05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

プチ・ナニコレ珍百景☆

『子供が使用できない自販機』








自販機

(近所にて撮影)






弟「にーちゃん、おれコーラ飲みたい」

兄「…がっ∑( ̄Д ̄;)!だ、だめだ!」

弟「え~なんで~(`з´)」

兄「だめって言ったらだめなんだよ!お茶にしろ!」

弟「おちゃ~?!」

兄「子供はコーラなんて飲むもんじゃねーんだよ!お茶で十分!」

弟「…わかったよ~」








…。










………………。









弟「に~ちゃん、おれノドかわいたよ~」



(く…っ、お金、入らな…!)

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
スポンサーサイト
EDIT  |  22:00  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.05.14 (Wed)

カウント違い

最近雨や曇天が多いこの頃ですが、着実に暖かい気候に変化しつつあります。
暖かい日の保育園での息子は今や半袖。
それでも園内は子供の体温と活動熱でムンムンだそうです。
汗だくで世話をする先生たちも半袖。
明らかに保護者よりもずっと若い先生方(大半が20代)の
溌剌とした二の腕がまぶしいです。いつもありがとうございます。


そんな陽気が増え始めるると、私はいつも当日着る服について
こんな基準で判断しています。

「今日は暖かいね。1枚でもいいくらい」
「ちょっと肌寒いな~。2枚にしとこうかな」

1枚や2枚。何のことだか分かりますか?
これは「重ね着の枚数」の事。
1枚だと素肌にTシャツだけを着たりすることで、
2枚はTシャツやカットソーの下に肌着を着用してること
あるいは素肌+1枚に何か羽織った状態のこと等を差す訳です。

この基準、普通に母が昔から言っていたもので
私もそれに倣って同じように使っていたのですが。



先日オットがいきなり「その言い方は間違っている!」と言い出したのです。





オット「2枚とか3枚とか、全然間違ってるだろ!」
私 「どうして?重ね着の数としては矛盾は無いはずだけど?」
オット「そりゃ、確かに数は合ってるよ …上はな!」

は?上?

オット「要は、服の枚数を何故上半身だけで判断してんだってこった。
    下半身だって着用してるだろう?ズボンとか」
私 「はぁぁぁぁ~?何それ?上だけで充分でしょ」
オット「いや違う!それじゃあ下は何も履いてないみたいだろーが!
    オマエはディズニーのプーさんか?ペラいベスト1枚のプルートか?」
私 「じゃなに、今日はTシャツ1枚とジーンズ一本でいいね!とか言うわけ?」
オット「そんな感じだ」
私 「アホか!普通はジーンズ履いたらそれだけでしょーが!皆下は1枚だよ!」
オット「最近の女子はスカートの下にモモヒキ履いてんぞ。黒とかグレーとか」
私 「あれはモモヒキじゃねー!!(゚Д゚;)
   ファッション!気候に合わせて履くもんじゃないから!」

…。
……。

オット「…分かったよ。じゃあ百歩譲って下はカウントしないことにしよう」
私 (百歩譲って?)
オット「しかし上にしたって女子は枚数が違うぞ!今オマエは3枚着ている!」
私 「は?…これはどー見たって2枚でしょ~が」
オット「違う3枚だ!いいか!カーディガン!シャツ!そしてブラジ」
私 「セクハラはやめてください


…まあ、こんな感じのやりとりがあった訳で。
暖かくなってこの夫婦、アタマが腐ってきてるようでございます。。。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  19:48  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.08 (Thu)

シャープにこたえて!

司会者「さーあ!今週の『クイズ☆なるほどthe世界』の優勝者は…

     hatoさんに決定です~!!

hato 「…!」(口に両手をあてて感激のポーズ)

司会者「hatoさんには豪華世界一周旅行のへの挑戦権が与えられます。
     この問題に正解すれば、世界はあなたのものです!」

(観客の拍手と盛り上がる音楽)

司会者「hatoさん、準備はいいですか?!」

hato 「はい!いつでもどーぞ!」

司会者「では問題です。
     『日本では、コンビニでトイレを借りるときに
     気を使ってガムなどを買うそぶりをしながら、何気なく店員さんに申し出ますが
     では中国のコンビニで用を足すときには…
     一体どんな「暗黙ルール」があるでしょうか!?』


(しーんとする場内)

(息を飲む観客)

…。
……。



hato 「…やっぱりガムを買いつつ店員に訊ねる?」

ブッブー

司会者「残念!不正解です!」

hato 「じゃあ、思い切ってダイレクトに『トイレ行きます!』と宣言する!?」

ブッブー

司会者「これもハズレです」

hato 「『財布を忘れたからトイレだけ貸せ』とか?」

ブッブー

司会者「これもダメ!」

hato 「『手紙を出したいんだけどついでにトイレ貸して』?」

ブッブー

hato 「『手を上げて大人しくしろ!黙ってトイレを貸せ!』?」

ブッブー

…。

hato 「ああーもう降参だからいい加減答え教えてよ!(`Д´)

