04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.01 (Tue)

命名

どうもこんにちは。hatoです。
いや~6月後半は繁忙期に見舞われまして
暫く更新してませんでしたが、とりあえず生きてます。
35歳0ヶ月(間もなく1ヶ月)のオットと、
1歳5ヶ月の息子と共に平和に暮らしてますよ。




そんな息子は最近ますます人間らしくなってきまして
好きなことを好きなだけ思いっきり楽しむ自由人と成り果てました。


何を思うのか、私の顔をしこたまビンタしまくる息子。
子供の力とは言え容赦無いので、かなり痛いです。
たまに鼻の骨や眼球にクリティカルダメージ。一瞬息が止まります。
「ちょっ、痛いよ~(iДi;)」と息子に半泣きで訴えたところ、
「その顔を待ってたよ…」と言わんばかりに
にたりと満足げに微笑まれました。


私が座っていると、足や肩に手をかけて私の体をよじ登り始める息子。
しまいには私の腹の上に立ってドンドン足踏みをします。
それだけならいいのですが、その足がたまに私の帝王切開の傷にヒットするんです。
これ、もう激痛。
いくら傷がふさがっているとは言え、いっぺんぱっくり切ってますからね。
痛覚が過敏に働いて、かなりの痛みを伴うんです。
で、やめて~!という顔を息子にすると。
「…愉しい…v」という息子の会心の微笑みが「にやぁっ」と咲き乱れます。


昼間、息子の顔に頬擦りをすると
「や~、くすぐったい☆」と可愛い笑顔で返してくる息子。
しかし夜になって、寝ている息子に同じ事をすると
途端に息子の眉間に幾重もの皺が寄り、苦渋のオッサンみたいな寝顔になって
両手をまるで虫でも払いのけるかのように動かし始めます。
「俺の顔にハエか何かがたかってんぞ。鬱陶しいなコノヤロ~(-公-)」
とでも言ってるかのように。

あの…ハエじゃなくて、ママのほっぺなんですけど(TДT)




と、まあそんな様子の息子について、
今回はある一大決心をし、それを発表する事に致しました。




今更ながら…
ここにきてやっと
息子のHNを発表しようと思うに至りまして。


いや、だってね?
こうやって文章書いていて痛感するのですが
もう「息子」での固有名詞は流石にキツイんですよ。

私の息子を指してるのか、はたまた世間一般のご子息のことなのか
まったくもって書き分けが難しい。
ならば、もう満を持して息子にネット上での名前をつけ
より分かりやすい文章にしてゆこうと、こういう訳なんです。




と、ゆうことで…。
来週から、我が息子は通称

ドS王子

という名前でもって、このブログに登場いたします!
どうぞよろしく~!!
















…いや。


いやいやいやいや。


ちょっと待て。
それじゃますます読者が離れていかないか?
「ドS王子」「ドS君」じゃ、いくら何でもマズイだろう。

始めまして☆私も2歳の娘を持つママですv
ドS王子の言動、すっごく共感しましたぁ~♪
ウチの子も言うんですよ!微笑ましいですよね☆


…なんてコメントをいただいたとして、
まるでその人の娘もどっか問題アリみたいじゃないか。
しかも「微笑ましい」って…どんな器のデカさだよお母様!みたいな。



ってことで、今度は本当に本当のお知らせ。


次回より息子は

ぱく

という犬っぽい名前で登場いたします。
たまに「ぱっくん」とか「ぱっつぁん」にデフォルメされる場合もあり。
どうぞよろしくねん。
ちなみに命名の所以は、パクパクよく食べるから。。。食いすぎです。


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


スポンサーサイト
EDIT  |  20:19  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2008.06.13 (Fri)

かもしれない

つい最近のことですが、うっかり携帯電話を家に忘れて出社した日がありまして。

日ごろあまり携帯で電話やメールのやりとりをしない私なのですが
忘れたと分かった途端、動揺のあまり我を失いかけ
まるで追い詰められた小動物みたいになってる自分に気づきました。

