痩せてはいるので
そういうことにしておいてください)
「私ピンと来たから、裏の奥さんに『それ、私の息子よ』って言ったの~vv」
とまあ、まるで少女のように紅潮した顔で私に話して下さったのですよ。

まあね~。
そりゃあやっぱり母として嬉しいと思います。
息子が素敵~と褒められて、有頂天にならない母親はおりません。
「実はそれ…私の息子なの~vv」
と申告するのもまたナイスなシチュエーションです。





で。
そんな素敵なダンナサマを持った奥様である私も
さぞ上機嫌だろうと思われそうですが、実際はそうでもなく。


…いや、それどころか背中を冷や汗で濡らしながら固まっておりました。





…ヤバイ…(´▽`;)



見られていたとは知らなんだ。
しかも雨の日チェックまでされているということは、相当の頻度で観察されてる。
それこそ、毎朝というのが大げさな表現でないくらい。




てことは、つい先日のあのこともきっと目撃されていたに違いない。

スポンサーサイト
EDIT  |  20:10  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.10.01 (Wed)

トトロ三昧

久しぶりの更新です。

私が在籍している会社は、四半期毎に決算をしています。
アメリカの会社だからかどうかは知りませんが、第一期が10月~12月になり
最後の第四期が翌年の7月~9月となっていまして
今回は年度最後の期末でもあって、ちょっとばたばたしておりました。

と、言うわけで10月に入った今はもう2009年の第一期。
あと3ヶ月もあるのに、2009年度になるのです。
世間はまだ年末の雰囲気でもないのに、我々の心はもう来年。
何だか年度の前倒しのせいか、1年がやったら早く感じます。
日本だったら、2009年の4月が一般的な第一期となるのにね。



さて、ちょっとだけ月日を経た我が息子は現在1歳8ヶ月。
ちょ~生意気なお年頃となってまいりました。

激しい自己主張。
壮絶な好き嫌い。
異様なこだわり。


これらの欲求が満たされないと、すぐにわめきだします。
そう、わめくんです。
体を反り返らせて、しまいには床に横たわり
わめきながら前後左右にのたうちまわる。
…何がそんなに気に入らないんだ!と毎回困り果ててます。

何が気に入らないのか、簡単に分かることもあれば
なかなか意思が伝わらなくて双方共にストレスになったことも。

こないだなんてねー。

梨をむいて与えたら、急にひっくりかえって大わめきでしたよ。
10分くらいわあわあ泣いて、それでも全然機嫌が直らなくて
一体どうしたんだよ~(汗)と周囲も困惑状態に。


・・・で、結局何がいけなかったというと、
私がぱくの梨を細かく切って、フォークで差して与えたのがいけなかったらしく
大人用の一切れを手でつかませたらす~ぐに機嫌を直して
何事も無かったようにしゃりしゃりと梨に噛み付いて食ってました。


って、
そこー?!(((゚Д゚;)))


全然分からなかったよ、てか分かるかー!!(`Д´;)




ああ…
これが魔の二歳児への入り口なんですね…。

自分の欲求のまま、感情をむき出しに暴れまわる怪獣。
それを受け止め、時にはいなしながら子育てをする日々が始まるんです。
当時を振り返る先輩ママが、こんなことを言ってました。
「とにかく忍耐だよね…」


さあ、親としての、最初にして強大な難関が幕をあけます!
頑張るぞ!!




…。
…とは言え。




相変わらず笑顔は悶えるほどに可愛いし、
最近は脱いだ服を自分で洗濯カゴにいれてくれる姿など
人間らしい成長の様子も見受けられ
やっぱり、やっぱり我が子が可愛くて仕方が無い私とオットではあるんですけどね。