ブッブー

ブッブー

ブッブー

ブッブー…











…という夢を見ながら目覚めました。

隣の部屋の机の上に置いておいた私の携帯電話が
「ブッブー」とけたたましく目覚ましバイブの振動をかき鳴らしていたのが
めちゃくちゃ耳障りな朝でございました…。
ええ、古い機種なものでかなり下品に振動する携帯なんでございますのよ。


ちなみに、クイズの問題は夢の内容と全く一緒なのですが
なにゆえ中国?
てかそれよりも何でコンビニでトイレ?
なんでインターナショナルに切羽詰まってんの?

どうしてこんな問題になったのか自分でもまるで想像がつきません。
「日本ではガムを買う」とか、それはいわゆる私の常套手段ですから。
(でも大体みんなそうだよね?…え、ちがうの?)


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  19:37  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.06 (Tue)

ミスターパーフェクト

ネーミングセンスという点で、
ドラえもんの「出来杉君」の上に立つものはいないと思っている。

品行方正、頭脳明晰、スポーツ万能の優等生。ついでにイケメン。
しずかちゃんの絶対的な信頼を受け、
「ご学友」として放課後を共に過ごす事が多い。
小学生らしからぬ知識人で、ストーリーの注釈説明役としても出ずっぱりな存在だ。
子供じみた「のび太いじめ」にも決して参加する事は無い温厚で大人な性格。
(その代わり、いじめを止めさせることも無いけど・・・)

完璧な男。パーフェクトな人間。
それが出来杉。あまりにも出来た小学生。

しかし。

決して「出来る君」とはせず、「出来杉君」にしたところに
絶妙すぎるセンスを感じずにはいられない。

完璧であるがゆえに、あまり印象に残らないことも事実。
無難すぎてキャラが薄いので、映画には殆ど出演したことがない。
(そう言えば、彼の下の名前って何だっけ…)


出来すぎた能力ゆえの悲劇。
そのトラジディーを一身に背負う男、それが出来杉君だ。


そう。

人間は、完璧な相手ほど非個性な印象を持ち、心に留めないものなのだ。





話は変わって、私がうら若き大学生の頃。
当時の自分は、最近出来た彼氏について似たような印象を持っていた。


…完璧すぎる…

温厚な性格。小さい顔。贅肉の無い体。長い手足。
大学生なのに毎晩勉強してるという勤勉さ。(あれ、何か間違ってる?)
そして何より、日本人男性にしては珍しいパーフェクトな二重瞼を持ち合わせた男。
その二重は濃すぎず薄すぎず絶妙に美しい形状をしていて、間近で見ながら私は
「うっわ、スゴ…」
としぱしぱと忙しなく折りたたまれる瞼に釘付けだったのを覚えている。

そんな男と付き合っているうちに、やはり何となく据わりが悪くなってきた私。
言い方は悪いが、どうも人間臭くない彼氏に違和感を覚えつつ
しかし相変わらずその「絵に描きたくなるような二重」にポーっとしながら
何となく付き合い続けたのだが。

(やっぱりそろそろ親近感とか、そういうのが欲しいよね…)

暫く経った頃だろうか。
相手の見栄えに無欲に心酔している時期を通り越し、
もう少し精神的な安らぎのようなものを求め始めようとしていた頃。



同じ部活の仲間同士でカラオケに行く機会があった。

その彼氏とは部活が一緒。当然私も彼も同時参加だ。
部活仲間がワイワイと各々で飲み物を選んだり歌う曲を選んでエントリーする中
(そういえばカラオケって初めてかも)
と、気を使って離れて座った彼氏をチラ見しながらそんな事を思う私。

デートでもカラオケに行く機会が無く、当然歌うところなど見た事が無かったので
彼が何を歌うのかちょっとワクワクした。
(めっちゃマイナーな曲だったりしたら新しい発見だよね)
なあんて事を思いながら、彼氏の動向を見守っていると
ついと顔を上げて、彼はエントリーキーをいじりながらこう言ったのである。

「オレ、フクヤマ歌う~」

ふ…

フクヤマだと?!∑( ̄□ ̄;)

何だよそれ。やっぱ完璧じゃん。
イイオトコの歌なんか選曲しやがって。非の打ちどころがないじゃないか。


正直、彼の意外な面を見たいと願っていた自分としてはかなり拍子抜けだった。
(あ~あ、ちょっと期待してたのにな)
でもまあ、それが彼の個性なのであればいたしかたない。
どれ、出遅れちゃったけど私も何か歌うか…。