折りしもその日はしっとりとした雨天。
気管支の弱い子供はこういう日に体調を崩しやすいんですよねぇ…。


携帯電話不携帯のため、保育園からの連絡手段が断たれ
天候によっては義父に車のお迎えをお願いできるはずがその依頼手段も途絶え
絶海の孤島状態でドキドキしながら仕事をする私。
働きながらも、余計な妄想が終始ぐるぐる回ってました。


息子が体調を崩すかもしれない。

保育園から、お迎えの要請があるかもしれない。

雨がこれからどんどんひどくなるかもしれない。

車で迎えに来て欲しいのに、義父が外出で不在になるかもしれない。

雨がもっとどんどんひどくなるかもしれない。

大雨で電車が止まるかもしれない。

息子が体調を崩しているかもしれない。

保育園が、私と連絡がつかずに困っているかもしれない。

携帯忘れた今日にかぎって大地震がくるかもしれない…
(どんだけ飛躍?)

…。




まあね。
本当は保育園には私の会社やオットの携帯/会社の電話番号も教えているし
オットにも何かあったら私の会社のメールに連絡するよう伝えてあるし
息子に関しては、携帯が無くても他の手を打ってあるので心配無い筈なんです。

でもねえ、何なんでしょうね。この言いようの無い心細さ。
携帯で当たり前のように出来ることが、いざ出来ないと分かると
ついつい最悪の事態を想像してしまう。







つい10年ほど前までは、携帯電話なんて無くても生活できていた筈なんです。
そりゃあ、待ち合わせのタイミングや場所なんかで少し苦労したり
公衆電話を使うのに100円玉しか持ってなくて「げっ」となったり
使うときに限って度数の少ないテレホンカードしかなくて困り果てたり
彼氏や友達との深夜の長電話の際、自分や相手方の家族に気を使ったり
コンサートのチケット取るのに学校サボって公衆電話でチケットぴあに電話しまくったり
それで長い事電話ボックスに居座ったがために順番待ちの人にメンチ切られたり

多少の不便はありましたけど、それでも何とかやっていた。

それが、携帯電話を持ち始めた途端この体たらくですからね。
余計な不安を自分で煽って追い詰められてちゃ世話が無いです。

これもまた、情報過多の負の産物なんですかねぇ…。


そう言えば、公衆電話と携帯電話の時代の間に「ポケベル」なんてのもありました。
「連絡乞う」と一方的に連絡先の電話番号を入力するだけのやつです。
その後文字表記が可能なものも出てきましたが、
私のはかなり早い時期から入手したので、数字しか表示されないものでした。

基本折り返し電話をしなければならないアイテムでしたけど、
友達や彼氏との間でメッセージを交わすだけの用途で使われもしましたよね。
私自身も、まだ彼氏だったオットから、毎晩こんなメッセージを頂いてました。


「0833」(=オヤスミ)
今思えばどんだけしょぼいスペックだったんだ。ポケベル。

ともあれ、一方的なものだっただけに携帯電話と比べて依存性は低く
「あったらあったで便利」程度の代物だったことには違いありません。


これくらいが丁度良かったのかもしれない。
テレパシーのように便利で、テレパシー以上に確実性の高い携帯電話だけれど
結局は一対一での閉じられたコミュニケーションが色濃く浮き彫りになってしまい
当事者でない者に伝言を頼んだり、公共の場所から呼び出してもらったりなどという
他人を介したステップが極端に減少し、私達は
第三者を信じて自分の言葉を預けるほどの度量が持てなくなってしまった。

だから携帯電話を持ってないだけで、
裸に剥かれたような孤独で激しい焦燥感に襲われるんでしょうね…。







とまあそんなこんなで、余計な思案を巡らせていた私だったのですが
いつの間にか帰社時間になりタイミングよく雨も止んだので、
結局懸念していた事案は何一つ起こることなく
無事に息子を保育園からピックアップし、青空の下帰路につく事が出来たのでした。


いや~、良かった良かった。何事も無くて。







で。

帰宅したオットに、とりあえず私が携帯を忘れたが為に
保育園からの連絡番にさせてしまったことを素直に侘びたのですが。

オットはしれっとした顔でこう言いましたとさ。

「あその事なんだけどさ、ゴメン。オレ今日携帯の電源入れるの忘れてたわ。
ま、何事もなくて良かったよなアハハハハハハ」


…。
オットには、携帯電話の有り様云々以前に
とりあえず連絡番の義務を果たさなかった制裁を
加えた方がいいのかもしれない。


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
EDIT  |  20:17  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)

