09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.05 (Tue)

family blood

繁忙期でもないのに、何故だか更新が遅れております。

それもこれもみーんな夏のせい(笑)。
私の実家に帰ったり、近所で催されたお祭りに興じたり
ベランダで家族全員水遊びをしたりと
猛暑と言えど休日と言えど外出、外遊びをする日々…。

それはもう、暑さと子供の若きエナジーに翻弄されるのとで終日ふらっふらですよ。
嗚呼…20代に戻りたい…(笑)



でもまあ、めいっぱい子供の相手をしている分だけ大いに幸せなんですけどね。
先日のお祭りでも大はしゃぎだったぱっつあん、人混みの中を
縦横無尽に駆け回り、迷子にならないよう追い掛け回すのが大変だったのですが
その一方で、盆踊り会場に乱入し、手を叩いたり振り上げたりして
かなり熱心に踊りに参加している(つもりの)様子が可愛すぎて、かなり悶えた。。

精一杯遊んで、好きなだけ寝て、欲望のままに食べて。
私たちもこんなにまっすぐ生きてる時代があったんだなあと感慨に耽りながら
わが子と共に生きる熱い時代を駆け抜けております。
子供といると終始笑顔になるから、フェイスのリフトアップにも貢献したりして?(笑)



そんな元気いっぱいな子鬼・ぱくですが
先日でようやく1歳6ヶ月となりました。
心からの無邪気な笑顔が少し減り、その代わりに作為的というか
悪戯っぽい、子供心に何かたくらんでいるような「ニヤリ笑い」が増えてます。
ニヤリというか、ニヒヒと言うか…。
遊び心を持つ余裕が出てきたんでしょうかね。
私の顔を伺いながら、上っちゃいけないテーブルに上っては「ニヤリ」
夕飯のおかずを故意に床に落とそうとしてはこちらを向いて「ニヤリ」。
…「怒られるかも?」のスリルを楽しんでるのか…?悪ガキめ。
小賢しい知恵を着々と身につけつつあります。

そうそう、使える日本語もだいぶ増えましたよ。
最近は麦茶のコップを色んなものにぶつけては「乾杯」の仕草をするようになりました。
…家で「乾杯」をすることは滅多にないので、たぶん保育園で覚えるんでしょうね。
何度も何度も
「ぱんか~い!」
と叫んではコップを振り回しております。



…。
……んん?



…ぱんか~い…?








話は変わりますが、私の同僚にGarrisonさんという方がいらっしゃいまして。
日本語でお話できるのでもっぱら「ガリソンさん」と話しかけるのですが
ワタクシ最近、この方をお呼びするのにこんな間違いをしでかしちゃいました。


「ガリさんそ~ん!!!」






ぱんかーい。
ガリさんそーん。




…。


遺伝か?
このカミカミなべしゃりは遺伝なのか?

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします
スポンサーサイト
EDIT  |  20:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.02.28 (Thu)

母子家庭モード発動中

皆さん、お久しぶりです。
元気ですかー。
私は元気…ではありません…

実は19日夜から息子が発熱し、そのままずっと下がらず
6日間も39度~40度をさまよっていました。
かかりつけの先生には「川崎病かもしれません」と脅され、
これはヤバイ…と一時は本当に焦りましたよ(泣)
しかしながら、ほどなくストンと熱が下がり、とりあえず川崎病の疑いはシロに。
今ではすっかり元気になって保育園に通っています。
(しかしその後発疹が現れるわけでもなく、熱の原因はうやむやに。
何だったんだろう、あの異様に長引いた熱は…)
いや~しかし、発病中は大変でした。
グズる息子を抱っこしてあやしていたら腕の筋肉が痛み出すし
夜中に熱にうかされるので、幾度となく起こされたりも。
でも、そんなことよりも
「どうかお願い、明日には熱が下がっていますように」と毎晩のように祈っているのに
翌朝になっても高温のままで、その度にがっくりと肩を落とす無力感と言ったら。
何もできないなら、神様どうかこの子の熱を私にうつしてくれと本気で思いました。

とまあ、長い事続いた看病生活もさることながら
タイミング悪く今週月曜からオットが海外に出張に行っとりまして。
ワタクシ会社に行きつつ病み上がりの息子の世話や家の仕事を全部引き受けて
必死に母子家庭の母役として頑張っております。
保育園の送迎も、いままで「迎」だけが私の担当でしたが
今週だけは必然的に「送」と「迎」両方することになり
かなりスケジュールギリギリの毎日をスレスレにこなしている日々。。。