と溜息を漏らしつつ気を取り直してカラオケに専念しようと曲を選ぼうとした、その矢先。



彼の、渾身の歌声が、フクヤマの歌が、カラオケボックス内に響き渡った。


…。
……。



キター!!(T∀T)
意外性、どんと来た!!
(すんごい音痴)
















…お察しのことかと思いますが、それが今のオットです。
あれから十数年、ほどなく彼のアホな面はこれでもかって程見つかりまくり
今となっては「あの頃何であんなに神聖視してたのか?」と不思議でなりません。

そんなオットの二重瞼を更に120%完成させた感ばりばりの息子ですが
彼にもそんなアホな部分が眠っているかと思うと、今からとても心配楽しみな私です…。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  16:06  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.12 (Wed)

よろしうない

師走も半ばに差し掛かり、非常に忙しい日々を過ごしています。
年末だから普通に仕事も立て込んでるし、
着々と怪獣の道を歩んでいる血気盛んなベビもいるし、
オットが風邪ひいた上に来週から海外出張で、長いこと男手が無い生活が続いてるし、
常に慌しくて、日々の日常にネタを見出す余裕もないし、
何よりPCがある部屋が寒くて寒くてなかなか更新ができません。

いや~寒いよ今年は。ホントに寒い。
去年の今頃は産休を取ってたので、昼間ヒマな時に(そして比較的暖かい時間に)
PCをいじれたんですが、今年はそうもいかないですからね。
(まあでも…引きこもりだった当時は何よりネタに窮してましたが)
頑張って真夜中に悴む手をこすりながら、時々PCを立ち上げる今日この頃です。



ところで今日は仕事中非常に重宝している、とあるツールをご紹介。

http://translation.infoseek.co.jp/

この英語翻訳サイト、左に日本文もしくは英文を貼り付けて翻訳ボタンを押すだけで
あ~ら不思議、瞬時にして英訳/和訳してしまうスグレモノなのです。
いちいち英文読んで理解して…なんてやってられない多忙な年の瀬ですが
これさえあれば、自動和訳であっという間に内容把握!
更に自動英訳であっという間に先方へ返信!
さくさく業務が進められて、便利ったらありゃしません。


例えば、これは私宛にUS本社から届いた仕事のメールなのですが。

Hi, hato

These errors are because the consultant used the product "Overhead" on a billable task.

There are two options.
1. I can change the product in the interface table if you send to me the correct product.
2. The consultant can revise their timecard in the system and resubmit.

Let me know.
Regards,
Roger
(業務的且つシステム名なども曖昧にしているので、皆様には馴染みづらい文章ですが
内容はさらっと流して下さい。)



大体こんな感じで翻訳されます。


やあ、hato

これらのエラーは、コンサルタントが支払い請求可能な仕事に関して
「頭上で」製品を使用したからです。

2つのオプションがあります。
1.あなたが私に正しい製品を送るならば、
私はインターフェーステーブルで製品を変えることができます。
2.コンサルタントはシステムで彼らの時刻表を修正することができます、
そして、再提出してください。

知らせてください。
よろしく、ロジャー



…もちろん、機械が訳したので日本語として??な部分が多々ありますが
文法をしっかり守って正確に変換してくれるので、大体の意味は分かります。
ちくちく英文を追っていくより、一瞬のコピペで仕事が進むのなら
例え自分の英語力を鈍化させる結果になったとしても
このツール、手放すわけにはいかない訳です。

さあ、これで年末の仕事もさくさく済ませるぞ(゚∀゚)!!


…。










…と意気込んで着々と業務をこなしていたある日のこと。





この翻訳サイトに「関西弁」のチェックボックスがあることに気づきました。


ええ、これ関西弁でも翻訳してくれるの!?∑(゚◇゚)
何のために?!なんて聞くのは野暮で
これはもう面白いからとにかくやったろうじゃないの!


…と忙しいのに好奇心の虫を抑えられず、
チェックボックスにマークを入れて翻訳ボタンをクリック。
するとこんな文章になって出てきました。



やあ、hato

これらのエラーは、コンサルタントが支払い請求可能な仕事に関して
「頭上で」製品を使用したからや。

2つのオプションがあるんや。
1.あんはんがわいに正しい製品を送るならば、
わいはインターフェーステーブルで製品を変えることができまんねん。
2.コンサルタントはシステムで彼らの時刻表を修正するねんことができまんねん、
ほんで、再提出してくれまっか。

知らせておくんなはれ。
よろしう、ロジャー



…。
………あの~(゚Д゚)…



よく「関西人は、本物の関西弁とそうでないものをしっかり聞き分ける」と言われてますけど
これ、普通に関東人なワタクシでも、
どう考えてもインチキ臭さ爆発なのですが…「するねんことができまんねん」って(´Д`)

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします





EDIT  |  00:01  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。