懐古

こんにちは。
昨日甥っ子の運動会に行ってきましたhatoです。
いや~、終わったら終わったで何やら疲れきってしまいました。
オットに息子を託し、その足で整体マッサージに行ったところ
「こり過ぎて肩全体が骨みたいに固い」と言われましたよ(iДi)
まだまだ兼業ママの試練は続く…







昭和40~50年代、あるいは1970年代生まれの女子にとって
小学生の時に必ず迫られた選択肢がありました。

それは何かというと

「りぼん派か、あるいはなかよし派か」

というものです。(笑)


ご存じかと思いますがわからない方のために注釈しますと
「りぼん」も「なかよし」も少女向けの漫画雑誌のこと。
つまり当時の小学生の女の子たちは、少ない小遣いの中で
「りぼん」を買って愛読するかあるいは「なかよし」かで
ぼっきり二派に分かれていたのです。
たまに「ちゃお派」とか「ひとみ派」とかマニアック少数派もいたけど…


ちなみに私はもっぱら「りぼん派」でしたが、
実はこっそり近所の友達から「なかよし」も借りて読んでまして
ぶっちゃけどっちの話題にもついていける「隠れ二股派」でございました。


まあ何はともあれ、そんな小学生時代に愛読していたりぼんでしたが
その中でも「有閑倶楽部」は文句なしに面白かったのを思い出します。
当時から見ても高校生らしからぬ容姿、生活スタイル、ストーリー展開、
どれもが予想を超えていて、わくわくしながら毎月読んでいたものです。
同世代の男子にとっての「初代ガンダム」と同じ位置にいると言っても
過言ではない漫画でしたね。
(って確か以前「ガラスの仮面」について書いた記事でも似たようなことを言った記憶が。)


あれから二十数年、この漫画が最終回を迎えるのを見ずして
私はいつの間にかりぼんの購読をやめてしまい、そのまま年を取り、
次第に有閑倶楽部自体の記憶も薄れていったのですが…


最近知りました。

まだ連載されてたんですね。別の雑誌で。

しかも…

ドラマ化するんですね。




うわ~懐かしい。
番宣を見ながら、当時のことを思い出したりして
ちょっと感慨深い気分を味わっています。
ジャニ祭り、ホリプロ祭りなキャスティングには正直思う部分もありますが
それはそれ、ドラマならではの面白さと割り切って楽しんで見よう!と
今から初回の放送が待ち遠しい私です。




しかし最近本当にブームですよね。漫画が原作のドラマ。
りぼんつながりで、有閑倶楽部に続いて今度は「ときめきトゥナイト」とか
来たら笑えます。(ちなみに私は蘭世世代)




「かじっ」とか「レナニヌイ!」とか
リアルで今やられちゃったら、オバサンもうむずがゆくて
どうなるか分かったもんじゃありませんよ、ホント。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  01:49  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.10.05 (Fri)