私達らしく、難関ですら楽しんじゃうような気持ちでこれからも頑張ろうと思います。










ところで。

先月の記事で、ぱくがトトロのDVDを見て大泣きした、と書きましたが
あれから徐々に打ち解けられるようになりまして(笑)
今じゃもう、トトロの大ファン。

毎日、保育園から帰ってくると「トトロ!トトロ!」とトトロのDVDをせがみます。
保育園のお散歩で先生が「散歩」を歌い始めると、
トトロの歌だ!と分かるらしく、もうノリノリで口ずさむのだそうです。
こないだの休日には、昼寝中にトトロの夢を見たらしく
寝起きの状態でトトロ?トトロ?と目で探すも、いないことが分かって
「トトロぉ~・・・」とえぐえぐ泣いてました。

可愛いのう~~~(*´∀`*)(*´∀`*)






と、二人で目を細めて見守っていた私たちなのですが。



最近、あまりにもトトロのDVDを見る頻度が高くなりまして。
朝も夜も、そして休日のテレビをつけている時間までもが総じてトトロタイムに。


・・・。
・・・あの~

坊ちゃま?



私達、たまにはニュースとかドラマとかバラエティなんかも見たいんですが
ちょっとリモコン、渡してくれませんかね・・・(TДT;)(TДT;)??





「やっ」

夢中でトトロを見ていると思いきや、恐るべき視野と機敏さでリモコンを制する息子。

このままでは私達、トトロの台詞を丸暗記するハメになりそうです・・・。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
EDIT  |  20:24  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.06.16 (Mon)

大失敗

やっちまいました。

仕事と子育て、何とか両立してきた私ですが
最近繁忙期に差し掛かっていたこともあり、うっかりミスをしてしまいました。


と言うのも先週の金曜、
保育園から息子の蟯虫(ぎょうちゅう)検査のお知らせと検査キットをいただきまして。
そのお知らせプリントによると、14日、15日と2日かけて使用したのち
本日6/16に提出しなければならなかったのですが
プリントをちゃんと読んだのが15日の深夜だったのです…。


覚えている方もいらっしゃるかと思うのですが
蟯虫検査は毎朝一番に行うもの。
普段腸内に潜み、夜中から朝にかけて肛門に這い出てくる蟯虫の習性を利用し
朝、検査キットのブルーシールに自分のお尻の穴を押し当てて採取します。
(汚い話ですみません)

つまり、15日の夜ではもう完全に時既に遅しだったのですよ。
2日連続なのに、いっちにちもやってなかった。


…どうしよう…
金曜日にちょっと疲れていて、プリント読むのを後回しにしたのがマズかった。
そのままだらだらと休日が過ぎて、
改めて夜に保育園の準備がてら確認したらこんなことに。
てか昔は検査キットって、提出日の一週間~3,4日前くらいに配られなかった?
時間に余裕を持って渡されて、満を持して当日に実行するのがセオリーだったような。
まさか事前連絡も無しに配られて、「翌日から使え」と言われるとは思わなかったよ…。



まあ、過ぎたものをあれこれ言っても仕方ないのでね。
16日の朝に一日分だけ採取して、提出した訳です。
我が息子のブツの検査員となる者は、やけにみずみずしきモノをみるだろう。
(ナウシカのクシャナ風に)


管理が行き届かなくてごめんね、息子。
これからはどんなに仕事が大変でも、
ちゃんと連絡帳その他には当日に目を通すようにします。







ところで。
2日分必要なところを1日分しか採取できなかった検査キットを
連絡帳にはさみながら、自己嫌悪で消沈していた私。
それを見ていたオットが気を使ってか、残りの1日分に対して
こんな申し出をしてきました。


「オレの尻を使っちゃ…ダメかな…(*゚∀゚*)?」




いやいやいや。
何か照れ臭そーに可愛く言ってますけど
全然可愛くないですから。
ただのキモイおっさんですから。
てか、最近シモの話題ばっかりですけど。。。大丈夫か?オットよ。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  20:31  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.26 (Mon)

知らないほうが幸せなオチもある

先日、息子の熱が少し高めだったので保育園をお休みした日の朝のこと。



「今日は一人で出勤か~・・(T∀T)」
いつも息子を登園させているオットが玄関先で寂しそうに呟き
「じゃ、行って来るよ」
と、ぽんと息子の頭に手をやり、おもむろにドアを開けて
いざ出発すべく一人で出かけてしまったのですが…。

それを玄関で見届けた息子が「やーん」と切ない声をあげ
慌てて後を追うように走りだしたのです。
そして玄関先に座り込み、何とかパパを追いかけようと
自分の靴をひっつかみ、出来もしないのにそれを履こうと奮闘していました。
(靴を履かねば外に出られないことは最近認識したようです)


パパ、今日は保育園に行かないの?!
何で!一緒に行こうよ!
ぼくも行くから!待ってよ~!!