朝、子供を連れて保育園に向かう出勤前のパパ達の姿が眩しい。
オットもその中の一人なのだけど、文句も言わず朝の勤めとして
子供を保育園に送ってくれることがどれだけありがたいか、身に染みました。




そんな生活に早くも体が悲鳴を上げたか、
本日出勤途中に突然お腹が痛くなり中目黒で途中下車してしまいました。
せっかく奇跡的に空いてる席に座れたのに
あとちょっとで乗換の渋谷駅だったというのに
まさか腹痛のために途中で座席を放棄するハメになるとは(´Д`;)

でもそれよりも一番「ヤバイ」と思うのが会社を出て保育園に着くまでの帰路。
電車の中で頭グラグラしてます。
後頭部を殴りつけられたような、頭がボーっとしているような感じ。倒れそうです。
やっと看病から解放され、一人になって、気がゆるんでしまう時間なんでしょうね。
息子の看病をしている時は全然元気のつもりだったけど、
それは単に緊張の糸がぴんと張っているだけであって
こんな風に不意に一人になると、糸がたるんで体に「アンタ、疲れてるよ!」と知らせてくる。

そう考えると、専業主婦って本当にスゴイ。
一日四六時中子供の世話をしていて、気がゆるむ暇がないと思うんですよね。
つまりずっと精神も体も子供のために緊張しっぱなしってことでしょ?
無意識のうちに体に負担がかかってるんじゃないかと…
私はこんな風に一人になった時に「小だるい」瞬間に見舞われながら
疲れをちょっとずつ逃がしている訳だけど
そういう時間が無いままずっと過ごしていると
急に限界が来て体のどこかに異変が出てしまったりするんじゃないでしょうか。

子育てって大変。でもそれをしっかり受け止めて
一日ずっと子育てに従事しているママに敬意を表します!



ところで、息子が原因不明の発熱に見舞われていた時のこと。
上の階に住んでいる甥っ子(幼稚園年中)が、息子宛に
嬉しくもこんな手紙をよこしてくれました。


tegami


こんにちは○○(甥っ子の名前)です
はやくねつがさがるといいねおだいじに
3:25 2月20日
△△(息子の名前)へ
○○より



…(*i∀i*)…

いい子だのぅ~
幼稚園児にしてひらがなを駆使していることにも感心しますが
誰かを心配して一所懸命彼なりの心遣いを見せてくれる姿に、胸を打たれます。


よし!

これはすぐにでも返事を書かねば!

と急いで便箋とペンを取り出し、ワタクシおもむろに返事を書き始めました。


○○へ
おてがみありがとう。じょうずにかけたね。
△△は○○のてがみをみて、とてもよろこんでいました。
(中略)
△△のねつがさがったらまたいっしょにあそぼうね。
たのしみにしています。
ではまたね。

おかたづけがだいすきで、なんでもごみばこにしまいこむ△△と
さいきんほんきでWii Fitをかおうかどうかまよっているhatoより。


熱があるくせに人のすることにいちいち首をつっこみたがる息子にも
何か書かせるつもりでしたが、ペンを持たせた途端
いきなり机に落書きを始めたので断念しました。
…にしても、どこか子供向けにしては不適切な文面もあるような…ま、いっか(´▽`)

子供が大好きなシチュエーションを考えて、そっと甥っ子宅のドアに
書き上げた返事を貼り付け、こっそり義姉にメール。

義姉がそのことを甥っ子に伝えるとすぐに彼は手紙を取りにドアに走ったそうで。


私が書いた返事の手紙を読むなり、こう言ったそうです。







「まあ、うまく書けてるんじゃないの?」




ちょっと―――(((;゚Д゚))) ―――?!

何ー!?
何その上から目線!!
一所懸命書いたのにその感想だなんて、おばちゃんちょっとグサッときたよ?



とまあ、予想できなかった応酬にカウンターパンチをくらった私ですが
そんな生意気な口をきいた甥っ子、何だかんだでその手紙をそっとたたんで
自分の宝箱にしまったそうで。

…照れ隠しだったのかな…?




ちょっと難しいお年頃の男の子に
ぶんぶん振りまわされた叔母さんだったのでした。

登録しました。クリックお願いします


登録しました。クリックお願いします


EDIT  |  23:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。