埋めがたきワンクッション

ちょい自虐チックなひとりごとです…





突然ですが、流行の服を着ることに於いて私は
自分達30代そして少し先輩の40代を、
「軽くニセモノ世代」と呼ぶ事があります。

何故なら、この世代が10代後半~20代の若者ファッションをまねて自らを装う時

「あれ、どっか違わない?」

と、リアル世代と比べてどこかディテールの異なる格好になってしまうから(´Д`;)。


理由は色々あります。

1.情報源の違い
  現実にファッション誌を購入、研究し、あるいは同世代から刺激を受け
  それを自分の装いに積極的に展開させるデジタルな若者と比べ
  私達は主にファッション誌には目を通さず、その辺を歩いてる若者を遠巻きに見て
  「あ、あの子の格好可愛いな~。あのアイテム何て言うのかな~」
  と、後追いでちょっとマネしてみる、アナログな年配世代のため
  細部を追いきれず自己流になり、どこか違ってしまう。
2.決定的な体形の違い
  年齢による体形崩れ、または生来からの「戦後体形*」による埋めがたい体格の格差によるズレ。
  (*背が低く、足が短く、お尻が大きい体形。
    1973~74年生まれくらいまでその戦後遺伝子は根強く残り
    主に1975~76年生まれ頃から手足の長い新世代が台頭し始める。
    …なんて大学四年の時に後輩と自分を見比べながらそう思ったものです。
    ちなみに私は背は低くないものの、お尻が大きい昭和の女です。グフッ…)
3.思い切りの違い
  やっぱり10代や20代の子達とまったくおんなじ格好は出来ないよね…
  という、オトナのためらいが「完全若者コピー」にブレーキをかけてる。



かくして、流行に乗りつつもどこか方向が異なるオーバーサーティーなイマドキファッションが
特に働く女性の集まるオフィス街などにはびこる訳です。



で。

そんなニセモノ世代のワタクシ、いよいよアレに手を出すことにしました。

それは・・・レギンス




や、去年の秋あたりからキてることは知ってました。
可愛いな~、真似したいな~とずっと思ってました。後追い世代らしく。
でも去年はご存知の通りがっつり妊婦だった上に
新しいアイテムだったレギンスはマタニティ展開をしておらず
(最近の妊婦さんは履いてましたよね・・・いいなぁ)
産後は流行服よりもまず授乳しやすい服を選ばざるを得なかった為
ずっと手を出さずにいたわけです。


それが、ここ最近私の職場復帰や本格的になってきた息子の離乳食のこともあり
やっと「着たい服」を選べるようになった。

という訳で買ってきましたよ。3本くらい。




後は頃合を見計らって、遅いレギンスデビューを果たすべくその時期を待つのみ。
でも、やっぱり履くからにはできるだけニセモノから離れて、
本格的若者の格好も楽しんでみたい!






……。
…そんなこんなで出勤時間に
若者ファッションの細部をチェックしていた私だったのですが



ある日突然気づきました。



…………。






レギンススタイルの若者がこのところ激減していないか?(゚Д゚)

通勤途中なので、渋谷、原宿、代官山、自由が丘など若者が集まる駅のホームを
注意して見回してるんですが、特に渋谷なんかはもうゼロと言ってもいいくらい、
レギンスのオネエチャンがいない。




…。



え――――!!!∑(((;゚Д゚)))



終わり?レギンスのブームはもう終わったの?!7!(゚Д゚;≡;゚Д゚)


それともただの季節の変わり目?



登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  00:06  |   |  TB(1)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.09.30 (Sun)

復活v

約二週間の更新打ち止めでしたが
新しいPCも届いて、やっといつもの生活に戻りました~


…と、思ったら
新しいPCにウィルス対策ソフトをインストールしたところ
VistaになったせいかXPとの互換性がどうのこうので、
うまく機能してくれないみたい…。
(でも箱には”Vista対応”って書いてあったのに~)

早々になんとかせねば、この新しいPCも危ないのでは??




あ~もう、こういうのに全く素人なので、全然分らないです…(T_T)









ちなみに最近、このPCを始め
なにやらやたらリニューアル&おニューのお買いものが多くて
かなり出費がイタイです。

1.ビデオカメラ(息子を撮るため。まあ基本ですね)
2.DVD・HDDレコーダー(ビデオデッキ不具合のため)
3.液晶テレビ(テレビ故障のため。地デジ美しい~★)
4.PC(PC故障のため。今回の件です)

1.だけは新規ですが
2~4で壊れたモノは私が結婚する少し前から持っていたもので、
嫁入りの際に夫婦共用となりました。

付き合って7年で結婚、
結婚6年目で出産
ちょうど節々で電化製品まで新しくなっている気がします(^^ゞ
更に子供のベビーカーやら食事用の椅子、服など、出費はまだまだ尽きません…。

今、結婚当初から頑張っているのは洗濯機のみ。
頼むからもうすこし働いてね!!(笑)











そんなこんなで生活費を必死でやりくりする毎日ですが




先日



買出しに借りた義父の車をぶつけてしまいました_| ̄|○




修理代まで…!



どんだけ~(´Д`;)


登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします

EDIT  |  10:43  |   |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。