小さな体をもっと小さく丸めて、「んしょ、んしょ」と靴を自分の足にはめようとしてる。
それが背中越しにも本当に一所懸命なのが分かって、ちょっと切なくなりました。



今日は君はお熱があるから保育園はお休みなの。
パパはね、もう会社に出かけちゃったんだよ。
だから今から行っても追いつかないよ。


と背中に語りかけても、当然ながら理解できていないようで
とにかくパパと一緒に出かけようと熱心に靴を履こうと頑張っていた息子。


そのうち自分で履くのを諦めたのか、
靴を片方ずつ両手に持って私のところに来たと思ったら
「あい!」
とその靴を私に差し出したのです。

「ママ、ぼくの靴を履かせて!ぼくパパを追いかけるの!」
と言っているのは明らかで、まっすぐ大きな目で私に懇願していました。



…よかったね、オット。
私が妊娠中、何度もお腹に耳をあてて我が子の誕生を心待ちにしていたオット。
慣れないながらも、誕生後はオムツ換えやミルクに奮闘し始めたオット。
それなのに、つい最近まで息子は私にべったりで、
父として寂しい思いを何度してきたか知れません。

それがここ最近、息子はやっとパパの存在を受け容れ始めたようで
一緒に遊んだり、時にはこんな風にいなくなると寂しがるようになってきたのです。

以前、どなたか男性が「子供は1歳ごろから可愛くなるんですよね~」と言っていましたが
なるほど父親にとってはこれからどんどん楽しくなる時期なんですね。



その日オットの帰宅後にこの出来事を話して聞かせると
彼は案の定、本当にほんとうにほんっとうに感激していて
何度も何度も既に就寝している息子の顔を覗き込んでいました。


いつも帰りが遅く、平日はなかなか子供と一緒の時間が取れないパパ。
会社でたくさん働いて、きっと心も体もへとへとなんだろうけれど
きっと我が子のこんな話を聞いたらまた元気になっちゃうよね。

大好きな息子の笑顔を思い浮かべながら、これからもお仕事頑張ってね。





…。









……と、いう締めにしたかったので、オットには黙っておこう。




>そのうち自分で履くのを諦めたのか、
>靴を一つずつ両手に持って私のところに来たと思ったら
>「あい!」
>とその靴を私に差し出したのです。



この直後に、最近新しく買った絵本を目端に捉えた息子が
パパを追いかけようとしていた気持ちをものの一瞬で消し飛ばし、
自分の靴をその場に放り出して、

その絵本に一心不乱に突進していったという事実があったことは、


永遠の秘密にしておかねば。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  20:12  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.05.18 (Sun)

Then ... who're you actually?

会社の近くにある子供向け英会話教室。

そこから出てくる子供達はいつも楽しそうに、
楽しくお勉強をした成果を母親に披露しております。


先日はこんな「母娘のやりとり」を耳にしました。




娘「ママ!ママ!私ね、英語できるようになったよ!」

母「すごいわね~!じゃちょっと喋ってみて?」

どうやら先生は外国人の様子だったので
子供ながらにすんごい流暢な発音なんだろうかとか、
どんな言葉が出てくるんだろうかとか、ちょっと興味がわき
失礼ながら聞き耳を立てていたのですが。


娘「えーっとね…  I'm ジョージ!」



・・・。

私はジョージです!?∑( ̄□ ̄;)



娘「それとね!I'm フレッド!」

「I'm トム!」

「I'm スチーブ(Steve?)!」

「アイム…」

「…」





多分この先一生、それらの言葉を使うことは無いと思いますぜお嬢さん。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします



EDIT  |  00:07  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。